【おっぱい】職場で俺を馬鹿にしてくる男の彼女を寝取ってやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺をバカにした男の彼女を焦らして虐めてたエッチな体験談。
職場で俺の事をバカにしてるクソ野郎の彼女を毎日の様に犯してる。
昨日ついに中出しして、今も興奮が冷めないから彼女との初エッチについて投下。
俺は26歳の178cm90kgとちょっとデブで、同期の黒縁メガネに小馬鹿にされている。
仕事自体は俺の方が出来るし給与も若干だが高いのだが、黒縁はイケメンというわけではないが立ち居振る舞いがスマートで、同期の連中や女性社員からは圧倒的に人気がある。(もてている、というわけではないけど)
黒縁は同期会に俺を呼ばなかったり、人前で聞こえよがしに罵倒してきたり、俺の営業成果を横取りしようとしたりと、とにかく俺の事を嫌っている。
そんな男がベタ惚れしている女を犯しまくるのは本当に溜飲が下がる。
女の名前を仮に由里にしよう。21歳、平成生まれの女子大4年生だ。
コネでほぼ就職が決まっていて、最近は毎日のように俺の家にくる。
161cm、細身・色白のDカップで、読モ系の整った顔立ちでお嬢様育ち。
黒縁がベタ惚れしてる女ときては興奮しないわけがない。
知り合ったのは、某SNSのスカイプ関係のコミュニティだった。
俺はブサイクな半分おっさんだが有名声優にそっくりらしく、声だけはよく褒められる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】後輩女子のテレホンセックスを観察後に合流【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
あらすじ。
新人女子社員の本音を偶然聞いてしまい、印象は「可愛い!」から「ムカつく!」へ。
しかしそこには・・・。
そして女はパンツを脱いだ。
一体ナニがあったのか?今嫁かどうかは内緒だ。
そういうオチは飽きられてるから!※前半はあまりエロくないです。
当時俺28歳のある日。
会社のウラ側の窓から、女の声が聞こえてきたんだ。
いつも閉まってるけど、夏だからかな、ブラインドも窓も開いてた。
昼休み、俺はウラ手に広がる田んぼ見ながら、タバコぷかぷかしてた。
社員約20名の田舎の営業所。
喫煙者はなんと俺だけなんで、いつも外で吸ってる。
ここは人が来ないからのんびりリラックス出来る。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年5月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【フェラチオ】メガネハゲと加齢臭が好きな私【実話告白】

私は40代以上のサラリーマンとセックスする事に興奮します。
こうやって今日も仕事帰りのお父さんとセックスを楽しんでいます。
本当に変態ですよね。
加齢臭が堪らなく好きで、どっぷりお腹の出た太鼓腹のメガネハゲが堪らなく好きなんです。
この間、掲示板で知り合ったお父さんとテレホンセックスした後、直接お会いした事を話します。
年上にしか興味がない私は、いつものようにサイトにログインして待ちぼうけしているとツーショットのコールがありました。
相手は、年齢52歳、既婚者のサラリーマンだったのです。
理想の男性とテレホンエッチが出来るなんて正直嬉しくて、久しぶりにエロボイスで盛り上がりました。
「君、いくつ?」
「23歳です」
実年齢を言うと
「本当はいくつなの?おっさんが好きなの?」
なんて質問責めなんです。
「あ、はい。本当に23歳で、お父さんみたいな男性が凄くタイプなんです」
と言うと

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】好きな人にイタ電してオナニーを中継してたら【実話告白】

山梨県/ひろさん(30代)からの投稿
—-
僕が大学生の頃だから、20年近く前の話。
ゼミが同じで皆が憧れの女がいた。
名前は奈美(仮名)。
当時は携帯なんか無い時で、もっぱら自宅電話が主流だった。
奈美の番号を知って想いを伝えようと思っていたが、なかなか勇気が出なかった…。
そんなある日の夜、独りで酒を飲んでエロ本を見ていた。
ムラムラするしチンポはフル勃起…酒の力を借り、奈美にイタ電してオナニーしようと初めて電話した。(当時はナンバーディスプレイ機能はない)
左手でチンポを擦りながら右手でダイヤル…案の定奈美が出た。
「もしもし?外川ですが…」
やった!繋がった!奈美だ!
俺は興奮し更にチンポを強く擦りながらハァ…ハァ…と息遣い荒く、
「俺だよ!俺!奈美…いつも奈美を見てるよ…可愛いね…今奈美を考えながらフル勃起したチンポでオナニーしているんだよ…奈美…奈美…ハァ…ハァ…一緒に気持ち良い事しようよ…」
なんて伝えたら、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】地味だけどライブチャットでは淫乱な私【実話告白】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
私はあるライブチャットのサイトで、チャットレディをしています。
最初はお金が必要だったので始めた事だったのですが、最近は…元々かなりエッチだった事も関係していると思うのですが、チャットでリードの上手い人に、本気で何度も逝かされてしまうんです。
リアルでは地味で、実際彼氏がいたのは、1回きりでほとんどエッチもした事はないんですが…。
その彼は蛋白な方で、私はエッチな自分を出したら引かれると思って、あまり気持ちいいエッチはなく、逝ったふりをしたりするくらいでした。
ですが、エッチな事には本当に人一倍興味があって…。
物心ついた頃には、机にアソコを擦り付けて角オナをしていたり、中学生では、親の本棚から官能小説を見つけてコッソリ読んではオナニーしたりしていました。
だから、実際の経験はなくても、オナニーや妄想はしょっちゅうでした。
高校生の頃から少しだけアカ抜け始め、黒髪のストレートロングに生まれつきの二重で大きな瞳が、異性に魅力的に映るという事も意識し始めたりしていました。
その頃から私は、学校では今時珍しいくらいおしとやかな女の子を演じ、そして、そんな自分が実はとても淫乱…、というシチュエーションに酔っていました。
今もその感じはありますね。
改めて思うと恥ずかしいですw
そして、学校から家に帰ると清楚な制服姿のまま、全身が写る鏡の前で、だんだんといやらしくなっていく自分の姿を見ながらオナニーするのが、日課になっていました。
私はどうもMっ気が強いようで、いつもする妄想は、痴漢やレイプで無理矢理犯されていく内に、本当の淫らな自分を知られてしまう、というのが多かったです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【出会い系】SNSで知り合った人とテレホンセックスに興じていた中高時代【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
僕が中3から高校生までの時、電話エッチにガッツリハマっていた。
その当時は今よりもモ○ゲーとか、m○xiとかの規制が緩くて、普通にアドレス交換もできていた時だったので、サイト内で片っ端から足跡ついた人に
「足跡ありがとうございます。よかったら仲良くなりませんか?」
と、送りまくり、キッカケを作っては仲良くなり、直メをして、電話もするようになったのだ
「ミカは、なんで俺と電話してくれるの?」
「声がちょうどいい低さで、落ち着くの!」
そんな事を言われ始め、声の低さも売りにし始めていた。
「あーミカ、俺ムラムラする」
「何言ってるの?もしかして、今やってるの?」
そう乗ってくる人はヤレた。
「やってるよ。ミカの声にムラムラして、おっきくなってきたからさ」
「えっちー、なんか、息荒くなってるよ?サトシ」
「ミカの事触りたい」

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【手コキ】婚約者いるけど年下の新米パパと絶賛不倫中【実話告白】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
「あっ・・・ああっ!!やめ、耳はダメ・・ぇ」
「駄目って言われて、やらない人はいないと思うけど・・・?」
「ひあ、あ、もうっ、舐めながら突かないでえ・・・!いく、イっちゃうよお」
現在、
私:同棲している婚約者持ち。
彼:結婚して子供がいる新米パパ。
とあるラブホで、絶賛不倫中。
「っ!・・・締まる・・●●●、イく?」
「いやぁあっ●●さん・・・!我慢できないよう・・あっあっ」
「いいよ、沢山イって・・・愛してるよ、●●●・・・」
「私もっ・・・愛し・・て、あっダメぇっ・・・そんなに、突いたら・・・あっ!あああッ!っ―――――!」
もちろん、いきなりこんな関係になったわけではない。
サービス業の店長を私がやっていた頃、お店の常連客だった年下くん。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年8月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【オナニー】今夜の出来事の続き【実話告白】

前回の話はコチラから。
早苗です。
今夜の出来事ではないのですが話ついでに、先日物凄く興奮した出来事を教えます。
彼は単身赴任してきてますが二ヶ月に一度ほど九州の家に帰ります。
私はその時が大嫌いでした。
なぜなら彼は必ず奥さんともセックスをするからです。
私は毎回奥さんとどんなエッチをしたのかを確認し
『奥さんにしたように同じようにして!』
と言うと彼は
『まずキスをして首すじから耳たぶを舐めてうなじにも舌を這わせると家内は感じ始めて喘ぐんだ…『貴方…貴方…』って待ってたの…って言わんばかりに、悶えるんだ…』
といつも教えてくれるのです…それを聞くと異常に嫉妬心が起こりますが妙に興奮するので
『課長~今度帰って奥さんとセックスするなら、電話で生のセックスの声を聞かせてよ!』
とお願いしてみました課長は
『わかったよ』
と言ってくれてましたが先週の金曜日から土日にかけてとうとうその日がきました。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年8月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

このページの先頭へ