【フェラチオ】タイ人のママさんにエッチなマッサージ【実話告白】

亀叔父さん(50代)からの投稿
—-
1年前に店を閉じたスナックでの話です。
僕のアパートへの帰り道にそのスナックはありました。
順子という名前の、40歳に近い年のタイ人のママさんがやっていたのです。
顔の感じは女優の沢たまきさんに似ていて、胸は貧乳ですが、お尻は僕好みのツンと上がったムッチリとしたお尻をしていました。
自分でもお尻がチャームポイントと知ってるのか、いつもピッチりとしたタイトスカートかバンタロン風のズボンを穿いてました。
飲むお金は結構高く、万札を持ってないと行けませんでした。
だから飲みに行くのは月に1回ぐらいのペースでした。
そんなある雨の降る夜。
パチンコを閉店まで粘って少し勝たせてもらった日、さて帰るかなと思ってブラブラ歩いていると、何やら店の前で2人の男女が揉み合っています。
よく見ると、順子ママと僕より太った中年男性ではありませんか。
僕はすぐさま間に入って話を聞くと、中年男性が散々飲んだり食べたり歌ったりして、お勘定になるとお金がないと言い出したようで、その上開き直って謝りもしない。
流石にママさんも切れてしまったとの事です。
僕はすぐ警察に電話し、事情を話して連れて行って貰いました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ