【人妻】中学の時に行ったキャンプ先で同級生の母親の胸元を覗いてたのがバレた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学3年の夏休みに、レクリエーションでキャンプ場に行った。
当然バーベキューで、同級生の母親が調理をした。
彼女は白いタンクトップで準備してたが、手伝った時に真正面にいたそのお母さんが屈んで胸元が開いて中が丸見えだった。
思春期の俺にはたまらない、おっぱいの谷間がゆらゆらと揺れて、手伝いながらチラリと覗いてた。
彼女は全く気づかないままに、俺は谷間が目の前で覗いてた。
やがて夜になり、肝試しみたいな事をした後、21時も過ぎて寝る時間。
テントに向かう途中にタンクトップの彼女から声をかけられた。
「ねぇ・・・1時間くらいしたら、あそこの○○公園口に来て」
まさか覗いてたのがバレた?
ちょっと怖くなりながらテントの中に入って、気づかないはずとか色々考えてたら時間になり、運よく周りも、テントに寝た他の二人も寝ていて、こっそり歩いていたら、
「ごめんごめん」
と走って来て、
「あそこ行こう!」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【マニアック】友人に誘われたキャンプで、初対面の女と一夜限りのエッチ【実話告白】

今から7,8年前の夏の話。
友人にキャンプに誘われた。
男3人、女3人、友人達は恋人同士で、俺とA子がほぼ初対面。(向こうは俺の事を知っていた)
A子のスペックは、背は低いがスタイルは悪くなく、顔は可愛い系で80点以上。
昼に遊んで、夜は飲みながらバーベキュー。
皆遊び疲れと酒で眠くなってきたので、バンガローで寝る事に。
俺は前日に朝まで飲んでて一睡もせずに参加、逆に疲れ過ぎてて寝れなかった。
酔いもあって、なぜか隣のA子に腕枕してた。
30分もするとあちこちから寝息が…A子も寝たかな?と思い、隣を見た時にA子と目が合った。
窓から刺す月明かりに浮かぶA子の顔はとても綺麗で、しばらく見つめ合っていた…。
5分程見つめ合った後に、そっとキス。
始めはソフトに、徐々に激しくキスしながら、大きくは無いA子の胸もゆっくりと愛撫し始める…。
「んっ……んっ……」
A子は声を必死に堪えてた。
次第に俺の手は胸から下へ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【おっぱい】【お勧め】寝る時はサバイバルナイフを枕元に置いてる彼女【実話告白】

彼女は少々お転婆。
2人ともアウトドア好きなので、山行ってキャンプしても先陣切って森に突撃し、変なキノコとか
「食えw」
と言って投げつけてくる。
テントで寝袋で寝ていても、枕元には研ぎ澄ましたサバイバルナイフ。
「何で?」
と聞くと、
「熊来たら怖いから」
と・・・。
「この地域は熊は出ないよ」
と言っても
「狸やイノシシが居るかもしれない!」
とキラキラと光るナイフ見つめてちょいニコニコ。
ハイキングで近道はこっち!と言い張って、途中で道が無くなり
「本当にこっちかよ?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】キャンプ場で、姉が私の友達とその兄に輪姦された話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
「彼女がいる前で彼氏におっぱいを触らせた姉」の続きです。
夏の暑い日が続き、学校でのプールの授業が恋しい夏休み目前のある日の事。
友達のYが私に
「夏休みのは予定はどうするの?」
と聞いてきた。
特にこれといった予定のない夏休みだという事をYに伝えると、Yは
「この夏休みに家族でキャンプへ行くんだけど、よかったら一緒に行かないか?」
と提案してきた。
私はYとは非常に仲が良く、親御さんとも何度も顔を会わせていたが、流石に即決では決める事は出来ないので、私は
「考えておく」
とだけYに伝えた。
そして夜に大学から帰った姉にその話をした。
姉「いいじゃん!!私も行きた~い。キャンプって久しぶり!行こう!行こう!ねっ!」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年10月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】キャンプ中にやった王様ゲームでノーブラ命令が下された彼女【実話告白】

何年か前の夏に、友人カップル6名とバーベキューに行った時の話。
丹沢にある大きなキャンプ場は、夏休みシーズンという事もあって家族連れなどで大変な賑わいでした。
自分の彼女は体が細い割に胸が大きく、いわゆるやらしい体つきをした自慢の彼女ですが、準備をしている時もタンクトップから覗く胸の谷間は絶景で注目の的です。
仲の良い友人達なので、多少見えていても特に気にする事はありません。
外で食べるお肉はとても美味しくお酒もかなり進みます。
飲み会のような状況になり、王様ゲーム的な方向へ発展していきました。
王様ゲームは大抵の場合、初期はライトな命令ですが、徐々に下ネタ要素が入ってくるのが定番です。
キャンプ客がいる開放的な場所なのでヘビーな内容はNGですが、パンツデジカメ撮影や野郎同士で接吻などの命令も下ってきました。
そんな命令の中で、よりによって自分の彼女に
「帰宅までノーブラ」
という命令が下りました。
かなり際どい命令を友人の彼女等が実行してきたので、ここで拒否は状況的に空気を悪くします。
しかし、内容的に彼女は絶対拒否だろうと思いきや、俺の所に来て
彼女「どうする?いいの?」
という意外な相談。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年10月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】友達3人でキャンプに行った際に隣になった家族連れの奥さん達【実話告白】

岩手県/名無しさん(20代)からの投稿
—-
6月にキャンプ場にいった時、隣に家族連れの人が居ました。
パパさんらしい人が子供達を連れ、釣りに行った様子だった。
自分達はと言うと、友達と3人でテントを張り、夕飯は焼きそばにでもしようかと話していた。
家族連れの3人の女性が現れて
「すいません?胡椒ありますか?」
と聞かれて貸してあげました。
30代半ばの女性か、ホットパンツやデニムの短いスカートを穿いてて、タンクトップやキャミソールで露出度が高い。
ライターも旦那さんが持っていったらしくて、火をつけてあげたが、女性が屈むと際どい所まで丸見えでした。
チラ見しながら友達と火を起こし、女性にお礼を言われて戻ったけど、もう1人の友達は違うママさんと話し込んでいた。
帰って来ると
「おっぱい見させてもらったけど、ノーブラじゃねぇか?」
と言ってた。
それからはあのママさんがデカそうだとか、おっぱい談義で盛り上がりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年10月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】キャンプで兄貴の同級生の子とキスしておっぱい触って…【実話告白】

ある小学生~大人までの団体のキャンプに行った時の話。
複数の班に別れていて、1つの班が大体10人前後。
兄貴と同級生の女の子が同じ班になった。
仮にその彼女をYとする。
俺は単純にAとしよう。
Yは芸能人に例えると、酒井法子をちょっとふっくらしたような感じ。
俺とそのYは元から仲が良かったし、兄貴の同級生とも仲良かった。
ちなみに兄貴もそのYの彼氏も別々の班だった。
2泊3日のキャンプで、1日目の夜に俺とYは寝袋で隣同士になり、遅くまで語っていた。
1日目は何もなく終わり、2日目もまた隣同士で遅くまで語っていた。
他の人達はもう寝ているみたいで、小さい声で2人だけ会話してる状態だった。
しばらくして恋バナとかにもなり、俺が当時好きだった子の話とかもしたり、彼女の彼氏の話とかもしてた。
そしたら突然、彼女が
「ねぇ?キスしてみない?」
っと言ってきた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】家族キャンプ中に嫁が他の旦那におっぱいを揉まれてる所を目撃【実話告白】

夏休みを利用し、3組の家族で1泊2日のキャンプに行きました。
妻の友達家族と一緒で、夫連中は全員初めて会う旦那ばかりでした。
今でもまだ信じられませんが、S家族の旦那に私の嫁が胸を揉まれているところを目撃したのです。
それは夕食後の後片付けの時でした。
男連中はもうしこたま飲んだという感じでグッタリと座り込み、片付けも出来ないという感じでした。
嫁さん連中と子供達は少し離れた炊事場に行き、食器を洗っていました。
1人2人と帰ってきて、私の嫁さんと子供達だけで炊事場にいるようでした。
私は嫁を手伝おうと思って炊事場に行くと信じられない光景を目にしました。
誰もいない炊事場で、私の嫁がSに胸を揉まれていました。
水は流れっぱなしで、コンクリートのシンクに手を突き後ろから両手で服の上から揉まれています。
嫁は白いキャミを着ていて、髪の毛は結んでポニーテールにしていました。
Sは胸を揉みながら嫁のうなじの辺りに顔を埋めています。
嫁は嫌がりながらも揉ませています。
嫁は29歳、Sとはいつからこんな関係なのか。
今日からなのか?

実話告白体験談関連タグ

|||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【王様ゲーム・複数】キャンプ場で見た野外乱交【実話告白】

先日、男女11人でパーティを組んで長野へキャンプに行って来ました。
増水して中州に取り残されたら洒落にならないので、少し高い位置にテントを張って2泊しました。
中洲を見下ろすと別のテントが3つあって、
「鉄砲水が来たらニュースに出るな」
とみんなで笑っていました。
2日目の早朝に下のテントが騒がしいので見下ろしてみたら、男女3カップルが朝からじゃれあっていました。
女性は下着で走り回っていて、男性もパンツ一丁の姿でふざけて追いかけていました。
女性が
「スケベ~♪」
なんて黄色い声を出していたので、みんな集まってきて見下ろしていました。
やがて追いかけっこが白熱していって、じゃれあいながら女性の下着を脱がし始めて、男性も全裸になって勃起したチンコを揺らしながら追いかけ始めていました。
みんなで
「このまま青姦になるな」
と噂しているうちに、捕まえた女性を四つん這いにして、草原で開放的なフリーセックスを始めました。
辺り一面に女性の悩ましい喘ぎ声が響き渡り、息を荒げながら男性を誘惑するように淫らな動きで悶絶していました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年8月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

このページの先頭へ