【盗撮・覗き】CFNM女性教師と女子生徒達のお仕置き【実話告白】

オレの名は浅尾貴信。
「だいぶケツ締まってきたな」「や、やめろよ、ハズイから。。」「なんだよ、男同士だからいいだろ」
ちょうどいま昼休みの部活を終え、仲間とシャワーを浴びていたんだ、そしたら・・・、
「ちょっと失礼するわよ」
その言葉に驚いて後ろを振り返ると、なぜかすごい剣幕のマチダ先生、その後ろにはオレと同じクラスの田中千夏が泣きべそをかいている。そしてそれに付き添うように数人の女子が立っていた。
「今日の昼休み、この子のスカートを めくった人物がこの中にいるはずです。」
ハァ、、、??な、何でよりにもよってこんなときに・・・。だが、オレたちの表情を見るに付け、その思いをすでに見透かすように先生は言った。
「この子がとても辛い思いをしていて、 事件の解決に一刻の猶予も許されない状況で、 恥ずかしいも何もないっ」
このシャワールームにいたのはオレを含め、男子部員11人。何の因果でここの部員が疑われたのかは分からなかったが、マチダ先生の顔を見れば、何か確証を得ているようでもあった。
「田中さんは昼食を取ろうと食堂へ向かおうと 廊下を歩いていました。そしたら、後ろから 来たサッカーのユニフォームを着た男の子 数人の中の一人がスカートをめくって、 追い越して行ったそうよ。」
なるほど、ユニフォームを着てたんなら、サッカー部員には違いないところではある。
「彼女が言うにはこちらを振り返らないまま 足早に去っていたので、犯人の顔までは 分からなかったようです。 しかし、彼女のスカートはそれに煽られて、 中の花柄パンツがそこを歩いていた生徒全員に 見られてしまったそうです。」
ものすごい剣幕で怒りをあらわにするマチダ先生。その形相にオレたちは押し掛けてきた数人の女子たちを前に全裸でいることも忘れてしばし立ち尽くしていた。
「見られたのはパンツだけではありません!」
「パンツのその上のおへそがチラリ! 昼食を少し急ごうとしてそのパンツもズレてて オシリの割れ目もややチラリ!」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【フェラチオ】人妻Mの告白6~同窓会での2回戦目~【実話告白】

悲劇はこれで終わったと思っていたのに…シャワーを浴び終わる頃、いきなりドアが開きI君とT君がニヤニヤしながら
「Mちゃん!」と言いながら入ってきました。
私は無意識に腕で胸を隠し、手で下半身を隠すと、T君が「今更、なんで隠し
てるの?」と言いながら私に歩み寄り手を掴んでどかしました。私 「私出るから!」
T君「いいじゃない一緒に浴びようよ」
私 「もう終わったから出る」
I君「いやいや・・・」そう言ってI君は出入り口をふさぎ、T君は私のおっぱいを揉みながら指で乳首
を弄びながら、「Mちゃんのオッパイほんとに大きくて気持ちいいね」
そう言って私が出ようしているのを止めようとします。I君「Mちゃん、相談があるんだけど」私はにらみ付けるような顔で怒り口調のように「なに?」と言いました。I君「Tとも話したんだけどさ、俺達Mちゃんにレイプじみたことしたくないん
   だよ。俺達としてもさっきみたいなのは不本意なのさ。泣かれながらして
   もねー」充分レイプでしょ今更なに言ってるの!?と思い、また怒り口調でいいました。私 「じゃー、もう帰して!」
T君「まだ帰すわけにはいかないよ。だから相談って言ってるよねー」
私 「何?相談って!」
I君「もう色々して裸の仲なんだからさ、お互いに楽しまない?今更でしょ~」
T君「そうそう。Mちゃんも感じてたでしょ。旦那以外の味わえて良かったんじゃ

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【不倫・浮気】彼女との合コン【実話告白】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【王様ゲーム・複数】嫁の元旦那と私と嫁とで3Pした【実話告白】

嫁がバツイチでなんとなく元旦那と関係が戻ってしまった。
俺も元旦那から嫁を寝取ったんであんまり文句いえない。

嫁はそれをいいことにしてるのか、
嬉しそうにあっち行ったり戻ってきたり
どっちも好きだってさ。

金曜日の晩、嫁にせがまれ、
嫁の元旦那と私と嫁とでホテルにチェックインした。

そこで生まれて初めての3Pをする。
嫁も元旦那も私も初めての経験だ。

緊張をほぐす意味で、少しアルコールをいれて
3人で話しはじめた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年12月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】2003年で30代の女性が新島 【実話告白】

今や30代、しかも主婦ですけど、私が高校生の頃の思い出です。
当時は、夏は新島に行くのが流行っていて、私も仲良しのK子と
二人で、何ヶ月も前から予約して、ウキウキ気分で行きました。
二人とも彼氏はいたんですけど、どちらも部活の練習で忙しく、
夏休みを一緒に過ごせるなんてはじめから期待していませんでした。
私もK子も子供に甘い親の家だったので、旅費やお小遣いに困ること
はありませんでしたが、新島では普通の民宿に泊まりました。
当時(もう10年をはるかに超えるほど前ですが)を知っている人は
わかると思いますが、新島に行くのは男の子は女の子を求めて、女の子は
男の子を求めて、そして、ほんの一握りの純粋にサーフィンをすることを
求めた人たちでした。
私たちも当然イイ人がいればなあという思いでした。もちろん本命はいた
ので、ちょっと火遊びという意味ですけど。
でも、二人ともそんなに遊んでる子ではありませんでした。学校も厳しい
女子高だったので、ごくごく普通の女子高生でした。ですから、火遊びと

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【外国人】【海外で本当にあったエロい話】安宿で外人とS○X 【実話告白】

ミャンマーを旅行した時の話。

ミャンマーのゲストハウスに到着したが

空いているシングルルームが

ハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので

従業員に「どうにかならないか」と相談していた。

すると

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年6月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:外国人との体験談

【人妻】友人カップルのハプバーデビューのはずが・・・【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
先日、私の彼女(30代の人妻)と友人(40代の独身男性で彼女有り)の3人で飲んでいる際、お互いの性癖の話になりました。
友人が少し照れながら、
「俺は変態だから・・・」
と、なかなか性癖を言わないので、私と彼女が露出?SM?etc・・・と聞くと、ここだけの話と言って、彼女が別の男性に抱かれていることを想像すると興奮する、と聞きました。
実は私も同じ性癖があり、彼女を連れて過去に何度かハプバーへ行ったことがありました。
最初は少し抵抗があった彼女も、郷に入れば郷に従え、と言い、私とのHを他人に見せるのはもちろんのこと、自ら単独男性のおちんちんを咥えたり、これまでに20人以上の男性に挿入をしてもらい、縛りやローション、レズなども経験してきました。
友人の性癖を知り、新たな遊びの可能性を感じた私でしたが、これまでは知らない人としか絡んだことがなかったため、一瞬同調するのを躊躇い、トイレへと席を外しました。
トイレから戻ると、彼女は友人に太ももやストッキングの上からおまんこを触られながら、だいぶお酒が回った様子で自らのハプバーでの経験を語っていました。
行ったことのある場所や、多くの男性の前で縛られた経験、道具を使って攻められ、特に電マが好きなこと、同時に複数の男性に抱かれたこと等を話すと、友人のテンションはマックスとなり、興味津々で色々な質問をしてきました。
今度友人の彼女も入れて4人で行くことを約束し、飲み会はお開きとなりました。
翌日、友人から
「彼女はまだ免疫がないので最初は見るだけで様子を見て、大丈夫そうであれば私に抱いてほしい」
「また、本人(友人)も初めてのため、私の彼女に色々と教えてほしい」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【おっぱい】【口止め】内緒にしてもらう代わりに何でもしますと言った美人エステスタッフ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私はとある総合ビルの警備員をしている。
事務所は2階にあり、他には美容院・ブティック・英会話教室・商社などが入っている。
ある晩、1時頃の事だ。
事務所で待機していると、1つの部屋の火災ランプが点滅している。
慌てて7階に駆け上がると、そこはアロマエステだ。
ドアをガチャガチャさせ
「誰かいますか?」
と声を掛けたが当然こんな時間だ、返事はない。
もちろん無灯で、緊急事態か誤作動か分からないが、仕方なく合鍵で中に入ると奥に進んでいった。
何だか蒸気でムワッとしている。
(これでランプが点いたんだな・・・)
元となっていると思われるのは、簡易式のユニットシャワールームだ。
(もしや人がいるのか?)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 1 【実話告白】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁が僕に内緒でSNSをやっていた 【実話告白】

嫁の美咲とは、来月で結婚してやっと一年になる。結婚前に付き合っていた期間も、たかだか1年弱だったので、知り合ってからまだ2年くらいしか経っていないことになる。なので、まだ新婚気分が抜けていない感じで、仲良く楽しく毎日を過ごしている。

美咲とは、趣味(新撰組)が同じで、土方歳三資料館で偶然知り合った。といっても、この時は一言二言会話を交わした程度で、凄く可愛い子だなと思った程度だった。住む世界が違うというか、僕なんか相手にもされないと思ったのを良く覚えている。

それが、偶然京都に旅行に行った時、池田屋跡で再会して、凄く驚いた。さすがに、日野で会って、すぐにまた京都で再会したので、会話も盛り上がり、そのあと一緒に壬生寺などに行くことになった。

美咲も僕も、身の回りに新撰組マニアがいないこともあり、なおかつ、お互いに住んでいるのが中野と杉並という隣同士ということもあり、よく一緒にお茶をしたりするようになった。

でも、この期に及んでも、僕は趣味友として仲良くしてもらっているだけなので、勘違いするなと自分に言い聞かせていた。
後で聞いて驚いたが、日野で出会ったときに、美咲は運命的なものを感じてくれていたそうだ。

「なんで? 何を気に入ってくれたの?」
僕は美咲にそれを聞いて、驚いてそう聞き返したものだ。
『なんだろう? 一目見て、なんかビビッときたのかなw』
美咲は、はぐらかすように笑いながら言った。本当に、笑うと電車男の彼女にそっくりだ。あの話も、出来すぎな感じの話だったけど、僕と美咲の出会いから結婚に至るまでの話も、出来すぎな感じだったと思う。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 2212345...1020...最後 »

このページの先頭へ