【マニアック】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【実話告白】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。
それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。
由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。
どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、
ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。
録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。
こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。
”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”
松田の声が響く。
”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”
”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”
”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。
本当に、ただのビッチがいる感じがする。
”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”
いきなり真剣に口調で言う松田。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2018年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニアック】マワシ【実話告白】

私が大学生だった数年前地元のとある市で次々と若い女の子が車で拉致され、セックスビデオを撮られたりカーセックスしてる若いカップルが襲われて彼女がレイプされる事件が起こった。そういう噂が流れ、地元の若者を震撼させた。しかし、レイプの様子をビデオで撮られている為か被害届は一切出ておらず、警察沙汰にはなっていなかった。被害人数は20人とも30人とも言われていたが、実際に事件化されていないので分からない。その裏ビデオが1本数万円の高値で取引されていると言われたが、実際にそんなビデオがあるのか誰も見ていないので分からなかった。その噂では、地元に拠点を置く2次団体の暴力団のX組のシノギとされ、そこの組員が行っていると噂されていた。X組と言えば地元では知らないものがいない武闘派組織で、数年前にも抗争事件で組員が敵対する組長を射殺してニュースになったり、地元では最大の建設会社に銃弾が撃ち込まれて騒ぎになった事もある有名な組織だ。そこの組長は、本家の組織では若頭補佐を務める執行部の一員である最高幹部でもある。そんな武闘派組織の犯行なら誰も地元では被害届を出せない。そもそもレイプ事件自体は親告罪だが、当然そこには拉致や監禁暴行等の余罪が絡むので、警察が本気で捜査すれば立件は可能だと思われた。しかし、最終的にこの事件が立件される事はなかった。最終的にこの組の組長が責任を取り引退し、表向きは以前の抗争事件の責任を取って引退という事で本家から事実上処分されたと言われている。しかし、当然この組は解散しておらず、今も2代目として存在している。この事件は約半年の間に10件~20件程発生したと言われている。中には10代の未成年の女子高生も含まれると言われ、被害にあった人数は20人とも30人とも言われた。中には5、6人の若い女性グループが集団で拐われた事件も含まれると言われる。さすがに未成年もターゲットになった事で、地元の警察も警戒を強めパトロールの強化や不審者への職務質問強化等対策に乗り出したと言われている。さすがにやり過ぎたのか、後日別件でだが銃刀法違反でここの組員が捕まった際には、この組に家宅捜索が入っている。最初の事件は数年前の夏に、地元の山で若いカップルがカーセックスをしていた所を複数の男達に取り囲まれ、彼氏が暴行を受け、彼女に対して「彼氏が殺されたくなかったら彼女が身体でワシらの相手をしろ」と言われしぶしぶ頷く彼女を複数の男達が車の中でレイプ。その様子をビデオで撮り、嫌がる彼女に「ケツの穴にも入れさせろ」と二穴責めまで強要され、嫌がると彼氏のケツに棒を突っ込んで、怖がった彼女が「何でもするから止めてあげて」と泣き叫ぶと、「じゃあ彼女がやらしてくれるのか?」と言われ、嫌々頷く彼女のケツの穴にも男達が次々とぺニスを突っ込みながらサンドイッチファックをされたのが初めての事件だと言われている。このカップルは朝まで拘束され、彼女の方は一日中犯され続け、10人ぐらいの男達が2人ずつ交代しながらサンドイッチファックを行い二穴を犯し続けた。結局彼女は朝まで10人に2つの穴に2、3回ずつ中出しされたと言われ、そのビデオは2時間納められており、彼女のアソコは拡がってしまってガバガバになってしまっており、中には大量の中出しされた精液が溢れらしていたと言われている。この20代の前半と思われるカップルのビデオは、1,2を争う人気商品と言われ1本数万円の販売価格が裏で1本10万~20万で取引されていると言われていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【職場】会社の駐車場でカーセックス【実話告白】

俺25才 リーマン
女28才 細身体型Dカップ、なにより尻がエロかった。

尻フェチな俺は4年越しの彼女に淡い恋心を抱いていた

そして彼女の結婚が決まり
悔しくも祝福していた矢先、
女がマリッジブルーにかかり情緒不安定に。

そんな時下心丸出しで相談に乗ったり励ましているうちに
つい出来心で手を出してしまった。

彼女は17の時から彼氏一人しか知らず
DVや浮気に苦しんだ時もあったらしく優しくされたことで隙があった。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年8月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【王様ゲーム・複数】新島(補足事項) 【実話告白】

懐かしい30年前の新島
夜の砂浜やボートの陰、浜茶屋、ありとあらゆるところで
セクスしまくったな。天の川が仰ぎながら腰振っていた。
毎晩相手は違うのよね。楽しかったな
あのころは矢沢永吉のアルバムが車からも店からも
流れていたなぁ。。・
まだリーゼントにアロハってなヤンキーが全盛期。

今こんなおばさんが浜でやっていたら
きしょいよね ワラ

なつかしいー
おっちゃんがちょっと懐かし話するよ〜
サーフィンしにダチ3人とよく行ってたんだけど(マジで目的はサーフィンだった)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【近親相姦】人妻とのカーセックスが大興奮! 【実話告白】

ブランド時計,かばん,財布コピー
ブランド時計コピー,ブランド財布コピー,
ブランドバッグコピー,スーパーコピー時計,
コピーブランド通販,激安ブランドコピー,
ロレックススーパーコピー,財布コピーブランド,
ヴィトンスーパーコピー
当社の商品は絶対の自信が御座います。
■商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真
■送料無料(日本全国)ご注文を期待しています!
■信用第一、良い品質、低価格は

実話告白体験談関連タグ

||

2015年6月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった【実話告白】

大阪府/名無しさん(30代)からの投稿
—-
妻と離婚してから半年。
幸いに子供は出来なかったので、久しぶりの独身生活を満喫していました。
しかしまだ34歳、性欲の処理が課題でした。
オナニーばかりも飽きてきて、一度出会い系サイトに挑戦してみようと思い大手のサイトに登録、早速書き込みを見てみました。
夜も更けた0時過ぎ、その中に気になる書き込みが・・・。
「本当の年齢、会ってから教えるよ!」
登録は18~19歳になってるし、大手のサイトだったので年齢認証もあるだろから
「まぁ18~19でも十分若い!」
と思い返信しました。
10分程してメールがあり条件と待ち合わせ場所が書いてあり
「車内がいい」
と刺激的な返信でした。
車で30分程の少し田舎な駅での待ち合わせで、正直すっぽかされたら虚しくなるような場所に到着し、車の色とナンバーを送ると

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【職場】バイト先にお客さんとしてやってきた美人とドライブに行くことになった【実話告白】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
19歳半ば、大学に通っていた俺は家の事情・・・ってほどでもないが、他の学生に比べて働き詰めの毎晩を送っていた。
バイト先には大学に通ってないことにしてほぼ毎晩シフトに入っていた為、毎日短い睡眠時間だったが欠席することはせず、我ながら頑張っていた方だろう。
バイト先について詳しく言えないけど、職場の仲は良くて給料も良かったし、何よりも女の人の客が多い職場だった。
ある日の夜、もうすぐ休憩に入ろうかという時女性一人の客が入った。
うちの店は女の人が一人で来ることも珍しくはなかったのだが、綺麗な紺のドレスにすらっと伸びた長い脚、黒のショートヘアが際立つ真っ白な肌、ヒールのせいもあるだろうが比較的背の高い女だった。
綺麗な人だなぁ・・・と思いながらグラスを拭いていた俺。
受付の男と仲良さげに話している。
常連ではないはず・・・俺はほぼ毎日働いているのだから初めての見た・・・はずだった。
受付が案内し、俺とは別の所にエスコートされる女。
歩く女の揺れる胸に少しばかり見惚れつつ、グラスを拭き終えて休憩に入った俺だった。
休憩中、入れ替わりで仕事に戻ろうとしていた先輩のAに先の女の話をした。
俺「さっき綺麗な女の人が入ってきましたよ。先輩の場所あたりに案内されたと思います」
A「まじか、どんなんだった?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年3月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【職場】バイト先の部長にお持ち帰りされた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
バイト先の部長と初詣に行ってきた時の話です。
バイトは去年の6月に初めて部長と関係を持ったのは7月に営業の付き添いした時でした。
去年地方から出て来て1人暮らしの私は、貧乏暮らしで食に飢えていたんです。
営業に向かう車の中で、部長と普段の生活を話していると今日、帰りに焼き肉でも行こうと誘われて、ただ嬉しいだけで付いて行ったんですが、それが大失敗。
ガッツリ食べて飲んで酔っ払って、気が付けばホテルで脱がされてました。
エッチの経験は17歳の時に何回かあるけど、まさか自分の親より年上の部長とエッチするなんてと思いながら大した抵抗も出来ずに奪われました。
それから休みの日にデートするようになり、エッチの回数も増えて、今では部長の部屋に呼ばれて机の下に潜って部長のチンポの世話をしています。
テクニックも教わり、調教されてお尻の穴までチンポが入るようになった。
営業に行くと人気のない所に車を停めてカーセックスになるし!
休みの日は少しでも私に会いに来て最低一発は抜きに来る。
ほとんど毎日、休む暇なくHしてる。
実は部長は既婚者です。だから私は、不倫している。
部長と別れたいけど、生活の援助も助かっているし、Hもまぁ嫌いじゃない・・・けど普通の恋愛がしたい。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【大学生】大学卒業間際に始めたキャバのバイトの時のボーイさんと再会【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学を卒業したばかりの頃、アルバイトでキャバのボーイをしている大学生の年下の男の子と付き合ってました。
私が大学の卒業間際の三ヶ月、
「暇だし、学生時代の終わりだし、社会見学を兼ねて(卒業旅行代を稼ぐためにも)キャバのバイトをしてみよう!」
興味本意でキャバのバイトを週二、三回で始めました。
18歳から20代半ばくらいの子が多い都内のお店で始めましたが、最初はどんな話していいか分からない上、お酒が飲めなくて先輩の嬢にイライラされてましたw
しかし、自分で言うのもなんですが私は小柄の割りに胸もあり、顔も整っていると言われていて、場内指名が毎回結構入りました。
そこに元来雑学好きとトーク好きが合間って、2ヶ月でNo.1になりました。(小さい店なので)
コールがかかっているのにあまりお酒が飲めなくても、逆に慣れてなくていいとお客さんが代わりに飲んでくれて。
さらに、先輩には嫌がられてましたが、怖い先輩が休みの日にシフトに入るなど工夫をして何とか過ごしました。
そこに、大学生で(私よりはるかに良い大学でした)年下ですが体格もよく、品のあるボーイさんがいて、密かにお気に入りでした。
しかし、職場恋愛は罰金と言われていたし、彼もみんなに優しくもクールな対応だったので、初めは特に付き合うつもりはありませんでした。
しかも、同じく彼を気に入っている風な木下優樹菜似のギャル系でスタイルのいい嬢(酒焼けした声で同じ年で怖かった)がいたので、自分から彼には話しかけないようにしていました。
3ヶ月目で目標金額が貯まり、4ヶ月を迎える前にバイトは辞めました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【友達】大都市圏の繁華街でキャバクラを経営していた時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今はキャバクラ経営を退いて別の会社を経営しているが、5年前まで10年程キャバクラを経営していて、合計3店舗程経営していた。
元々ホストだった俺は、18でホストになりナンバー1に。
5年程ホストをしたが引退し、23の時にキャバクラをオープンした。
その後、10年に渡って3店舗ほど経営していた。
初めの店はMという店で、初めは5名程の女の子で始めたが最終的に20名程在籍する店だった。
そのあとオープンしたBという店は始めから20名程でスタートし、最終的には30名程在籍する店だった。
そしてSという店は10名程でスタートし、最終的には40名近く在籍する店だった。
同じ経営元なので女の子の移籍や移動もあった。
ピーク時にはナンバー1ホスト時代の3倍程稼がせてもらった。
そんな俺のキャバクラ経営術とキャバ嬢達の話をしよう。
キャバクラ経営の1番の根幹は女の子を上手く扱うことだ。
人気の女の子が多ければ売上が上がり、ナンバー1に移籍されたり飛ばれると売上が半減するからだ。
ナンバー3ぐらいまでの女の扱いには苦労した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ