【フェラチオ】超ぶりっ子の同級生を酔い潰して男子達に輪姦させた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私たちのクラスに超ぶりっ子のゆきという子がいました。
同性の私たちが見るとあまりにも分かりやすい可愛い子ぶりっ子なのに、男子には分からないらしく男子には人気がありました。
まぁその分女子からは嫌われていたのですが・・・。
ゆきを煙たがっている女子は少なくなかったのです。
自然と、ゆきを懲らしめる、辱しめる方向で話は進みました。
ゆきは嫌われているとは思ってないし、男子からの視線を気にしてるし、モテたい、人気者になりたいのが見え見えでした。
例えば、男子と話をする時には手を後ろに回して胸を突きだしてゆっくり左右に振りながら話をしたり、お尻を少し突き出した格好で背筋をやや前傾してヒップラインを強調したりして「オンナ」を誇示するような姿勢を見せるし、不必要に男子の身体に接近したり時には接触していたり。
また、男子もあっさりと釣られて、一度だけで良いからゆきを抱きたいと公言する子が多く、安易な凝らしめ方を発案し、皆で協議しました。
「ゆきを男子にヤらせちゃおうか?」
「あの子、どんな乱れ方すんだろね?」
「でもあの子、処女じゃないかな?マズくない?」
「いいっしょ。オトコ一番でしょ。初めてのオトコが誰かわかんないでしょうし・・・、ヤったかヤられたかも判んないかも知れないし」
「ある意味、ゆきの希望が叶うわけだし」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ