【姉】姉「クパァって何?」 【実話告白】

「ねえねえ、クパアって擬音ってどういう時に使うのかな?」

こんなことを姉にいきなり聞かれ、俺はアセッてしまった。

「ちょ、ちょっと姉ちゃん?
何だよ、いきなり・・・」

「うん今ね、スマホの懸賞サイトでクイズやってて、それに出て来たの。
”次のような擬音が出る状況を50字以内に説明せよ”って・・・。
その中のひとつなんだけど、全然思いつかないのよね。
○○だったら知ってるかな、って思って」

(どっ、どういう懸賞サイトだよ!
そんな問題出すなんて・・・)

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:姉との体験談

【王様ゲーム・複数】JKたちと王様ゲーム、乱交(?)その2【3P編】【実話告白】

そして前回の続き。
今回はもうちょっとエロくなるはず。

登場人物は以下の僕(かず)除く3人。
木村(たっくん)、24、イケメンでバンドやってた。モテる。
まい、19、専門学生。チビで色白。髪も巻いててギャルっぽい。顔は鈴木えみっぽい。
ともみ、15、JK。さらにチビだがめちゃくちゃスタイルがいい、そしてエロい。顔はあんまりかわいくない。℃-uteの岡井千聖ってのに似てる。
JKたちと王様ゲーム、乱交(?)その1

あれから1ヶ月たった。
僕はまいのアヘ声がトラウマのように耳から離れなかった。
彼女とセックスしても、まいの色白さ、エロいアヘ顔、そしてかわいくエロいアヘ声、
その全てが脳裏から離れず、何度もまいでオナニーした。
別に付き合いたいとか、好きとかはなかった。ただセックスしたかった。
まいはそれから密かに僕のセックスシンボルになった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【不倫・浮気】朋子と漫画喫茶【実話告白】

【レス抽出】
対象スレ:職場であったエチーな体験談Part8
キーワード:R1y3OjLY0

<>801名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/11/24(金)21:35:10ID:R1y3OjLY0<>
たしか9月頃のはなし。
7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。
俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、
思い切って食事に誘ったらOKがもらえた。
俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、ベスト3に入るくらいの美人。
その日は台風がきててちょうどピークが食事の時間とかぶってたからかもしれない。
2時間くらいお好み焼きを食って、駅に向かったら朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。
外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間をつぶそうと提案したんだが、
朋子さんはネットで運行情報を把握したかったらしく、満喫に行こうと言い出した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【恋人】旦那が変態で裏の披露宴を開く嫁が書くスレ【実話告白】

旦那が変態で裏の披露宴を開く嫁が書くスレ
1:名無しさん@ピンキー:05/03/1320:45:55
「妻(旦那)が変態で困っているひとが集まるスレ」の分家スレです。
困っている427さんを皆で応援し、助けよう!!

以下、本スレより、順次転載。

2:1:05/03/1320:48:44
From:[427]名無しさん@ピンキーsage
Date:05/02/1319:50:01

26歳OL、結婚11ヶ月です。

うちの主人の悪友の間では、結婚すると「裏の披露宴」をする

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【スカトロ】ハローワーク君の憂鬱【実話告白】

これは僕が小学校5年生の時の話だ。
僕は地域の子供会で野球チームに参加していた。
子供会の野球チームが16チームが集まるブロック大会がある。
ブロック大会で2位までに勝ち抜くと、表彰され、ブロック大会より上の中央大会に出場できる。
中央大会に出たなんて小学校のクラスで自慢すればヒーローになれる。女の子にもモテる。
そんな子供達のヒエラルキーが形成されていた。
しかし、僕たちのチームは万年一回戦負け、出ればいつもボコボコにコールドにされて負ける弱小チームだった。
負けても、ヘラヘラしながらジュースを飲んで帰っていく、ダメなチームだった。
しかし、僕が五年生になり監督が変わり、チームを鍛え上げ、チームの意識が変わり、僕たちのチームは強くなっていた。

僕たちのチームは
6年生が5人、5年生が10人、4年生が8人、3年生以下が5人のチームだった。
6年生は全員レギュラー、5年生から4人がレギュラーに選出される。
僕は1年生からこのチームに所属しており、経験からも5年生ながらレギュラーだった。
打順は七番、ポジションはサードを守っていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:スカトロの体験談

【おっぱい】高校時代に所属していた水泳部のおかしな行事【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺は高校3年間、水泳部に所属していた。
普段は至って普通の水泳部だが、年に数回おかしな行事がある。
まずは新入生が入って来た時。
大体入部が落ち着いた5月のある日の練習後、水着のまま全員集合する。
(室内プールで水温も調節されてるので年中泳げる)
まずは自己紹介。
ほとんどの人は4月から入部しているので、顔と名前は一致している。
自己紹介の内容は、名前・クラス・どこの中学出身か・専門種目は何か。
まずここまでは普通だ。
この自己紹介に加え、
『男はちんこの大きさ』
『女はおっぱいのカップ数』
あとは、

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年1月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【職場】つづき 【実話告白】

食卓を囲んで
緊張した表情の長門や伊藤とは対照的に
達也一人だけが上機嫌でワイングラスを傾けていた。

「若葉さーん、俺、少し妬いちゃったなー。すっごい乱れ方だったよねw」

言われた瞬間、かぁーっと血が上っていった。
顔が真っ赤になっていたに違いない。

「ば、ばかなこと言わないの!」

自分がさせたくせに何を言ってるの!
思い切り達也を睨みつけてやった。

「あらら・・ご機嫌斜めでちゅか?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年12月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【初体験】最悪な男に処女捧げたった 【実話告白】

スペック

私 当時
中2 地味友達少なめ 半登校拒否
顔は中の下 身長は150ぐらいかな

相手 薄い顔で極度の狐目 弥生顔 以下(弥生人)

中学時代、特に恋愛をするわけでもなく
見ためにもまったく気を使っていなかった私は
学校でいじめにあい、どんどん引きこもりになっていった。
家で過ごす暇な時間をどう潰すか考えた末、いきついたのは
当時流行していたモ○ゲーだった。

当時のモ○ゲーは、今ほど規制はなく割りと自由に連絡先が交換できたため

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【妹】妹「今から兄にクイズを出します。不正解の場合罰ゲームです 【実話告白】

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火)00:20:14ID:btmSNN7U

妹「今から兄にクイズを出します。不正解の場合、罰ゲームです」

兄「いきなり人の部屋に乗り込んできて何を言ってるんだおまいは」

妹「AとB、2つの中から選んでください」

兄「人の疑問を無視してカードを差し出すのは止めろ、場を読めない司会者は降ろされるぞ」

妹「新番組ですからある程度は視聴者も許してくれます」

兄「回答者席に座った覚えは無いんだがな……ていうか暇なのか? 妹」

妹「父も母も旅行で明日の夜まで帰ってこなくて宿題も終わって明日は日曜で晩御飯も食べたしさて何をしよう、

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年10月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【姉】姐弟【実話告白】


“タッチ〜”は非常に早い土曜日の朝は言った、本当の早期いることを確認します。 8つの時、親も出て行く。
これは、非常に混雑してトリプル未満の四〇〇フィート家である。 私は兄と私の細胞ベッド、彼の次のセル内のと同じ部屋で寝る。 快適で、また、非常に便利で良いが服を着る。 私は彼一六は、17歳です。 朝は、あまりにも不快で覆われて、小Xueさんは、マークマークです。 液体の流出が濡れて下着を持っています。
浴室の思想は、彼女を洗浄するが、あまりにも早く土曜日の朝に一緒に。 彼は良いしないように要請します。 だから、まだベッドの中で、優しくクリトリスをこすりタッチ指を助けることができなかった、Aiyeもゆっくりと流れる。
“うーん…ああ… …”快楽の絶え間ない流入。
“シスター!は騒々しいので、早く、[OK]を?”彼の兄弟によると、そして年間静かに、
高速の指は、本当に危険な、停止するが、幸いにもしなかった彼は目を覚ます。
彼女もやと言えば、彼女は私の友人は、昨日、私は持っている彼女の神秘的なトイレに行くと私に電気の陰茎を取り出した。
“見て!多くの素晴らしいものを!”彼女は言った
“そこに募集しない、ああ、のようなものは”私は尋ねた
“これは何ですので、!あなたはしなかった使用?”
“コースではない!”
“良い​​試みが必要です。”彼女はすぐに私のスカートをオフに設定します。
“DIDはあなたはそれを試して今で言う?”
“もちろん、それは時間がかかるかもしれない!条件は、クラスの30分前に存在することができます!”

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2013年10月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:姉との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ