【職場】同じ大学の先輩に、モデルを引き受けるにあたって10日間オナ禁するように言われた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学時代の時のことを書きます。
当時は少しトラウマになりそうだったけど、今はもう大丈夫なんで思い出しつつ書きます。
大学から1人暮らしを始めた僕は、入学して落ち着いた後にコンビニでバイトを始めました。
そのバイト先には同じ大学で2年の先輩がいて、名前は奈美さんと言いました。
奈美さんは黒髪の似合う落ち着いたお姉さんという感じでしたが、美術学科という事もあり、僕がいつも話す周りの友達とは少し感覚が違う点が見られ、その新鮮で楽しい会話は僕の楽しみでもありました。
同じ大学という事もあり、次第に仲が良くなっていった僕達は、秋から冬に変わろうとしてる頃に初めて一緒にバイト先から帰りました。
話の流れの中で奈美さんが
「健くんは今彼女いないんでしょ?寂しくなったりするの?」
と聞いてきました。
「そうですね」
と僕が答えると
「あ、でも1人で処理するのには困らないか」
と奈美さんが笑いました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【大学生】親戚のお姉さんにヌードデッサンのクロッキー帳を見られて【実話告白】

高校卒業してから、京都に部屋を借りて1人暮らしを始めた。
京都には親戚のお姉さんがいた。
親戚のお姉さんは昔から仲が良かったので、心配してよく部屋に顔を出してくれていた。
俺とは3歳しか違わないのに、OL始めてから急に大人びた美人になっていた。
ある土曜日の夜、今から部屋に来ると電話があった。
部屋に来たお姉さんは、会社の飲み会の帰りで結構酔っ払ってた。
シャワーを浴びて俺のパジャマに着替えると、俺の所に泊まると家に電話した。
俺も暇だったし別にいいかって感じだった。
お姉さんはまた缶ビールを飲みながら、俺と色んな話をしていた。
話題はやっぱり俺の学校の話。
デザイン系の学校だったから、授業で描いた作品なんかを見せていた。
その内の1冊のクロッキー帳をお姉さんは手に取った。
俺は一瞬「あっ」と思ったが、隠すのも変なので渡した。
そこには授業で描いたヌードモデルのデッサンが何ページにも描かれていた。
「え?これも○○が描いたん?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

このページの先頭へ