【小中学生】可愛い女が転校してきて、童貞卒業させてくれた【実話告白】

中学3年の時にやたら可愛い女(A子)が転入してきた。

隣の席になって色々話してたら、
どうやら前の学校で素行がひどくて親に持て余されて、
祖父母の家に預けられたんだと。

こっちは田舎だから本当に遊ぶところが遠くて
DQNグループなんか下校しないで教室の一か所に集まって
5時位まで遊んでから帰るんだけど、

何故かA子も転入してきて3日目位から加わり始めた。

なにせ可愛い女に耐性の無い俺らはテンションが上がって、
いつもより会話が弾んで楽しい放課後を数日過ごした。

実話告白体験談関連タグ

|

2015年5月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】フェラチオ初体験は声をかけてきた大人の女 続続編【実話告白】

前編は以下のとおり

俺は女にされるままにしながら、手を乳へと差し伸べた。
乳は見た目より弾力があり、俺の手指を押し返す。
乳首は小さめ、乳輪は薄いベージュ。

女「まだだーめ」
女に制せられ、ひっこむ。

女は下半身が終わると上半身を軽く洗って流すと、
俺に先に出ているように命じた。

部屋の照明はダウンライト。というか、一般家庭の蛍光灯の小さいランプ。
薄暗い中で女の息遣いが身近に感じる。4畳の狭い部屋が妙に暑かった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年4月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】フェラチオ初体験は声をかけてきた大人の女 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

女は中一の男をはじめて射精へ導いたことに興味を持ったようだ。

女「私いつも週3であの辺に立ってるから、
またお小遣い溜まったらおいでよ」

エロに目覚めたばかりのガキはフェラの衝撃で軽くひねられた。

俺は塾へ通い始めたことでもらうことになった小遣い数百円と、
毎週のジャンプ代のほとんどをはたいて
毎週、女の元へ通い、あの階段の踊り場でフェラを受けるようになった。

オナニーの段階をすっ飛ばしてフェラの味を覚えた当時の俺は、
性欲の塊となっていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年4月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】フェラチオ初体験は声をかけてきた大人の女【実話告白】

もうあれから13、4年経つし、書いてみようと思う

小学校卒業して地元公立中に入学したのを機に、
夜の塾通いが始まった。

結構熱心なところで大体8時過ぎて、
塾のある駅周辺の夜の繁華街を通って家路につくのが日課になった。

塾は前記のとおり、駅周辺にあるんだが、
俺は電車を使わず、自転車通いをしていたんだ。

塾を出て、飲み屋や風俗が密集するエリアを抜け、駐輪場へ至る。
駐輪場が駅から少し離れているため、必然的に駅から遠ざかる形になる。

飲食店やデパートが密集してるエリアを過ぎると

実話告白体験談関連タグ

|

2015年3月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】満杯のライブ会場で密着してくるJCのスカートに射精した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
昨年の夏、俺は大好きな某アイドルのライブを観に行くことになった。
そのアイドルは6人組で、ここ最近人気が出始めたとはいえ既に大きなライブ会場を満員にするだけの人気はあった。
ライブ当日、当たり前だがアイドルのライブに来るのはほとんどが男で、しかもキモいオタクのようなやつばかりだ。
俺はチケットの順番が来たので会場に入ると、一階の一番後ろのブロックだった。
ライブハウスなのでもちろん椅子などはなく、オールスタンディングである。
俺は一番奥のブロックならいっそ一番後ろの壁際がいいだろうと思い、まだ空いている一番奥の角に位置した。
その時までは普通にアイドルのライブを楽しむ気満々だったのだが、ここで1つ問題が起き始めた。
次から次へと客が入ってきて、自分のブロックも満員状態になった。
もうこれ以上は入れないというような状況でもまだ人が入ってくる。
ましてや周りはキモいオタクばかりだし、具合が悪くなりそうだった。
他の観客からも度々
「おい、押すなよ!」
とか

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】有名女子校に通ってた中学生の頃に痴漢された時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学生の頃に痴漢された話。
いわゆる有名女子校に通っていて、制服もその手の図鑑とかに必ず載るセーラー服だったので学校名がバレてると思うと痴漢に遭っても抵抗できなかった頃。
一番強烈だったのは、身動きもままならない準急電車の中でいつものように後ろからお尻をもぞもぞと触られて困った・・・と思いつつもジッとしていた時のこと。
その手はどんどん大胆になっていって、スカートを捲り上げてパンツ越しに両手でぎゅぎゅ~ってもみしだかれた。
(今時のギャルと違って膝丈のプリーツスカート)
怖くて耳元には凄く興奮した鼻息がかかるし、もう怖くて怖くて・・・
でもその一方で、(ちょうどオナニー覚えたばかりの頃だったんだけど)ジュンッ・・・って感じで熱くなってきちゃって、足がガクガク震えてきてた。
私が抵抗しないせいか手がついにパンツの中にもぐりこんできて、やだやだやだやだ!って思って足とかお尻はぎゅーって力入れてたんだけど、指がお尻の割れ目に沿ってぐいぐい潜りこんできて、ついにはお尻の穴をぐりぐりされた。
そこでようやく駅に着いたので、そこで途中下車してダッシュで違うホームへ移動した。
ガクガク震えて、下がっていたソックスを直そうとしたけど指に力が入らなかった。
周りにそれらしき痴漢がいないことを確かめて落ち着いた後、自分が濡れてることに気づいて恥ずかしくなった・・・。
抜ける!
面白い!

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】隣の席の女子が「チンチン見せて」と言ってきた【実話告白】

埼玉県/黒髪の男さん(20代)からの投稿
—-
俺が小学生の頃、席は窓側の一番後ろで、後ろを向かないと見えないところらへんにある席だった。
ある日、隣のSがいきなり、
「ねぇ、おちんちん見せて・・・」
と言ってきた。当時、小学4年だったが、その時の俺はあまりエロなどの類いに興味はなかったので、あまり意識せず
「ん~いいよ」
と言ったが、俺だけ見せるのは平等じゃないと思い、
「お前のも見せろよ」
と言った。その時の授業は算数で教師は椅子に座り、眠たそうにしてた。
俺らが座っているところもよく注目して見ないとわからないので、これはチャンスだと思った。
Sの事はあまり好きではなかったが、体型的にはいい方なのかもしれない。
肌は白いし、少し胸も膨れてきてる。俺は、
「じゃあ見せるぞ」
と言って見せた。その時は勃起という言葉も知らなかった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】英語の新任女性教師と 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

時系列を外した話を書いてみる。
翌3年(中3)のクラスのなのだが、去年同窓会があった。

男女はあまり打ち解けた感じではなにならず、
男たちも既婚組と独身組に別れていて、俺はその境目にいた。

既婚だが子供がなく、どちらかというと独身組に近いような気もした。

3年になって、あの女教師が担当する授業は誰も受けていないのでは?
とも思うのだが、これは受験生に経験の浅い教師はちょっと…
という配慮だったのかもしれない。

そういうわけで十数年前の思い出ネタとして上がって来ないのでは?

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年1月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】英語の新任女性教師と【実話告白】

中2の時に英語の新任女性教師が来た。

学内に限れば大人の女としては一番若くて、
肌は浅黒いもののルックスも標準以上で
おまけに巨乳ってことで、すぐに男子に大人気になった。

俺たちが一番色めき立つのが、テストの返却時だった。
一言でいうと採点に対するクレーム。

この10点問題、△で4点しかついてないけど、
6点ぐらいくれてもいいんじゃないですか?

こんな感じに、プリントの端を折って点数を隠しながら
教壇に皆で殺到するわけだ。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】中学の頃にオナニーしてるところを従兄に見られた・・・!【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学の頃、同じ学校に通っていた従兄弟にオナニーしてるところを撮影→男子に公開された。
発端はそもそも、従兄弟が私の家に勝手に上がりこみ(身内は自由に上がってもいいような田舎)、自分のベッドでオナニー中の私を目撃したところから。
いつもは布団被ってやるんだけど、その日は何故か漫画のエロワードにやたらと反応してしまって、我慢できずに制服のまましていた。
スカートは穿いてたけど、下穿きの短パンに手を突っ込んで足を開いたり閉じたりしていた私はさぞ間抜けに見えたんじゃないかな・・・。
従兄弟も、俺が手伝ってやろうか(ニヤリ)・・・いやぁ、ダメ・・・なんて展開にはならず、
「え、お前何やってんの?」
って様子でびっくりしてた(笑)
私はもちろん、恥ずかしいやら血の気が引いてそれどころじゃなくなったのやらで慌てて起き上がり、後は何を言われても
「何でもない」
で通してた(笑)
その日は結局、従兄弟は何も言わずに帰った。
何を言われるのかとびくびくしていた私は拍子抜けしたが、次の日学校に行っても何かおかしな事を言われるわけでもなかったので、見なかった事にしてくれたのだと思い、その事は忘れる事にした。
しかし数日後、学校から帰った私の部屋に、何故かいる従兄。(R君)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談
1 / 7812345...102030...最後 »

このページの先頭へ