【人妻】格安の援助交際の事をコロッケ売春と言う【実話告白】

まずコロッケ売春とは何なのかを説明すると、「格安の援助交際」の事です。
歴史はバブル時代まで遡ります。
絶頂期の援助交際の単価はホテル代別で、2万~4万→1万~2万と下がってきているらしいですが、前述したコロッケ売春だと5千円~1万円まで下がっているそうです。
しかも、そのコロッケ売春の的になっているのは人妻が多いそうです。
実際に人妻のコロッケ売春の募集が高く、なぜ人妻の方が多くそのコロッケ売春に食いつくのかがテレビで説明されていました。
しかし、その内容がえげつないんです。
家庭を抱えている人妻は旦那の収入の低さから、旦那に内緒で昼過ぎくらいにコロッケ売春を行いそして、人妻である程度年齢を重ねていると相手をしてもらえない事もあるため、格安で募集をかけ、その売春のお金で、毎日の食費を補っている現実があるそうです。
これは現在、東京で本当に問題視されている事らしく、その援助交際の募集が行われているのは出会い系サイトが多いとの事。
ただ僕は思いました。
そんな事するくらいならパートで働けばいいんじゃないかと。
ただ働きたくないと考える人妻の行き着く果てがそこなんでしょうね………。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ