【友達】おしっこの味見 1【実話告白】

きっかけは私が小4の時の親友のYの一言です
Yの家で遊んでいた時に急に
「ねぇ愛菜(私)おしっこって飲んだことある」
「いきなり何言ってるのよ 飲んだことないよ」
元々不思議な事をいう親友でまさかこんなこと聞かれるなんて思わなかった
「やっぱり~飲んでみたくない」
「飲みたくないよ汚いから」
「気になるじゃん どんな味か」
「私は気にならないよ」
「でも私は飲みたいからおしっこ飲ませて」
Yは新聞を下に敷き
「さぁ~~」
「もしかして私が出すの?」
「そうに決まってるでしょ」
親友の頼みだしここにはほかに誰もいなしからいいかなと思い

実話告白体験談関連タグ

|||||

2018年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【泥酔状態】超美人の後輩女を忘年会でハメ撮り中出し【実話告白】

ちょい古い話だが今日休みなので書いちゃう

5年くらい前に、職場の忘年会があって
そこで挿入中出しまでしてしまった・・・

女1人 → 後輩、当時26歳 結婚決まっていて彼氏と同棲中  
職場では俺と結構仲が良かった 超が付く美人!!

男3人 → 俺当時29歳、俺とタメの同僚、 
女の子と同年齢の後輩の計3人

忘年会自体は20人以上で開催してたんだけど
二次会で終電早い順に抜けていく感じだったんだが
後輩の女の子が千葉方面に住んでてギリギリ終電を逃してしまう

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年4月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:泥酔状態での体験談

【学校】大学で再会した元カノを性処理奴隷に調教した【実話告白】

東京都/名無しさん(20代)からの投稿
—-
『【中学時代】大好きだった子はヤリマンとの噂が流れてた』の続きです。
俺はただ実家から近いという理由だけで都内の馬鹿だ大学に入学しました。
ある日、いつも通りに教室の一番後ろの隅に陣取ってボーっとしてると、まだ沢山の空いてる席があるのに女の子が隣に来ました。
「あの、間違えてたらごめんなさい!○○中学の△君ですか?」
びっくりしながら顔を見ると、そこには綾がいました。
「綾!?」
「やっぱり!久しぶり~隣で講義受けていい?」
講義そっちのけで綾と話してました。
綾は成長し大人の美しさを手に入れとても綺麗でした。
後に大学のミスコンを2連覇するくらい。
綾「このあと講義ある?良かったらうちおいでよ!」
講義はありましたが、バックレました。
色々と思い出話をして晩御飯もご馳走になり、綾の好意で泊まっていくことになりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】パートに出た妻【実話告白】

妻の奈美は2年前から週4、5回、午前中のみのパートにでるようになりました。
私達夫婦には女の子が二人おり、下の子もあまり手が掛からなくなり、また、子供二人の教育費の負担も今後さらに増えてくるのが明らかだったからです。
私は自宅のある街の隣町で、父から譲り受けた小さな事業をやっており、妻にも帳面や伝票の整理、ちょっとした買い物など、私の仕事の裏方のようなことを手伝ってもらっています。
私の仕事はあまり経営が楽だとは言えないかもしれませんが、父の代からのお客様も多く、細々とではありますがそれなりに安定しています。
妻にはもっと外で働いて、より多くの現金収入を稼ぎたいという希望もありましたが、夕方以降にも勤務を頼まれるような、主婦業や私の仕事の手伝いに多少支障が出そうな職場を避けて、今の仕事を選びました。
妻の再就職、パート初出勤の日のことを、私は鮮明に覚えています。
私達に朝食を食べさせ子供達を学校に送り出したあと、妻は久しぶりにスーツを着て、少し緊張したような、でも何だかうきうきしているような、そんな感じでした。
いつもは二人の子持ちの主婦として、あまり身なりにも気を遣わなくなってきた妻ですが、妻は二人の出産後も20代の頃の体型のままですので、独身時代に着ていたスーツは全く違和感がありませんでした。
若い頃に着ていたスーツですので、スカートの丈が少し短く、ストッキングを穿いた妻の脚の、かわいい膝小僧がスカートから完全に出ています。
私は短いスカートを穿いた妻を、何年ぶりかで見ました。
いや、それどころか最近では妻がスカートを穿くこと自体、葬式や学校の懇談会に行くなどの場合を除けばほとんど無くなっていましたので、ストッキングを穿いた脚を短いスカートから見せている妻は、私の目にとても新鮮に映りました。
「奈美。スカートちょっと短くないか?」と私は言いました。
妻は笑って答えました。「朝から、私にやきもちを妬いてくれるんだ?あなたが私にやきもちを妬いてくれるなんて何だか久しぶりね。」
そして、二人そろって一緒に家を出ました。
もともと性格が明るく、働き者で、気が利き、他人の悪口や陰口を言わない妻は、勤め先でも正社員の男性たちに重宝がられ、あるいは若い女子社員たちのお姉さん的存在として、職場に馴染んでいったようです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【フェラチオ】中学時代に好きだった女子にカラオケで抜いてもらった話【実話告白】

じゃあまずは俺のスペックから

大学2年生 20歳
ヲタ童貞

中学時代はそれなりにイケてるグループに属しており
テニス部に入っていた
属していたと言っても、
リーダー格の奴にくっついて歩くようなレベルだったけどな

女の子と付き合った経験はその黄金期に1度
だが3週間で突如別れを告げられ、キスすらしていない

高校に入ってからはぼっち期突入
それからずっとぼっちで現在に至る

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【ゲイ・ホモ】可愛いと思ってた女の子が男の娘だった件【実話告白】

大学でバンド作ってライブとかしてる
自分で言うのもなんだけど追っかけみたいな
ファンも結構いてそこそこモテてると思う
だから女の子に不自由はしてなかった。

当然男になんて全く興味ない、ヤマジュン漫画とか気持ち悪くて1Pも読めない
正直内心はホモ死ね!キメェ!と思ってた。

バンドのメンバーには俺から見てもイケメンな奴も居るし
そいつらと一緒にスパ銭なんかにも行くから
チンコもケツも見たことあるけどムラムラなんかする訳がない

で、本題
そんな俺がバンドのライブの終わりにメンバーとファミレスで飯を食ってたら
すげぇ小柄で可愛い女の子が向かい側の席から駆けてきて

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年1月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【不倫・浮気】中学時代に好きだった女子にカラオケで抜いてもらった話【実話告白】

じゃあまずは俺のスペックから
大学2年生 20歳
ヲタ童貞
中学時代はそれなりにイケてるグループに属しており
テニス部に入っていた
属していたと言っても、
リーダー格の奴にくっついて歩くようなレベルだったけどな
女の子と付き合った経験はその黄金期に1度
だが3週間で突如別れを告げられ、キスすらしていない
高校に入ってからはぼっち期突入
それからずっとぼっちで現在に至る
今では女という生き物自体が怖い
つーか人間が怖い、でも辛うじて大学には真面目に通ってる
とは言え、1人だけ未だに交友関係の続いている奴がいた
そいつは中学のときに同じグループに属していた奴

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年1月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【ゲイ・ホモ】女装した男とセクロスしたったwwwwwww【実話告白】

簡単にスペック


28歳 公務員
フツメン(雰囲気イケメン)
175センチ 60キロ

相手
38歳
男(いわゆるニューハーフに向かっている途中)
175センチ 70キロくらい?

俺は、年が30近くなってからやたらとモテ始めて、結構楽しい性生活を送っていた。
ただ、俺の性癖が結構特殊で40歳くらいのBBAが一番燃えるという熟女好きだった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【妹】兄「妹のおっぱいが気になってしかたありません」【実話告白】

妹「ふぁぁ……おはよ、お兄ちゃん」
兄「おはよって、昼寝してたのか? もう夕飯になるぞ」
妹「だから起きたのー。んん~っと」プルン
兄「!? おまっ、そんなカッコで伸びとかすんなよ! 女だろ一応」
妹「別にいいじゃん、お兄ちゃんしかいないし」
兄「…………品ってもんは、家族の前でもきちんとする事でだな……」
妹「はいはい。お兄ちゃんは私の世話係だもんね」
兄「……」
妹「ねーお兄ちゃん」
兄「なんだよ」
妹「そんなに気になる? 私のぉ……おっぱい」
兄「っっ!!?」
妹「んひひ~。気づいてないと思ってた?
私がこの家の子になってから、いっつも目で舐め回してるよね? 私のカ・ラ・ダ」

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【M男】スタイル抜群な女子から受け続けるイジメ 1話【実話告白】

この話の内容は主に、キンタマやちんこへのイジメです。
〜玉責めやSMに理解のない人は閲覧注意!〜

俺は、小さな高校に通う学生。

俺は今年2月、友達作りのきっかけを作るために、部活に入部した。
男女共同の、アットホームな雰囲気だ。
なんと、この部活には長身の美脚女子が2人もいるのだ!
さっきは言い忘れたが、俺は美脚には本当に目がないのだ。

ムッツリな俺にとって、この部活は天国とも言えよう。感動までしてしまった。

1人目の女子は、俺と同年齢。名前は「綾」。
肌色は普通。白くはない。脚は長いけど、すこ〜しだけむっちりしてる。スタイルは良いのに少しむっちりしてるっていう、このギャップがそそる。
顔は普通っていう感じだが、どことなく俺の性欲をかき立てる雰囲気を醸し出している。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ