【職場】取引先の56歳の独身女性に健康診断と言ってエッチなことを【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
32歳の営業マンです。
みなさんは苦手なタイプの女性はいますか?
僕の場合は仕事の取引先の女性支店長で、T子さんという56歳の独身女性がそうでした。
凄く嫌みくさく、何でも上から目線で物を言う感じの人で、ほとんどの人は苦手な人種だと思います。
僕も以前はよく彼女にイジメられたり嫌な思いをしましたが、そんな苦手だった女性とも今現在は非常に良好な関係を築いています。
でも、良好な関係と言うのは決して一線を越えたいかがわしい関係とかではなく、健全な関係ですよ。
お互いにそう認識してるので間違い有りません!
僕とT子支店長が、その良好な関係となったキッカケと関係内容を告白します。
以前T子支店長を交えての飲み会があった時、僕も渋々出席しました。
僕はあまりお酒が飲めないので形だけ出席した感じでした。
その時T子支店長と隣になり、仕事の話し中心でしたが色々と話しました。
非常に緊張する嫌な時間でした。
とりあえずその飲み会はPM8:00にお開きになり、皆で二次会へと!

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年12月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【おっぱい】本職の看護師さんと白衣プレイとお医者さんごっこ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
長野県南部に住んでいる23歳の看護師さんと、出張のついでに会う事になりました。
仕事のストレスが多いみたいで
『誰かに凄く甘えたい』
とよくメールで言っていました。
嫌がってましたが、白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。
だいぶメールで話をしてたので、15分ほどドライブで緊張を解してから当然のような顔をしてスッとホテルに入りました。
少し緊張がほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのを宥めて白衣に着替えて貰ってベッドイン!
嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないというナースキャップも持ってきてて、着けて見せてくれた事でした。
「ギュってして」
という約束でしたので、彼女を強く抱き締めて丁寧にキス。
両方の耳を丁寧にツツッーと舐め、息をかけてあげたら彼女は色っぽい吐息を吐き始めました。
僕は頑張って病院でドクターがナースを誘惑してる気分になるよう一所懸命にイメージしましたw
耳の穴の中まで舌を入れて舐めてあげます。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】叔父の嫁さんの妹の娘とのエッチな数々【実話告白】

25年前の中2の夏休みに、愛知県の叔父の家に遊びに行った。
その時叔父の家にはさやか(以後Sとします)も遊びに来ていた。
Sは当時小学3年生で身体は大きい方だった。
ある日の夕方、Sがお風呂から出てきて着替える際、俺はSの裸を見てしまった。
Sはキャーッと叫んだが隠そうとせず、ペッタンコなおっぱいやツルツルなオマンコの割れ目を見せてくれた。
そして何日かした日の夜中に目が覚め、トイレに行く際Sが寝ている布団の横にはSのパンツが…もしかして…と布団を剥いだらパンツを脱いで寝ていた。
俺は豆電球の薄暗い状態だがSのマンコを見つめて割れ目を舐めた。
流石にオシッコ臭かったが、初めて舐めたオマンコの割れ目もちろんチンコは勃起した。
するとSが
「ううん」
と唸ったので舐めるのを止め、トイレを済ませ布団に戻った。
次の日の夜、Sが
「K君(俺)と一緒にお風呂入りたいな」
と言う。
(俺、Kとします)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】浪人生時代に隣の席になった美人と森の中でお医者さんごっこ【実話告白】

青森県/名無しさん(20代)からの投稿
—-
これは僕が高校を卒業して間もない頃からのお話です。
高校3年生の時に大学受験に失敗してしまい、卒業後は予備校に通う事になり、1年間の浪人生活を送りました。
ちなみに高校の卒業式も童貞のまま迎えてしまって、普通女は浪人しないもんだし、予備校なんて男ばっかしだし、童貞喪失なんてまだ先になってしまうだろうなと思ってました。
最初の授業の前に全員の顔見せも兼ねてオリエンテーションがありました。
行ってみると、僕の私立文系クラスは約40人いましたが、案の定女性は僅かに5人だけ。
そして初めての授業の日、席が決められてたのですが、僕の隣の席の人は、背が普通くらいで髪はセミロングの細身、顔も綺麗な女の子で凄くラッキーと思いました。
その子の名前は優子。
4月のうちはお互い人見知りしてかほとんど話もしませんでしたが、5月くらいになるとお互いに心を開くようになりました。
優子はアスリートで、運動神経も抜群で高校時代はテニスをやっていて、あと一歩の所でインターハイへの出場を逃がしたほどの凄い腕前でした。
次第に僕の心が優子に惹かれていくのが分かりました。
いつもジーパンを穿いて予備校に来る優子ですが、ジーパンの上からお尻をよく見ていました。(流石にこれくらいでは勃起はしませんでしたが)
6月くらいになると半袖を着てくるようになり、授業中に隣を見ると優子の脇の横からブラジャーが見えるので、本人に気付かれないか不安になりながらもよく隣を見ていました。
ブラジャーや胸の谷間が見えた時には授業中に勃起してしまった事もありました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】【お勧め】露天風呂で幼馴染とお医者さんごっこする流れになった【実話告白】

幼馴染との、凄く興奮した出来事が昔あったので思い出しながら書いてみたいと思う。
幼馴染の名前は、理沙。
理沙とは仲良しで同じクラスだった。
学校では変な噂を立てられるのが嫌であまり話をしなかったが、夜は携帯で2時間以上長話をする事もあり、親からもよく怒られてた。
会って話をする事もあったが、何か照れくさいので電話で話す方が多かった。
この頃は彼氏・彼女の感覚はなく、幼馴染という独特の空気感に包まれてた気がする。
そんなある夏の日の夜、小さい頃によく理沙とお医者さんゴッコしたって話で盛り上がってた。
お互いアソコも毛がなくてツルツルで意味も分からず触り合いっこして遊んでて…てな話をした翌日の休みの日、家から車で1時間くらいで行ける温泉に家族と出かけた。
温泉に着いてすぐに大喜びで露天風呂に行ったら、そこに何と理沙の姿があった。
!!!?いやぁビックリしたよ。
混浴だった事にもビックリしたけど、タオル1枚の理沙の姿を見た時には体が固まった。
理沙も俺の姿を見つけた瞬間に心臓が飛び出るかと思ったらしい。
日が暮れるちょっと前で明るかったからすぐ分かった。
どっちもタオル1枚。
いつもスケベな話してるのに、何かお互い近寄れなくて、最初は

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】幼馴染と久しぶりにお医者さんごっこ【実話告白】

小さい頃、近所の同い歳の女の子とお医者さんゴッコみたいな事をしてた。
お医者さんごっこと言ってもそんな激しい内容じゃなく、チューしたり見せ合いっこしたりするぐらい。
小2ぐらいまでは一緒に遊んだりしたんだけど、やがて年が経つにつれて疎遠になっていった。
で、中学2年の時にたまたま帰りが一緒になって、
「昔は良く2人で遊んだなぁ」
なんて話しながら歩いてたんだけど、お互いエロい遊びの事は避けるように遠回しの会話ばっかりしてた。
でも絶対覚えてるよなぁ…って多分お互い思ってたと思う。
やがて話すネタも無くなりお互い無言に…。
沈黙に耐え切れなくなったのか、向こうからその話に触れてきた。
「ちっちゃい頃さぁ、2人でエッチな事して遊んでたよねぇ?」
「えっ?あ、あぁ、そうだったっけか?」
すっとぼけた。
「忘れちゃったの…?」
いまいち彼女の真意が掴めず黙り込むと、
「…入ってみる?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年9月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【オナニー】6歳の頃自宅マンションでお医者さんごっこされた話【実話告白】

幼女だった頃、お兄さんにいたずらされた話をする
当時のスペック。
私:6歳、超絶美少女、ミタのきいちゃんに似ていた。
ゆきえ:♀、6歳、ブサイク。
お兄さん:♂、28歳くらい、メガネあり、フツメン。
当時私は同じクラスで同じマンションのブサイク、ゆきえと登下校を共にしていた。
私はマンションの最上階11階に住み、ゆきえは10階に住んでいた。
私の母は働いていたので帰りは必ずゆきえのうちに行って母が帰ってから一緒に帰るというのが習慣だった。
だけどお母さんが仕事を辞め、まっすぐうちに帰ってもいい日が続いた。
ゆきえはブサイクな上に性格も悪いので本当に嬉しかった。
エレベーターにゆきえと一緒に乗って、10階でバイバイするのが習慣になった。
そんな毎日が続いてたんだけど、作業着のお兄さんとよくエレベーターで一緒になるようになった。
今思うと多分エアコンの取り付け業者の人だと思う。
お兄さん「何年生?」
うちら「いちねんせーい」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【小中学生】昔、嫌がる幼女のおまんこに平気で指を入れる小学生がいた【実話告白】

お医者さんの家来さんからの投稿
—-
現在は一部の小学生がSEX経験している時代ですが、これは、現在の話でなく、ウン十年も昔の話です。
自分は、小さい頃施設に入ってました。
そこでは古株のわんぱくなガキが主導権を握っていました。
職員に男はおらず、施設長は女性で職員も女性でしたのでそいつは我がもの顔で振る舞っていました。
ある日ガキ大将に集合をかけられ、自分は家来の一員として駆り出されました。
私はノコノコついていきました。
今からお医者さんごっこをするので、女の子を全員集めろというのです。
自分は女の子に、秘密の小部屋に集まるよう声をかける役目をさせられました。
当時のお医者さんごっこは、女の子を集めてパンツを脱がせて、おまんこをくちゅくちゅ触って調べる男の子の会合みたいなものでした。
触ってもらうのが好きな子も少しはいましたが、ほとんどの子は嫌がっていました。
ではどうして、集まるのかというと、そのガキ大将が職員の親戚の子で古株でもあって、施設を一切、取り仕切っていたからです。
反抗したら、遊んでもらえなくなります。
女の子は幼稚園高学年から小学校低学年だったのでオナニーも知らないし、普段やっていない子ばかりです。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2013年8月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

このページの先頭へ