【おっぱい】何でも言う事を聞くからスカートめくりをやめてくれと言ってきた同級生【実話告白】

あまりエロくないけど俺の体験を。
小4の時はエロガキで、毎日スカートめくりとかしてた。
スカートめくりと言っても、うちの学校の女子はみんな下にブルマを穿いていたのでパンツなんて見れなかったのだが、スカートめくりという行為に興奮していたのだと思う。
最初はクラスの女子に誰彼構わずしていたが、そのうち1人を狙うようになった。
それが春奈(仮名)だった。
春奈はクラスの中でも一番胸が大きく、大人しいのでスカートめくりの対象としては最適だった。
そんなある日、春奈から放課後に理科室に呼び出された。
うちの小学校の理科室は職員室から遠く、また授業のとき以外はカーテンがかかっていて、内側から鍵をかける事ができたので、先生や他の生徒に隠れて何かする時によく使っていた。
春奈は俺を先に理科室に入れると、鍵をかけた。
当時は春奈の方が俺よりも背が高く、俺は少しびびっていたが、強がって
「何だよ!」
とぶっきらぼうに言った。
春名は少し伏目がちに
「何でも言う事聞くから、もうスカートめくりとかやめてほしいの・・・」
と、蚊の鳴くような声で言った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【小中学生】中学校の時、下の子でスカートのガードが緩い子がいた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中3の頃の話です。
集会で後ろを向いて女子のパンツを狙う、というのはよく聞くけれど、スカートの中に短パンを穿いてるのが基本なため、その見え方を始め、パンチラに縁がなかったです。
ところがある日、集会でふと後ろを向くと白いものが目に入ります。
それは紛れもない白パンツ。
見せているのは隣の列の2年の子でした。
少しして集会が始まりましたが、頭の中は中学で初めて見た生パンでいっぱいでした。
それからも、時々ながらその子(ナオミちゃんという)は集会で足の緩んだ体育座りをして真っ白や星柄の白パンツを披露してくれました。
ある日、2年の後輩2人とエロトークをした時、ナオミちゃんの名前が出てきました。
少し驚きましたが、1人はナオミちゃんと同じクラス。
やはり何度かおいしいショットをいただいてるようでした。
もう1人は、別クラスながらナオミちゃんが生パンという話を聞いてパンツを狙っている、見えた事もあったとの事。
自分も目撃談を語りました。
それからはナオミちゃんが何色のパンツを穿いてたとか、どんな時に見えたとか、ナオミちゃんでしょっちゅう抜いてるとか語り合い、これまた興奮してしまいました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【小中学生】隠れファンが多かった子のスカートを捲った結果【実話告白】

中学生の時、アホみたいにスカートめくりをしてた。
なんていうか、女の子がキャー!と言うのが楽しかったので勝手に喜んでると思ってた。
オレのおかげで可愛い子のパンツが毎日拝めるという事もあり、オレは男子達から名人と呼ばれ、ちょっとしたヒーロー気分だった。
ある日の休み時間、オレはとある女の子に狙いを定めた。
背が150cmぐらいの子で、目がくりっとしてそれなりに可愛い。
ただ、そんなに目立つグループにいたわけじゃないから、どちらかといえば隠れファンが多かった感じだ。
オレは廊下ですれ違い様にそっと目の前に回り込み、スカートの端を引っ張って思いっきり上げた。
名人はただ捲るだけじゃない。
上げられるところまで目一杯捲り上げて5秒程度は静止をする。
なぜならオーディエンスにもしっかり見せたいし、俺自身もしっかり目に焼き付けたいからだ。
しかし、捲った途端に信じられないほどの大きな悲鳴が、その子だけではなく周りの子からも上がった。
そう、なぜかその子はノーパンだった。
初めて見る生の割れ目にオレは一瞬固まった。
その子はまだちゃんと毛が生え揃っておらず、濃い毛が2~3本あるくらい。
オレが手を放すと、その子はしゃがみこみ泣き出した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【学校】学年一美人の子が男子2人に無理矢理スカートを捲られてた【実話告白】

2年前の、僕が高校2年生の時の事です。
同じクラスに学年一美人と言っても過言ではない女子生徒がいました。
性格も良くて、スタイル、育ち、頭脳何から何までパーフェクトと言っても良いくらいの子でした。
そんな清楚なお嬢様風の彼女に、悲劇が訪れました。
ある夏の日、学校が終わって体育倉庫で僕も含め、男子生徒の3人で掃除をしていた時の事でした。
その中の2人がその子を体育倉庫に呼びました。
その子の掃除場所が隣の女子トイレだったので、呼び出そうと思ったのでしょう。
その時は、その2人がその子に何をする気か分からなかったのですが、1人がニヤリと不吉な笑みを浮かべながらその子に近づいていきました。
その子は恐怖に慄いた顔で少し体を反らしていました。
何をするのかと思っていると、その子のスカートの裾を持って捲り上げようとしたのです!
その子は慌ててスカートを押さえました。
それでも捲り上げようとする男子生徒。
彼女は必死に彼らの手から抜け出そうとしていました。
しかし真夏日という事もあり、少し動き回っただけでも結構なエネルギーが費やされるようで、汗を流してはぁはぁ言いながら彼らから逃げ回っていました。
しかし最終的に2人がかりで抑えられて、もう身動き取れない状態でした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年9月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ