【フェラチオ】押入れで寝てたら好きな人が先輩のモノをフェラしてるところを目撃した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学2年の時の話です。
自分はバスケサークルに入っていて、同学年のマネージャーである美咲という子が気になっていました。
美咲は少しボーイッシュな感じで、健康的な可愛さを持っていてサークル内でも男に人気がありましたが、彼氏がいるという話も聞かなかったし結構仲もよかったのでチャンスがあるかもと思っていました。
そして、冬にサークルでスノボー旅行に行った時にとんでもない光景を見てしまいました。
一日目の飲み会で調子に乗って酔い潰れた自分は、次の日の朝からスノボーを滑る気にはなれず、眩しかったのでドラえもんみたいに押入れの中で寝ていました。
4時間程でしょうか、寝ていると人の気配がしたので誰だろうと思って襖をほんの少しだけ開けると、同室のY先輩と美咲がいるのが見えました。
2人ともスノボーに飽きたのか早目に切り上げて来たようで、ウエアではなく既にスウェットを着ていました。
なんとなく出て行くのが気まずかったのでそのまま押し入れの中で様子を伺っていました。
襖は2センチくらいしか開けてなかったし、息を潜めていたので2人とも自分の存在には気づかなかったみたいです。
2人は初めは他愛もない昨日の飲み会の話などをしていましたが、突然会話の内容が変わりました。
Y先輩「なあ、もっかい見せてよw」
美咲「え?何をですか?」
Y先輩「美咲のおっぱいw」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】【残り物には福がある】先輩達優先のナンパをしたら幸運が巡ってきた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺(名前はハル)は24歳の社会人で、会社のフットサルチームに所属している。
これは、1年前ぐらいの話。
サークルで仲が良い先輩2人にスノーボードに誘われた。
目的はナンパだが、人は良いがお世辞にもイケメンとは言えない先輩達。
俺は先輩達に比べればマシな方だったので、声を掛ける役って事で頼むから一緒に来てほしいとお願いされた。
先輩から出された条件は、
『旅行の費用は全部出すから、出来る限りナンパをして、成功したら先輩達優先で女子を選ばせてほしい』
と、何とも自己中な条件だったw
まあ俺も彼女がいなかったので、イイかなってノリでOKした。
スキー場に着き、3組に声を掛けたが成功せず…。
とりあえず休憩って事で食事をして、午後も頑張ろうかなって思ってたら、今から滑り始めるって感じの3人組女子を発見し、先輩から
「行け」
との命令。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ