【オナニー】タクシー運転手が上品な熟女だったので話しながらオナニーした【実話告白】

何度か投稿させて頂いています。
センズリ発射が趣味で、今だに止められない40代です。
10年以上前の話です。
当時は勤務していた会社のトイレで発射するほどセンズリ狂いでした。
勃起力も今とは比べものにならない程で、女性を見て色々妄想してるうちに即勃起という感じでした。
その日は以前から、勤務終了後に会社の慰労会で飲みに行く事になってました。
シフト勤務制の為全員参加は不可能ですが、滅多にない事です。
女性ばかりの職場なので、期待に胸とチンポを膨らましていましたが、少し期待外れでした。
その日は仲の良いお気に入りの先輩方(全員年下ですが)は用事や勤務で来られず、他の班(部署)の人達ばかりでした。
普段の自分は人見知りなのであまり他の女性に話し掛けられず、結局他の班の班長達(男性)とばかり話していました。
若い娘ばかりなので近くでチラ見するだけでも嬉しいのですが、普段職場でセンズリ発射するくらいの興奮は得られませんでした。
結局自分はその後の2次会には参加しませんでした。
風俗に行こうとも思いましたが、酔いもあり、面倒臭くなったので帰宅する事にしました。
比較的田舎なので終電時間は早いのですが、余裕で乗れました。
ところが、電車に乗れた事で安心して寝てしまい、起きたら終点。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

このページの先頭へ