【フェラチオ】彼氏を守るために先生からの条件を無理やり飲むことにした【実話告白】

橘あかりさん(20代)からの投稿
—-
こんにちは!はじめまして!私はあかりっていいます。
私の高校時代の話です。
私の通っていた私立高校には学校裏サイトが存在します。
学校裏サイトには女子生徒の盗撮動画像やヤリマン情報、調教動画やオナニー動画等が観覧でき、実名こそありませんが学年と無修正の動画像によって誰かの特定は安易です。
入学時に発行されるIDがパスワードで、学内のPC限定で男子生徒のみが閲覧可能なんです。
ちなみにコピーとかできないので持ち出したりはできません。(教師以外)
こんな裏サイトがあるせいか、休み時間になれば、人気のないトイレや物影から喘ぎ声やじゅぷじゅぷという湿り気のある音が聞こえます。
挙げ句、教師が学生とHしたり教師同士でHしていたり、教師人も黙認どころか一緒に楽しんでるんです。
多分うちの高校に入学時に童貞でも20人以上は経験出来ると思います。
私はそんな高校で同学年の男子の7割とHしました。
後輩や先輩は数えていませんがかなり多いかと・・・でも私も最初からヤリマンだった訳ではありません。
私は入学して野球部のマネージャーになりました。
そして副キャプテンの彼女になり、処女は副キャプテンにあげました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【手コキ】高校時代から付き合ってるビッチな彼女の母親もビッチ【実話告白】

アンドゥトロワさん(20代)からの投稿
—-
俺には高校時代から付き合ってる彼女メグ(仮)がいる。
メグは俗に言うビッチで、初めての時も向こうから誘ってきた。
ポッチャリ体型ならではのEカップとバキュームの様なフェラに思わず
「風俗に務めたらNo1だぞ(笑)」
と言ってしまったこともある。
今だから思い出だが、高校時代のメグとのエッチは常にドタバタだった。
まず、当時二人の中でブームになってたのが、「イったら罰ゲーム」だった。
10分以内にメグがイカせたらメグの勝ち。イカなかったら俺の勝ち。
単純なルールだがもちろん俺は不利。
実際、勝ったのは当日先に抜いてたりして出にくくしてた時だけだ。
ある日の事だが、メグが勝ち俺に突きつけた罰が「私の家でエッチ」だった。
もう家族公認の付き合いな上に、泊まった際などに何度かやってたので抵抗は無かった。
金曜日だったので一旦家に帰り、必要なものだけを持って泊まりに行った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【寝取られ】好きな子が幼馴染のヤリチンに喰われた話 【実話告白】

7月の朝、正幸は自宅のマンションから夏服の制服姿で自転車で高校に向かっていた。

信号待ちで止まり、正幸は自転車のカゴに入っている鞄から携帯電話を取り出しメールを確認した。

[昨日寝ちゃってたぁ、ごめんね]

正幸はその文を見て、顔に笑みを浮かべながら返信のメールを打った。

[いいよいいよ!じゃあ学校で!]

正幸は1年生の時から同じクラスの神谷綾香に恋をしていた、その期間は長く、もう一年以上の片思いだ。昨日は夜遅くまで綾香とメールをしていた。

学校に着いた正幸は教室に向かう途中の廊下で教室に向かって歩いている綾香の後姿を見つけた。

(あ!綾香ちゃんだ!どうしよう…おはようって言おうかな…)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 6 【実話告白】

46

果歩 「ハァ・・・ン・・・ハァ・・・・。」

連続して2度の絶頂に導かれた果歩。

依然果歩は目を瞑り、ビクビクと身体を痙攣させながら絶頂の余韻に浸っている様だった。

富田は果歩の秘部に挿入していた2本の指をゆっくりと抜いていく。

ヌポッ・・・・

ネットリ湿った音を立てて抜かれた富田の指。

果歩を乱れさせた2本の指にはトロ〜っとした白濁した濃い液体がまとわり着いていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 【実話告白】

僕には幼馴染みがいる。
小学2年の時に隣に引っ越してきた涼子を、一目見たときからずっと好きだった。そして涼子も、僕のことを好きなはずだと思い込んでいた……。

それが、涼子に彼氏が出来たと報告され、しかも彼氏のための練習台になってくれと言われた僕は、自分の優柔不断さを呪った。でも、僕はあきらめないことを決めた。

『二人で遊園地なんて、久しぶりだね。昔はよく行ったのにね』
「何でだよw 去年のクリスマスに行っただろ?」
『そっかw なんか、恒例行事みたいな感じだから忘れてたw』
「はいはいw でも、確かに昔はよく行ったよな。夏休みなんて、毎日どっか行ってたもんな」
『懐かしいね』
「あぁ……」
アトラクションの列に並びながら、そんな話をした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年10月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【実話告白】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【大学生】激混みの電車で、女性2人組のうち1人がお尻を押し付けてきた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
平日の朝にNB線でT駅へ向かっていた時のこと。
N駅に差し掛かった時に、大勢の人が乗ってきて激混み状態に。
目の前には女性2人組(恐らくはJD)がいた。
自分の目の前にはポニーテールの膝丈くらいの白いフレア。茶色いジャケット。
彼女の友人と思しき女性はメガネにショートヘアだったと記憶。
で、しばらくするとその2人が会話を始めた。
電車が発車すると、自分に背を向けている方のJDが少しずつこっちに体重をかけてきて、最終的には彼女の肩と背中が自分の胸に、後頭部が顔に、お尻が股間に密着する格好となった。
彼女たちは会話を始めたが、電車の動きに合わせて自分に密着してきた方のJDがお尻を股間に擦りつけてきた。
「ラッキー」
と思い、こっちから軽く股間を押し当てると、JDは更お尻を後ろに突き出して、電車の揺れに合わせて左右に動かしながら硬くなったペニスに押し付けてるではないか。
それも、柔らかな尻たぶと割れ目を交互に。
相変わらず後頭部は顔にくっついた格好。
気付かれないように鼻で息をすると、甘く、いい匂いが鼻孔を突いた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【おっぱい】【レイプ】先輩自慢のお嬢様学校出身の彼女を車で送っていく途中に【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学3年の冬、サークルの仲間とスキーに行った時の話。
彼女が風邪を引いてしまった俺は単独で参加した。
一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)はお嬢様学校出身の色白小柄な子で、説明会の日から目をつけていた先輩が半年かかって口説き落とした自慢の彼女だった。
日も暮れてきて、そろそろ帰ろうかと話していた矢先に先輩が骨折してしまった。
救急車で運ばれて入院する事になり、先輩の彼女は自宅の一番近い俺が車で送る事になった。
「絶対手を出すなよ?」
と先輩は笑いながら念を押し、彼女も
「いやあね、変な想像しないで」
と笑っていた。
門限も厳しくて外泊禁止なのでエッチのチャンスが少なく、クリスマスも家族で過ごすからとお預けを食らって飲み仲間を探していた先輩を思い出した。
病院に行ったり荷物をまとめたりしていたので、帰る頃には真っ暗だった。
高速は凄い渋滞で全然先に進まなかった。
彼女と下らない話をしながら1時間もすると仲間の車も見失い、時計を見ると20時過ぎで、晩飯も食べてない事に気付いた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【初体験】プライドの高い妻だったけど 【実話告白】

私と夫との出会いは、運命的なものでもロマンチックなものでもなく
ごくありふれたお見合いのようなものだった。

高校を卒業後、私はテ●●スタッフという派遣会社に登録し
秘書検定にチャレンジしたり、様々な研修なども積極的に受講して
ある企業の総合受付スタッフとして勤務していた。

受付、、会社の顔とも言うべきこの仕事に私は誇りと責任を持って取り組んでいた。
そんなある日、昼食休憩から戻ってきた直後、受付にある内線電話が突然鳴った。
急いで、でも丁寧に、受話器を取ると社長からだった。
社長自らが、わざわざ受付に電話をしてくるなんて、かなりレアなケースだった。
そのせいか緊張で受話器を持つ手が震えた。
社長は、いきなり私の名前を尋ねてきたので、
電話に出る時に、「受付でございます」とだけで、名前を言わなかった不備を後悔しながら、
名前を申し上げると「すぐに社長室に来るように」と言われた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【風俗】福岡に出張した時に利用したM性感のお店に感動した【実話告白】

福岡県/すばるさん(30代)からの投稿
—-
福岡に出張する機会の時に見つけ、利用しました!
私の地元は東京になります。
東京の五反田という場所はM性感のメッカということもあり、サービス自体は何度も味わったことがありました。
たまたま仕事も早くに終わり、風俗でも利用しようと思った時にまさか福岡にもM性感のお店があるなんてビックリしました。
確か1年程前に出張で来たときはなかったようなイメージがあったのですが…もしかしたら私自身が隈なく探さなかったのが悪いかもしれないですね。
そんな話はさておき、男性の中にはM性感事態のサービスが合わない方もいておりますが、私はM性感のサービスは受け入れることができる肉体になっています。
ただ、自分自身Mだとは思いません…どっちかというと責めることも好きなので所謂オールマイティな性癖を持っているだけだと個人的に思います。
ですので、何度か地元の五反田で利用していたのですが、私は一度だけトラウマなってしまうことがありました。
それは、前立腺を弄られる前の段階でお尻のアナルをきっちりほぐしてくれない状態のままイキナリおもちゃを挿入された時です!
あれは本当に痛いだけでした…今思えばその事件からピタっとM性感を利用していなかったなぁとも思います。
それぐらい私にとって人生初めて性に対して恐怖を抱いた瞬間だったからかもしれないですね(笑)
それから福岡で調べていた時に見つけたので、そのようなトラウマがあったのですが、久しぶりに利用してみよう!という気持ちになりました。
ただやはりトラウマが頭の中を駆け巡り、受付のスタッフに前立腺はしなくていいように伝えました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

このページの先頭へ