【職場】あまりにも軽率で口の軽い私の失敗談を告白します【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は現在、27歳、独身、彼氏はいません。
てか、できません、相手にして貰えません(泣)
私は、天然てゆうか、お馬鹿なもんですから、隠し事は出来ないし自分から口を滑らせる事もしばしばです。
高校を卒業して入社した会社で知り合い、付き合っていた彼氏と半同棲中に、会社の親睦会を兼ねたビアガーデンでの飲み会で、私と彼氏が付き合ってるのは会社関係には内緒だったんだけど、皆が陽気に話してる時に彼氏がカモフラージュで、わざと
「ぴよちゃん、可愛い。付き合ってよ、えっちしよ」
と言い出しました。
ぴよちゃんは私の職場でのアダ名です。
私は
「だから、ゆうべ、生理になっちゃったって言ったでしょ」
と言ってしまいました。
また、飲み会終了後、帰る相談をしていた時も
「俺は歩いて帰るかな」
って彼氏が言った時に、私は

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【友達】パイナップル【実話告白】

三年前、普通の人より一年多くかかって工業系の大学をでた俺は、

二回目の就活をするのが億劫で、学生時代バイトしていた料理屋に、

そのまま見習いとして雇ってもらった。

そこで、ウェイトレスをしていた、四つ年下の優と出会った。

初めは、元気な子だなー、くらいにしか思ってなかったが、

いつも自分なりに一生懸命で、口は悪かったけど、

何気ない世間話の中でポロっと話したような、本人ですら明日には忘れていそうな、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】同級生 ひとみ【実話告白】

数年前の出来事、その日俺は平日だが代休の為休みで、その休みを利用して普段中々行けない銀行や郵便局などへ行き、色々と用事を済ませていた。
3年前に31歳でやっと結婚をしたのだが4歳下の嫁さんも働いている為、やはり平日の昼間と言う時間帯は制約されてしまう。
ホント金融機関は何かしようとしても平日の昼間のみに制限されてしまうのが不便である。
子供はまだだが、そろそろと考えているので、余り無駄遣いはしたくないものの、どうしても食事に関しては面倒だと外食してしまうのである。
その日もそんな感じで午前中に用事を済ませ、昼飯を近所のファミレスで済ませようとした時だった。
突然「あっ!」と言う声が耳に入り、その声の主の方を見ると、一人の女性が立っていた。
スラット背が高く、ボディラインはモデル並み、顔立ちはかなりのもので、ストレートヘアーが綺麗でよく似合った、年の頃で言えば30前後の美人が、そこに俺の顔を見つめ立っていた。
そして「S君…だよね?」唐突に自分の名前を聞かれ、正直驚いた。
こんな美人、知り合いにはいないぞと…きょとんとしている俺を見て彼女はすぐさま「私!山村!山村 ひとみ!小中学校で、一緒だった!中学は同じクラスでっ!」ニッコリと微笑んで、『ほらっ私よっ!』といわんばかりな、仕草で身元を明かした。
俺は名前を聞いた途端、誰か直ぐに思い出した。「あーっ!山村ひとみ…ちゃん!?」『ひとみ』の後をなんて呼ぼうか一瞬悩んだ。
と言うのも、当時、彼女に限らず女の子達は全て『○○さん』と呼んでいたからだ。当時は照れ臭くて『○○ちゃん』なんて呼び方が出来なかったが、今はあえて、そう呼んでみた。
すると「そう!そう!」と、自分の事を思い出してくれて凄く嬉しいと言う様な満面な笑みを浮かべた。
俺も久し振り会う中学以来の同級生に嬉しく、思わず半歩下がって、軽く両手を広げて、まるで外国人が久し振りに会う友人を迎えるしぐさの様に、彼女の全身を上から下まで改めて見てると、彼女が突然両手を目一杯広げて「久し振りぃ~♪」と言いながら抱きついてきた。
いわゆるハグってやつだった。
突然の事で俺はちょっと驚いたが、昔からこう言う感じの彼女だったので、俺も彼女に合わせて両手を背中に回して軽くポンポンと叩いて、再会を喜んだ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【フェラチオ】テレクラで出会った高校中退の子とセックスやりまくり【実話告白】

熊本県/たつやさん(30代)からの投稿
—-
25年前、悪友にテレホンクラブに誘われて、初めてテレクラへ行きました。
名古屋にある、確かリンリンクラブだったかな?
当時、テレクラは全盛期で電話がバンバン掛かります。
何人かと話はしましたが、援交ばかりで会う話はしませんでした。
そこへ、ミユキという17歳の子から電話があり、2時間ほど話していると、ミユキは半年前に高校は辞めて、現在はウェイトレスをしてる事が分かりました。
次の土曜日に、私が住んでいる最寄りの駅で待ち合わせする事にしました。
初めて会うミユキは、ミニスカートに、Tシャツで顔は浜田マリ似のちょっとヤンキーが入った感じの娘でした。
私のルックスは、当時流行りのショウユ顔で、そこそこモテる方だと思いますが、ミユキにも気に入れられて、会って30分後に車の中でキスしました。
「ホテル入るよ」
と聞いたら、小さく頷いて直ぐにホテルに入りました。
キスをしながら服を脱がせていくと、ピチピチな身体が露出します。
ピンク色の乳首を舌で転がすと、鼻から抜けるような甘い喘ぎ声に興奮します。
私は短パンを穿いていましたが、凄いテントが出来ていました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年4月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【風俗】村上だけど、黒髪ロングの泉ちゃんに生中出ししてきた【実話告白】

<>91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 14:09:58.11 ID:PxX8TfP90<>
iPhoneで候補の店3軒の当日出勤ページを家の無線LAN環境で読んでおいて、
PCでざらっとチェック。
いじったりボカしたサムネで気になった子を開き、スタイルなんかを確認。
160以下で、Bカップないし80cm前半の子をピックアップし絞り込む。
絞り込む余地もなかった7人ばかりの情報を、店ごとに名前、
ピンときたポインツをテキストにまとめて、自分あてメール。
そんでお出掛け。関連作品
用事が終わって、マックで一服しつつ今の気分で吟味。
出勤ページのサムネを、さらにiPhoneの画面で見ながら、
家でまとめた情報と照らし合わせて検討。
結局、チョイスしたのは一番使ってる店(あすか、美緒が在籍)の
数日前に入った新人だった。
あすかも美緒も出勤してないし、気兼ねない。
もし駄目だった時の次候補(これまた新人)まで選び、マックを退店、電話。店「どーもー、xxxxです」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【姉】姉ちゃんとお風呂はいるのがそんなに嫌なの?【実話告白】

<>123名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:21:24ID:SN06CCtE0<>
俺が17歳で、姉が18歳のときの話。

俺は高2で高校を中退し、父親とも折り合いが悪かったので、バイトをしながら一人暮らしを始めた。
駅から遠いけど、4万円ぐらいで風呂トイレつきの結構こぎれいなアパートで、だれも小うるさいことを言わない気ままな生活は楽しかった。
俺がコンビニから帰ってアパートのドアを開けると、誰かが部屋の中にいた。
「おかえり、しょーくん」
部屋の奥から頭を出したのは、姉ちゃんだった。
「姉ちゃん!」
俺はびっくりした。何の連絡もなかったからだ。
「な、なにしてるの、ここで」
「いや、さっき来たんだけど、カギかかってなかったから、勝手に入って、待たせてもらってたの。外寒いし」
部屋の中にはエロ本だのエロDVDだのが散乱していた。
「来るんだったら、来るって言ってくれたら少しは片付けたのに」
俺はエロ本やDVDを隅に押し込めながら言った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:姉との体験談

【友達】【SS】幼馴染「…… 童 貞、なの?」 男「」【1】【実話告白】

目覚まし時計のアラームは融通がきかない。
日によって気を利かせて鳴らなかったりするならもっと仲良くなれると思うのだが、今のところそんなことは一度きりしかなかった。
ちなみに原因は電池切れ。彼との付き合いの短さが露呈する回数だ。
あんまりにも融通がきかないので、最近では一度殴ることで沈黙させている。
暴力はあまり好ましくないが、言うだけで分からない奴には殴ってきかせるしかない。ときにはそういう場合もある。
女を殴ったと考えるのは寝覚めが悪いので、目覚まし時計を脳内で擬人化するときは男だということにしている。
「なおと」という名前もつけた。たまに話しかける。
「よう、なおと。俺、また女子に笑われちゃったよ……」
思い出すだけでせつない過去だった。
「元気出せよ相棒、らしくないぜ。あんたはいつも笑ってるべきさ。あんたが悲しい顔をしてると、どこかで誰かが悲しくなるだろう?」
彼はその神経質な性格が垣間見える説教で俺を励ました。
最近では何か嫌なことがあれば彼に愚痴を言う。最初の頃は頭がどうかしたのかと心配そうにしていた妹も、今ではかまってくれなくなった。
「ああ、またおかしくなったのか」とあっさり認めてくれる。理解のある家族で非常に助かる。
この頃はあまりに擬人化妄想がリアルになり、人間だったらどんな顔をしているか、どんな姿をしているかまで具体的に想像するようになってしまった。
おかげで、部屋に女子を連れ込んだとき、なおとがいるせいで上手くアンナコトができないのではないかといらぬ心配までするようになる始末。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】無花果 -The faith of strip- 【実話告白】

主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。
蛇は女に言った。

「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」

女は蛇に答えた。

「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。
 でも園の中央に生えている木の果実だけは、
 食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、
 と神様はおっしゃいました。」

蛇は女に言った。

「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【恋人】かなりの密度の話を20レスで話しきるとは 【実話告白】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/17(金)22:00:39.66ID:Yz1dBHXX0
立ったら書く。釣り臭いかもしれんけど。

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/17(金)22:01:21.02ID:Yz1dBHXX0
酒を飲みすぎた時、5秒前の事を思い出せないって感覚あるよね?
カラオケに向かう途中に「あれどこ向かってんだっけ?」
歌ってる途中に「あれ、なに歌ってんだっけ?」
みたいな感じ。
俺の場合は5秒どころじゃなくて、数ヶ月〜1年くらい飛ぶ。そういう障害。

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/17(金)22:01:28.42ID:y2X60RjR0
聞いてやる

実話告白体験談関連タグ

|||||

2013年10月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【風俗】黒髪ロングの泉ちゃんに生中出ししてきた 【実話告白】

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水)14:09:58.11ID:PxX8TfP90
iPhoneで候補の店3軒の当日出勤ページを家の無線LAN環境で読んでおいて、
PCでざらっとチェック。
いじったりボカしたサムネで気になった子を開き、スタイルなんかを確認。
160以下で、Bカップないし80cm前半の子をピックアップし絞り込む。
絞り込む余地もなかった7人ばかりの情報を、店ごとに名前、
ピンときたポインツをテキストにまとめて、自分あてメール。
そんでお出掛け。

関連作品
俺が風俗嬢に3P中田氏した時とかの話をする

用事が終わって、マックで一服しつつ今の気分で吟味。
出勤ページのサムネを、さらにiPhoneの画面で見ながら、
家でまとめた情報と照らし合わせて検討。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年9月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談
1 / 3123

このページの先頭へ