【大学生】同じサークルの女の子で脱童貞【実話告白】

俺の初体験は大学三年の時。
相手は同じサークルだった同期のルミ子(他学科)。

ルミ子は彼氏と別れてから間もない頃だった。
俺は前から思いを寄せていたので、これはチャンスと思ったが、
臆病な俺はコクれないまま様子見に甘んじていた。

そんな時、サークルで飲み会。
俺はルミ子のとなりでしこたま飲んだ。

飲んでベンロンベロンになってしまい、
お開きになってからもルミ子が俺を積極的に介抱してくれた。

他の奴らはあまり気にもしてないみたいで、
俺の事はルミ子任せでさっさと二次会の場所を告げて行ってしまった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年9月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【実話告白】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】美人な嫁を会社の後輩に寝取らせました 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

考える時間を与えて、あとは返事を待った。
一週間後、高木はさんざん悩んだ挙句、OKしてくれた。

「でも俺うまく出来るかどうか・・・」
「ダメならダメでいいよ」

「いや、てゆうか、なんつうかその、そういう意味じゃなくて・・・」
「どういう意味だ?」

「あの、うまいこと調整っていうか・・・」
「ああ、嫁が本気になっちゃうかもってこと?」

「まぁ、はい」

実話告白体験談関連タグ



2015年1月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた 【実話告白】

嫁の優香とは、結婚してもう17年も経つ。まだ20歳だった優香を妊娠させてしまった私が、責任を取って結婚した形だった。

優香は、大きな総合病院のナースだった。当時30歳の私は、その2年前に独立起業して、自分でも驚くほど順調に業績を伸ばしていた。そんな中、趣味のフリークライミングで指を酷く脱臼してしまい、治療に行った先の病院にいたのが、優香だった。

まだ見習いみたいな感じだった優香は、あまり上手とは言えない手際で、私に包帯を巻いてくれたものだった。
思っていた以上に重傷だった私は、結局半年以上も病院に通い、優香とはすごく親しくなった。
頼りなかった優香が、どんどんしっかりしていき、ナースとして成長していくのを見て、若干親心みたいなものを感じていた。

優香は、おっとりした顔をしていて、優しそうなイメージだ。でも、色々と話していると、芯が通った負けず嫌いの頑張り屋さんだった。
優しそうな雰囲気で、ルックスもかなり可愛く、おまけにけっこう胸も大きかったので、ちょくちょく他の患者さんにセクハラめいたことをされたりもしていたみたいだけど、けっこう強烈に反撃したり説教したりして、病院でも怖いナースとして有名になってきていたようだった。

でも、普通に接している分には、本当にいい子で、私は多少下心を持ちながら、食事に誘ったりするようになった。

最初は、
『高橋さんは、そういうキャラじゃないですよ! セクハラしたら、私怖いからw』

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】結婚初夜に蹂躙されて知った嫁の過去 【実話告白】

今日は、大学時代から6年の付き合いの優子との結婚式だ。優子とは、大学2年の時に友達の紹介で出会った。たまたま趣味が同じ映画鑑賞で、一緒にちょくちょく映画を見に行ったりするうちに、優子の方から告白してくれた。

ナヨッとして、男らしさの欠片もない僕は、それまでモテたこともなく、女の子と付き合ったことも一度もなかった。
それどころか、女の子と二人で映画に行ったり、デートっぽいことをするのも、優子とが初めてだった。

それに引き替え、優子はかなり可愛いと思う。大島麻衣の前歯を引っ込めたような感じだと思う。そして、着衣の上からでもはっきりわかるくらいの大きな胸をしている。お尻もちょっと大きめなので、外人さんみたいな体型だなと思う時がある。
そんな風に、僕から見たら違う世界の人間に思えるほどイケてる優子だったので、僕は最初からあきらめていた。

なので、逆に意識せずに接することが出来たのだと思う。付き合えるなんて夢にも思わずに、同姓の友達に接するような態度で接していた。

『浩くん、私たちって、付き合ってるんだよね?』
映画が終わったあと、コーヒーショップでクッキーを食べながら、急に優子が言ってきた。
この時の僕は、本当にフリーズしていたと思う。一瞬、意味がわからず、
「え? 今日?」
とか、意味不明の返答をしてしまった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】消えた女房と送られてきたDVD 【実話告白】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泥酔状態】泥酔女で人生最高の射精感を味わった【実話告白】

朝方路駐の車の中にいた2人の女をやっちゃった話

翌朝の会社のゴルフコンペのため早寝したおかげで
3時に目が覚めてしまい、支度して会社の駐車場へ向かった

駐車場の前にそれほど邪魔にはならないが、
他県ナンバーのワンボックスが路駐していた

車を止めワンボックスの中をそっと覗いてみると
セカンドシートを倒して2人の女が寝ていた

前席の背もたれで見づらかったが
助手席後ろの女のスカートがまくれ上がりパンツが見えていた

ドッキリしたが周りを見渡し誰もいない事を確かめ

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:泥酔状態での体験談

【友達】小中学校の頃の、幼馴染二人とのエッチな話【実話告白】

ここの体験談を読んで、自分も書いてみようと思った。
思い出しながらなので一部脚色もあるし長いけど、小・中の頃にあったエッチな話です。

A:外で遊ぶのが嫌いな男子。そろばんと書道通ってた。
B:バレークラブの女子。小4くらいから胸が膨らんできてた。元気。
C:本読むのが好きな三つ編みメガネ女子。小柄で仕草が女の子っぽくてかわいい。

自分(A)とB、Cの三人は家がすぐ近くで幼稚園の頃から一緒に行動してた三人組だった。
あちこち畑があるような田舎で、うちは実家で商売してて父母、それに歳の離れた兄姉は働いてて習い事の無い日はいつも家で一人だったから、両親が共働きしてたB、Cはよくうちに遊びに来てた。たまにBやCのきょうだいが来る時もあったけど、この3人で遊ぶことが多かったと思う。

当時はファミコンが世間に現れた時代で。
自分とBはマリオとかスカイキッドとかに熱中して、Cはうちに大量にあった児童向けの本を片っ端から読んでる、そんな日々。

まず小5〜6の頃の話。
学校で性教育があった日の放課後に、Cが。あれ本当なの…?って。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】妻のまりやが、フィスト狂いだった 【実話告白】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】内緒話【実話告白】

朝から真夏日でした。
夏休みの真ん中です。
仕事は1週間の夏休みをとってぶらぶらしていました。
いろいろと予定を立てましたが何もする気になれませんでした。
つまらない休暇も、千恵ちゃんのおかげで楽しく過ごせたのです。
前夜から千恵ちゃんのことを考えてもんもんとしていました。
千恵ちゃんも昨日のことを考えているはずです。
約束はしなかったけれど千恵ちゃんは絶対来るはずです。
朝から早くこないかなぁと待ちくたびれていました。
わざと窓を開けっ放しにしておいて大きな音をたてていました。
やはり千恵ちゃんは朝から遊びにきました。
家の人が出かけるのを待っていたみたいです。
ばたばたと子供の走る音がしました。
ばたんと音を立てて千恵ちゃんが飛び込んできました。
ビーチサンダルをそこに乱暴に脱ぎ捨てて飛び込んで来ました。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ