【人妻】スポーツクラブで出会った30才主婦とセックス【実話告白】

スポーツクラブ内のラウンジでパートをしている
30才の主婦とSEXした時の話。

僕はそこでインストラクターをやっていて、
休憩の時にいつも利用するので仲がよかった。

きっかけは、新スタッフの歓迎会の時で、居酒屋で、
『僕、ミワさんタイプです。』と酔った勢いで言ってから。

でも、僕がミワさんに気があることは
とっくに気づかれていたと思う。

2次会にはいかず、その場を去ろうとした時、
『ホント?一緒に帰ろっ!』と誘われた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2016年3月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【出会い系】社会人ってどこで出会うの 【実話告白】

1:(‘∀`)2013/02/1213:06:52.87
マジでわからんのだが

出会い系やカップリングパーティーはあるが、最終手段という感じがしてしまう。
普通の人はどこで彼女を見つけてるんだ?

2:12013/02/1213:20:13.91
ちなみに俺は職場では同年代の女の子とは緊張してなかなか話しかけられないので
(そもそも部署が違うからわざわざ話しにいきづらい)
今のところ出会いは出会い系やカップリングパーティーに頼ってる状態です
後者でカップルになれたけどデートしたあとメール無視されるようになって終わった
前者では何人かと会ってるけど、顔が微妙な子ばかりで一回会って冷めてしまう
(俺の理想が高すぎる?)
可愛い子もたまにいたけど、会話が弾まなくて、だめだった

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2016年1月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 1 【実話告白】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(6)【実話告白】

『 第六章 華麗なレオタード 』

ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった
ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る
夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの
少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声
「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」
「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」
「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」
優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た
「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」
「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」
「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」
「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」
裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【おっぱい】高1の妹にマッサージしてたら眠ってしまった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
僕は妹ととても仲が良いです。喧嘩もほとんどした事がありません。
妹は僕の事を尊敬しているみたいで、僕は妹だからとても可愛がっています。
妹にとって僕は、勉強もスポーツも出来て格好良いらしいのです。
少し恥ずかしいけど、まあ自慢の兄だそうです。
僕は妹にはちゃんとした大人になって欲しいので、何1つ惜しまずに全てを教えています。
自分で見つけた勉強の攻略法とか、時間があったら一緒にスポーツクラブに行ったりとか・・・。
もちろん息抜きにゲームをしたりもします。
たまに一緒に図書館に行って勉強をしていると、どうやらカップルに見えるらしく、知り合いに会うと
「彼女?」
とよく聞かれて困ります。
確かに妹は可愛いので彼女と思われてもいいのですが、誤解されて本当の彼女に嫉妬されるので困ってしまいます。
そんな僕達兄妹ですが、実は人には言えない過去があります。たった一度だけの間違いでした。
僕が高2の時で妹は高1でした。僕も妹も水泳部に入っていました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【不倫・浮気】女子大生 果歩 1 【実話告白】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取られ】最近初めて嫁を他人に抱かせたんだが Part10【実話告白】

の続き

前回報告してから半年位ですね。ご無沙汰してましたが、その間の事を報告します。
あんまりエロくないかも。

嫁とは仲良しです。相変わらず嫁大好きです。
生活という面では俺も嫁も仕事が割と忙しい半年で、
しかも嫁は今年から少し職位が上がった上に直接の後輩が入ったらしくお姉さんぶってたり。
俺は嫁のさばけてる所とかは昔から知ってたけど年齢差とかあって甘えられてたし、
Aさんには嫁は基本的に敬語なので後輩に電話してる声を聞くと新鮮だったりします。

Aさんと知りあってから何だかんだでもう2年経って、嫁も28です。
Aさんもかなり仕事が順調らしくとりあえず仕事という面では充実してました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ココロとカラダ【実話告白】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/31【実話告白】

2008年8月31日(日)
こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・
この前の水曜日は、塾長からのプレッシャーのお陰で、何とか高沢の嫁と話をする所まで進み、名前が「優里さん」と言う事も分かり、次に会った時には絶対しゃべれる関係を作る事が出来ました!
僕は早速木曜日の朝、本屋に寄ってインターネットビジネスの本を探しました。
この前、在宅でネットビジネスをしていると言ってしまったので、必死に情報を集めなければならない・・・
優里さんが知らなそうな分野で、一般的にも深くは分からない分野を調べた。
僕も詳しくは無いが、プログラマーなんかが良さそうに思えて、初心者向けの参考書と、サクセスストーリーみたいなのを購入した。
会社に着いてすぐに、塾長へメールで『報告がありますので今日どうっすか?』と入れると、『おう!9時までならいいよ!』と返って来たので、今日は飲みに行きます!
そして夕方になって塾長と飲み屋に行って、昨日の話をしました。
塾長:「どうだ昨日のシチュエーション!気に入っただろ?」
幹夫:「また酷いッスよー、アレは無いッスよー」
塾長:「あ?でも興奮したんだろ?どーせ」
幹夫:「えーまーそーですけど(笑)」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/31【実話告白】

2008年8月31日(日)

こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・

この前の水曜日は、塾長からのプレッシャーのお陰で、何とか高沢の嫁と話をする所まで進み、名前が「優里さん」と言う事も分かり、次に会った時には絶対しゃべれる関係を作る事が出来ました!

僕は早速木曜日の朝、本屋に寄ってインターネットビジネスの本を探しました。
この前、在宅でネットビジネスをしていると言ってしまったので、必死に情報を集めなければならない・・・
優里さんが知らなそうな分野で、一般的にも深くは分からない分野を調べた。
僕も詳しくは無いが、プログラマーなんかが良さそうに思えて、初心者向けの参考書と、サクセスストーリーみたいなのを購入した。

会社に着いてすぐに、塾長へメールで『報告がありますので今日どうっすか?』と入れると、『おう!9時までならいいよ!』と返って来たので、今日は飲みに行きます!

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ