【フェラチオ】眠れなくてデリヘルを呼んだ時の話【実話告白】

まずチャイムと共に嬢が来たわけだ。
迎え入れながらも顔をチェック。
写真とは恐らく別人だが、可愛さ指数的には2割減程度、問題ない。
デブでも無かったし。
とりあえずどうしていいか分からず雑談を始めた。
嬢「何でここ選んだんですか?高いですよ」
俺「適当に片っ端から電話しました」
嬢「私実はSMクラブもやってるんですよー」
などと言いながら縄やムチを取りだした・・・。
特にオプション料金は必要ないらしいが、俺はノーマルなので丁重にお断りし、レッツシャワータイム。
俺「シャワーは隣人とこ近いんで静かにしてね☆」
嬢「はーい☆」
嬢はやかましかった。
オニンニンをよく分からない消毒液で消毒され、唐突にぱくり。
が、先端のみで低刺激の為半勃ち状態。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】ずっと片想いしていた、高嶺の花だった女性と再会【実話告白】

俺にはずっと片思いしていた女性がいた。
中学の入学式で見かけてから、完全に一目惚れ。
芸能人で言うと、桐谷美玲みたいな感じかな。
名前は美玲としよう。
背が高くて綺麗な顔立ち、勉強もでき、そして性格も最高だった。
もちろん他の男子連中にも人気があった。
中1と中3は同じクラスだったが、高嶺の花すぎて当時は会話をほとんどした記憶はない。
何とか同じ高校に通いたくて、受験勉強を必死で頑張った。
そして、念願の同じ高校へ進学できた。
しかし高1・高2と別々のクラス。
会話どころか、顔を見る機会も少なかった。
美玲は高校生になって一段と綺麗になり、校内でも有名だった。
高3になった時にようやく同じクラスになれた。
勇気を出して同中をネタに何度か話しかけた事を覚えている。
その時は本当に緊張しすぎて、何を話したかも全く覚えていない。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【職場】職場でオナニーっぽい事してた可愛い後輩【実話告白】

巨パイさん。
22歳・女。
身長150cm台半ば。
体重普通。
巨パイさんというのは俺が勝手に作った言葉で、会社の後輩のあだ名です。
本名にも微妙にかかったあだ名ですが、もちろん本名は非公開です。
あだ名って言っても俺が頭の中で勝手に呼んでるだけです。
巨パイっていうのは巨大オッパイって意味ではなく、いや実際巨乳なんだが、その上パイパンなので巨パイさん。
巨パイさんは白人系の在日○世らしいが、その遺伝っぽい特徴は巨乳と色の白さと、乳首が真っピンクなところくらいで、背は低いし顔は純和風美人だし、髪も黒い。
天然パイパンではなく、放っておくと濃いのが生えてくる。
陰毛も黒い。
小柄で体は細くて、だがおっぱいはF~。
聞いただけだとスタイル良さそうだが、実際に見ると凄いアンバランスなので、申し訳ないが正直不格好な体型という感想。
巨パイさんはある日オフィスで、俺が後ろにいる事に気付かず、周りに誰もいないと思って、スカートの中に手を入れてお股のあたりで、もそりもそりと何かやっていた。
その作業?が終わって手をスカートの中から出すと、スカートをぽんぽんと叩いて

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ