【王様ゲーム・複数】ツンデレの私が男達の性欲処理に使われた 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

A子で楽しんだ男達はけだるそうでした。
A子は眠り込んでいりようにも見えました。

一人で裸でいるのもバカっぽく思い、
落ちているブラをつけました。

ブラウスを着て髪をとかしていると声がしました。
「何してんのお前?」
「え?いやもう帰ろうかなっと思って」答える私。

するとぐったりしていたはずの男3人が立ち上がりました。
「何でお前いつもそうやってすかしてんの?興味あんだろ?」

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年11月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】ツンデレの私が男達の性欲処理に使われた【実話告白】

バイト先の仲間で仕事終わりに飲みに行ったんです。
男3人と女は私と、もう一人のA子。

時間が遅くなったので近くで一人暮らししてる男の部屋で
みんなで泊まることにしました。

ビールとかつまみを買い込んで行ったので
結構みんなべろべろになってました。

そのA子ってのが女の私からみても悔しいくらいキレイなんです。
可愛いしスタイルもいいし巨乳だし。

男3人もA子ばかりを見ているような気がしました。
(つまんないなぁ早く帰りたいなぁ~)
と内心思っていました。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年10月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】処女なのに3Pに巻き込まれた 続続編【実話告白】

前編は以下のとおり

先輩が腰をうねらせ始める。
すると、男は楽しげに
「なんだよ?どうして欲しいかはっきり言ってみ?ホラホラやめちゃうよぉ?」

そう言ってアソコの中にすっぽりと飲み込ませていたローターを
引きずり出そうとする。

小声で先輩が「入れて」 とねだると、
男が 「なにを?どこに?はっきりって言ったよねぇー?」
完全に調子に乗っている。

ギンギンで入れたくてたまらないくせに余裕ぶるそのチンコの先端に
全力のデコピンをかましてやりたくなった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年8月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【実話告白】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。
私は、震える手でそのヒモをつかんだ。
『早くぅ。引っ張ってみて!』
果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。

私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、
『ん……フゥン』
と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。

それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。
『へへ。垂れちゃったね』
果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。

「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」
私は、あまりのことに声を荒げてしまった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【職場】職場の同期。34歳 【実話告白】

以前、2回ほど妊娠させた職場の同期。34歳
 今では、後輩の奥さんとして、いいお母さんに。
 先日、同期会があって、その後久々のSEX。
 彼女の結婚後初めてでした。
 以前の彼女は、手足が細く長く、乳首は小指の先くらいのかわいいピンク色で、絶頂に達するときにも
黙って耐えるようにあそこを締め付けていました。
 その彼女も母親となって、エロさ全開。
 乳首が大きくなって、感じまくり。
 乳首を舐めただけで、かなり濡れてました。
 彼女は基本ツンデレなのですが、淫語は口にせず「フェラチオなんてしたくない」と言いつつ、
一生懸命に舐めてくれる人でした。
 それがこの日は「恥ずかしい」と言わせたのが良かったのか、
 「乳首舐められて恥かしい」
 「オマンコ、グショグショで恥ずかしい」
と淫語言いまくり。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年11月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【高校生】根暗で休日は部屋に引きこもってる妹【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
超根暗で休日は部屋に引きこもりの妹を、強引にケーキバイキングに誘った。
妹は行く気さらさらなかったが俺が
「男1人じゃ行きづらい!」
と頼み込んでOKもらった。
まあ根暗すぎて外出しない妹を部屋から出したいという思いもあったし。
しかし当日になり、妹が部屋から出たら俺は超びっくり。
妹はいつどこで揃えた?と言いたいくらい可愛い格好をしてた。
しかも、いつもは長い髪をゴムで後ろに留めるだけなのに、ポニーテールにして。
俺がポカンとしてたら妹は何故か怒り口調で
「外出するんだからマシな格好するに決まってるでしょ!」
ツンデレ?リアルツンデレ?と思いながら出発。
妹と他愛もない会話をしながら店に到着。
俺はフードファイター並にケーキを食べまくるが妹も負けじと食べまくる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【おっぱい】クラスメートのヤンキーに無理やり援交相手にさせられた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺の高校のクラスに男女6人くらいの、まあリア充というかDQNというかそういうグループがあった。
もちろん俺なんかとは全然接点はなかったんだけど、その中心らしい男(うんこみたいな野郎なので仮にU)が突然、
「なぁ、今日ちょっと一緒に帰ろうよ」
と言ってきた。
こっちはもちろんポカーン。
でも、DQNグループが遠くからこっち見てクスクス笑ってるからまぁロクな用事じゃないのは想像ついた。
でも断れんかった。
で、Uが
「ファミレスでも寄ってこう」
と言い出してファミレスに寄って、アルファベットの「U」みたいなデカい席に着いた。
俺はその真ん中のところで飲みたくもないアイスウーロンですよ。
クソ野郎達がニヤニヤしながら俺を見てんのがまじムカツク。
そしたらUが突然、

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】あぁ~人肌恋しい~、誰か~【実話告白】

「あぁ~人肌恋しい~、誰か~」

アタシの名前は『錦川 翔子(にしきがわ しょうこ)』
高校2年 陸上部 主に幅跳び
あのぶっ飛んだ時の開放感がたまんないのよね~(−−)(_ _)ウンウン
ちなみに髪型はツインテール♪♪

そうそう今のアタシは非常に人恋しい
もう、彼氏レベルの女の子から友達レベルの男の子まで
だれでもいいの!!
ってまぁこんなことばっかり言ってるから
人からバイセクシャルとか言われちゃうのよね~(汗)

ってこんなこと言ってる場合じゃないわ!!
どーにかしなきゃ

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【初体験】めっちゃ遊んでる子を女友達から紹介してもらったけど【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
僕と彼女との出会いは、女友達の友達との初デートでフラれた事を報告しに女友達のアパートを訪ねた時に、たまたま遊びに来ていたのがきっかけだった。
女友達「○○と初デートどうだった?」
僕「・・・」
女友達「やっぱり、あの子は片思いの先輩がいるからムリって言ったっしょ」
僕「はぁ~」
彼女「あの子は、ず~っと片思いだもんね!」
みたいな会話が続いた後。
女友達「何なら、この子と付き合ってみる?」
彼女「○○にフラれた子を、こっちに回すか~?」
と言いたい放題言われたが、フラれたこのとショックで言い返す事もできず、週末に遊ぶ約束をして帰った。
週末に彼女のアパートに遊びに行くと、相変わらずの口調でいたぶられたが、言いたい事を気兼ねする事なく言い合えたので結構すっきりした気分だった。
2人っきりだった事も手伝って、エロ系の話題になってきた。
僕「結構遊んでるの?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【おっぱい】かなり仕事が立て込んでたある日、先輩と2人きりになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
去年、かなり仕事が立て込んでた時期があった。
毎日残業で休日出勤も珍しくなく、社員全員がドタバタと仕事をしていた。
ある日、俺が別室での作業を終えてフロアに戻ると、そこには俺より2つ年上のカオルさんが残って仕事をしていた。
普通は女性社員だけを残して帰るって事はないんだけど、その頃は皆忙しくて、帰れる時はさっさと帰るというのを徹底していたから、たまたまその日はカオルさんだけが取り残されてしまったらしい。
時間は確か23時近かったと思う。
「カオルさん、お疲れさんでーす」
「あれ、T君まだいたの?」
「うん、独房(別室の呼び名)にいたんで」
「そっか。私が最後かと思ってたよ。まだかかるの?」
「うーん微妙。いっそ今日はやれるとこまでやってサウナにでも泊まっちゃおうかと思って」
「サウナねー。男の人はそれが出来るからいいよねー。私なんか今からだと駅からタクシーだよ」
「あーだったらカオルさんもサウナ泊まります?最近は風呂とかも綺麗だし、俺が泊まってるとこだと女性専用フロアとかもあるから着替えさえ何とかすれば平気でしょ?」
「そうなんだー。その方が楽かなぁ。でも残業してサウナに泊まる女ってなんか終わってない?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ