【おっぱい】一人旅できた奥飛騨温泉郷の混浴で美しい女性と一緒になった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。
民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。
年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクの一人旅に持ってこいの宿だ。
早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず食事の後はすぐに寝入ってしまっていた。
気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとの事だったので、せっかくの温泉を楽しもうと風呂場に向かった。
ここの露天は確か混浴のはずだが・・・スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。
しかしこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。
内風呂でかかり湯をしてから露天風呂へ。
片足をザブンと湯船に入れたところで、すぐ近くに先客がいるのに気がついた。
跳ねた湯を浴びせてしまい、
「あ、失礼!気がつかなくって・・・」
で、絶句。
なんと、若い・・・とは言っても、30歳は越えているだろうか・・・垢抜けた、美しい顔立ちの女性だ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ