【M男】女性センターの悪夢①【実話告白】

 うちのアパートから徒歩4~5分のところに、公共の施設があります。 名称は、“女性福祉センター”とか、“女性総合教育センター”とかそんな感じで、僕のような男の独身者が足をふみ入れていい 場所ではありません。(過去にトイレを借りようとしたら、受付のお姉さんに「ここに男性トイレなんてありません!」と言われて追い払われたことがあります) この中でなにが行われているのか・・・・平日の昼間に、こんな施設を利用するのは、もっぱら近所の 奥さんたちであるように思います。
 ある夏の午後・・・・センターの前を通りかかると、近所の奥さんたち三~四人がコンビニ袋をさげて 建物の中に入っていきました。夏休みのせいか、母親につきしたがう女子生徒の姿も見えます。 こども会かなにかの会合でしょうか。
 ・・・ところが違いました。隣のアパートに住み、たまに挨拶するぐらいしか面識のない、主婦の 凉子さん(37歳)が、話しかけてきたのです。それも、尋常ではない命令口調で。 「あら、◎◎くん。いいところで会えたわね。いまから、あなたのうちまで迎えにいくつもりだったのよ。 まったく、ナイスタイミング・・・・ってやつね」 あ、あの・・・・・・なんのことでしょうか?? 「いいから、来ればわかるから。でも、一応簡単に説明てあげると、このあいだの、わたしの、 ベランダの洗濯物の件・・・・と言えばわかるかしら?」 げえっ!やっぱり、ばれていたんだ・・・・。実は、一週間ほどまえに、凉子さんのベランダから、風で 飛ばされた下着を一枚、頂いたことがあるのでした。 これで僕はすっかりしどろもどろになり・・・・・・鋭い目で睨む凉子さんの命令を拒むことはとうてい許されず、 気がつけば、他にも三~四人の主婦に取り囲まれ、半ば強引に、“女性センター”の中へ 引きずり込まれたのでした。

 怖ろしいことに、センター内には、たくさんの女性が待ち受けていました。大半は、地元で小学生の娘を持つ、 比較的年齢の若いお母さんたちです。娘とペアで座っているのがそうで、制服を着た女子中高生の姿もあります。 スーツを着込んだ女性がふたり。小学校と、中学校の教師であることが、女性たちの会話からうかがえました。 あっ、前に僕にトイレを断った受付の女性(三十前半くらいで、茶髪で、背が高くて、こわそう)も加わっています。 僕は、凉子さんにぐいぐい引っぱられて、茶髪の受付嬢に背中を押され・・・・女性たちのいる会議室に姿を 見せると、そこでは大ブーイングの嵐が巻き起こりました。 みんな、僕のことを、凉子さんの下着を盗んだ、とんでもない変態野郎だと聞かされているのでしょう・・・。
 「ヘンターイ!!」 「最~低!!」 「ありえな~い」 「帰れ、帰れ~!!」などの野次が飛びます。 あの、帰っていいなら帰りますけど・・・。 小声でつぶやいてみたところ、凉子さんがとんでもないことを言いました。 「ダメよ。ここにいる女性たちが、こんな暑い日に、なんでわざわざ集まってくれたと思うの?最低の痴漢であり、 変態野郎のあんたを、みんなでお仕置きするためにやって来たのよ。それも、痴漢の被害に遭いやすい女の子たちの目の前でね」 あまりのことに、僕は呆然としてしまいました。 お、お、お仕置きって・・・・・・い、いったい、なにするんですか? 凉子さんは答えませんでした。ただ目を細めて・・・鮮やかなルージュの口元をゆがめて、 笑ったのだけは、僕の目にはっきりと映ったのでした。
 そのための舞台は、すでにととのえられていました。
 女性教師と、数人のお母さんたちが指導的な役割を果たし、他の二十人近い女性を上手く まとめています。 僕は会議室の一番奥、一段高くなったところに、正座させられました。
 指導者のひとり、今瀬梨津子という四十代の女性 (この人には高校生の娘がいて、この集会にも加わっている)が、低い声で言いました。
 「正座の前に、服を脱いで」 僕は、最初、なにを命じられたのか分からず、まじまじと彼女の顔を見てしまいました。 「聞こえなかったの?正座する前に、服を脱ぐの!下、パンツだけはいていいから」
 二回目の彼女は、まゆげがつり上がり、とても怖い顔で言いました。 え・・・・・・な、なんで、服を脱がなきゃならないの? 僕はとまどい、唯一顔見知りの凉子さんを探しました。 大人と子供、あわせて二十五人ほどの女たちの中に、煙草に火をつける凉子さんの姿がありました。
 彼女は僕と目が合うと、ちょっとだけ笑い、
 「言うこと聞いた方がいいわよ・・・。梨津子さん怒らすと、お仕置きどころじゃ、済まなくなるわよ」
 そう言って、煙草の煙をはきました。 今瀬梨津子だけでなく、女性たち全員が、怖い顔で僕を睨んでいます。 会議室の扉が閉まり、内側から鍵がかけられました。窓には分厚いカーテンです。 「ほら、ぐずぐずしないで、早く脱いで!」
 三十代半ば、めがねの女教師が、僕の尻を叩きました。なんか見たことあるなと思ったら、中学のとき習った小菅美帆先生(音楽)です。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談

【出会い系】ネットで知合った女とオフ会→即ホセックス 【実話告白】

先日、インターネットで知り合った女性とのエッチの話をします。
その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは「かなりインテリの女性だろうな・・・。
もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、まじめな女性を想像していました。
でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。
でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。
凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。

待合せは上野の丸井の正面玄関。
40分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。
「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・。」
「いいよ! 今どこにいるの?」
「丸井の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」
「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」
そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、ようやく彼女と対面できました。
「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2016年1月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】大学生をカーペットの上で裸にむいてフェラ【実話告白】

福岡♀26、アラレちゃんめがねの152cm

相手 同郷、20、174/59、雰囲気イケメンな大学生

先輩と2ヶ月ぶりにさし飲み。いい感じで酔っ払い、
持ち帰られる気まんまんだった土曜の夜。

「終電まで時間あるねー。あそびたりないなぁ」
上目遣い@駅前

「え?おれ読みたい本あるんよね。おまえの電車きたよ。乗れ」
って、え?本>あたし?

しばし絶句&放心状態のまま電車に乗せられw、
とぼとぼ帰宅した22時・・・。

実話告白体験談関連タグ

|||||

2016年1月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】舐めながら中指でGスポ、ポルチオを責められて【実話告白】

無料出会い系、福岡♀27、アラレちゃんめがねの152cm

東京♂38、175/63位?、既婚子持ち、ペヨンジュン風薄顔

仕事の勉強のため、3泊4日で東京行くことに。
せっかくだしいいホテルにとまろーってことで
奮発してはいあっちょなど予約してみた
(平日+シーズンオフ+楽天だからちょー安い)

都庁が真横やないか!一人では寂しすぎる広さのダブルベッド、
ここで男と寝たらさぞ気持ちいだろうなとwktk

予定入れてない夜x2あったんで、
現地で会える人おらんかな~とサイトで募集かけたら
お返事くれたうちの一人。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2016年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】ブラウスの隙間から手つっこんでおっぱい露出【実話告白】

某SNS、福岡♀27、アラレちゃんめがねの152cm

相手 同郷32♂、172/52?細身、オリラジ藤森風

某SNSのコミュニティ経由→日記にコメントしあうようになりライン交換。
Perfumeナイト行きたいね、といいつつ全然実現せずw、

1年くらいだらだらしてた。
のだが!久しぶりにライン受信!

なんと先週彼女と喧嘩別れして、さびしーよー(てか遊びたいんだよねー
慰めてほしんだよねー。ってことね、わかるわかる)と。

ここ2週間ほどご無沙汰だったので、ノリノリで返信。
ひとりぼっちさびしーねーうんさびしいねー

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年12月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】ネカフェで泊まってた女【実話告白】

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。
その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、俺が使っている掲示板にたまたま現れた。
最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。
返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りはなにも信用性がなかった。
その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。
「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」
お前ならどうする?
信じるか?
本当かも分からないし、いくらの請求かも教えてくれなかった。
でも俺は行ったよ。
指定されたネカフェへ行って、ネカフェに着いたら連絡してと言われてた。
色んな意味で怖いから、ネカフェの近くについた時n連絡した。
そししたら部屋番号言われたから、勇気を出して入ったよ。
「ネカフェって友達が部屋にいるから入らせて」
って通じるんだなww

実話告白体験談関連タグ

|||

2014年4月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】ネカフェの女がクソビッチだった件 【実話告白】

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。

その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、

俺が使っている掲示板にたまたま現れた。

最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。

返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りは

なにも信用性がなかった。

その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。

「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」

実話告白体験談関連タグ

|||

2014年3月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【外国人】黒人の講師に 【実話告白】

昔英会話学校で事務してたころ黒人の講師と仲良くなった。
俺はイケテナイのではっきりいってぱしりだった。
そいつは元2Aの選手生徒は勿論近所のバイトやら人妻やら喰い放題
ある日、若くて色っぽい人妻が同じ事務で入ってきた。
俺はいつももじもじ、奴はどんどん親しくなるある日俺のおごりで飲んでいる時奴の携帯がなった。

彼女からだ。今から会うらしい俺は席を外そうと思ったが恥じを忍んで奴に言った
奴は俺を馬鹿にしながらも了承した 俺は奴に車を貸し、奴の部屋に先に忍び込んだ
俺は奴の部屋の押し入れに隠れた三時間まってうとうとすると、奴と彼女が帰ってきた
陽気に笑う二人奴はベッドに座ると彼女にキスをする俺は覗きつづける彼女の夫のような気分だ
舌をすすりあう音が響く 奴はゆっくり彼女のシャツを脱がせスカートの奥に手を入れる 人妻が簡単に体をひらく めがねちびの俺には信じられない
奴は時間をかけて彼女を責める彼女の爪先が時折動く 奴は彼女を三十分かけて裸にした 俺からは奴の巨大な背中とのけぞる彼女がみえる奴は彼女をベッドに座らせ股間に顔をうずめた
水をすするような音がするいつもスーツを着こなし俺にさえ笑顔で話す彼女のあえぎ声がはげしくなる

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:外国人との体験談

【出会い系】デブが天使の様な女の子とスケベしてしまった話【実話告白】

俺100キロデブ
マジキモい
勃起前女の親指位しかないのに皮も同じ位ある短小

半年程前に高校の同窓会があった
その時に仲良かった奴からこれに登録しろくださいと言われたのでしつこいから登録してやった
そしたら出会い系サイトだった
俺はぶっちゃけ女が死ぬ程すきなんだ
セクロスしたら死んでも良いと思ってた
まず俺キモ過ぎてどうやっても無理だから割りとマジでそう思ってた

んでそいつが言うには1ヶ月は退会すんな無料ポイント内でメールなりなんなりしとけってことだった
簡単に言うと俺が登録したことによりそいつに金が入る仕組みらしい俺にはもちろん入らんけど

俺はぶっちゃけ出会い系(笑)とか課金する奴マジ阿呆とか思ってたからまあ無料の範囲で女とメールすっかとか思ってた

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【人妻】妻フェチ【実話告白】

私52歳、妻47歳 結婚25年目のごく普通の夫婦です。
私は完全なる妻フェチです。
特に妻の胸がいいんです。
それも胸と言うより、やや小ぶりの胸に
やや大きめの乳首がたまらなくそそるんです。
鼻歌を歌いながら内職をしている後ろから見下ろした時の乳首、
めがねをかけ、真剣に家計簿をつけている時の乳首など、
数えればきりがありません。
胸を大きく見せたいのか、少し大きめのブラをしています。
なので、乳首まで楽しめるんです。
色気の無い妻ですが、わざと見せてる訳じゃなく、
見えているのに気づいていないところが鈍感で、愛らしく、いやらしく、セクシーなんです。
乳首を隠す為のブラのはずが、ブラがあるおかげで、
隙間から見える乳首が、よりいっそういやらしく、セクシーに見えるという矛盾が
たまらなくそそります。

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ