【おっぱい】半個室のあるおっぱぶで好みの女の子を手マンでイカせた話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
おっぱいパブは地域とかで色々差異があると思う。
この話に出てくるおっパブは追加料金払うと、個室ではないけど外から見られない程度に仕切られた席で、指名した子と楽しめるという要素があった。
俺は友人に誘われて行って、最初は通常のおっパブで利用したのだが、その時3人のおっぱいを触ったのだけど、最後に俺の上に乗って来た子が凄く好みだった。
顔はモー娘の安倍なつみに似てて、しかも胸はFカップあった。
俺はその数日後、もちろん友達とは行かずに1人でそのおっパブに行き、なつみを指名。
それから定期的に個室で遊ぶようになった。
おっパブはエロい事する時間と話す時間が基本的に別れてるので、なつみとも色々話してある程度仲良くなったように思った。
ある日、俺はいつものようになつみの乳房にむしゃぶりついてた。
その日のなつみはいつもより感度が良くて、俺に乳首触られたり舐められたりすると腰をグリグリ動かして股間を俺のペニスに擦り付けるくらい悶えてた。
プレイする時間が終わり、なつみを俺の膝の上から降ろして酒を飲みながら、
「今日なんか感度いいね」
と言うと、
「うん、なんか今日発情期みたい」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】おっぱぶで知り合った子はフェラテクが抜群だった【実話告白】

ポンズさん(20代)からの投稿
—-
1年ほど前、俺は色々付き合いが増え始め、繁華街へ飲みに行く機会が増えていた。
また、付き合いが多いのはおっぱい好きがやたらと多く、おっぱぶに行く事が毎回の締めみたいな時期であった。
ちなみみにオレは足フェチなので、おっぱぶに行ってもキャバクラのようにずっと話してるだけで、他の連れがおっぱいにシャブリつく様を見て笑っていた。
そんなある日、また仲間内で飲んでから行ったいつものおっぱぶで、ユウキという女がついた。
ユウキはとてもニコニコしていた。
ユウキ「初めまして!今日だけ体験入店なんです」
俺「そうなんだ、いくつなの?」
ユウキ「ハタチです。お兄さんは?」
俺「22だよ、歳近いな…」
小さい街の繁華街、歳が近いのはあまり嬉しくはなかった。
ユウキ「歳近いねー!!今度飲みに行こうよ!!」
俺「いきなり??いいけど…」
確かにおっぱぶに通うよりは嬉しい言葉だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】仕事帰りに寄ったおっぱいぱぶ【実話告白】

まず1回目のおっぱぶの事を軽く書く。
1回目はなかなかサービスの良い店だった。
けど女の子の質が悪かった。
普通におばちゃんが出てきてた。
そしてこの前行った2回目。
同僚と下調べして評価が良いおっぱぶ見つけたから行く事にした。
指名無しで40分、3人ローテーションで4000円くらい。
開店頃に行かないと値段が安くならないから早めに行った。
女の子の指名はしてないけどタイプの指定はタダで出来るんだよね。
俺は巨乳系を指定した。
ポチャが出てきたとしてもまぁ好きだからいいかなと思った。
そして半個室に案内される。
2回目だけど、緊張でひたすら飲み物飲みまくりながらタバコ吸いまくってたwwww
そして15分くらい待ってたら1人目の女の子が来た。
店内はちょっと暗めだから正直顔は見えにくかったし覚えてないけど、まぁ普通に可愛い系だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年9月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】初めて行ったおっぱぶで酷い目に遭った【実話告白】

初めておっぱぶに行った体験談を書きたいと思う。
でも、おっぱぶで過ごした時間だけをただ書くだけじゃ、俺のこの複雑な心境を到底理解できないと思うので、中学時代まで遡って今日の記念すべき体験を語りたいと思う。
そんなのマテねーよ!って早漏も居るだろうから、結論だけは先に述べたい。
結論『お前ら。安いからっておっぱぶに行くな。ソープに行け』
■スペック
身長:171cm。
体重:55キロ。
年齢:20歳。
顔:普通に限りなく近いイケメンと言えなくも無い。
性格:良い。
中学、高校と男子校で学んで来た俺。
出会いなんて皆無に近く、当然のように6年間童貞だった。
別の共学高校に行った友人曰く
「お前に彼女が出来ないって信じられない」
とよく言われていたので、顔は悪くは無いと思われる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ