【友達】美帆の寝取られメモリー Part.3【実話告白】

初めて、幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ
そして、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・
それをオカズに燃える、美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。春に園を退職すれば、結婚する秋まで、遠距離恋愛になる。
俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。Part.1での上司、久保との一件のあった後、秋のある日
隣の部屋に越してきたカップルが、挨拶に来た。
男の俺から見ても惚れ惚れしそうなイケメン君と
ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。
美帆と会えない日は、ボイスレコーダーを再生して
久保に寝取られる美帆の声をオカズに、毎晩オナニーをしていた頃だ。エレベーターですれ違う隣の二人もさほど気にはしていなかった。近所の安価な珈琲チェーンの店で見かけた二人も美男美女ゆえに目立っていたが。
ある日、駅前の、食券を機械で購入するタイプの定食屋で、
その彼氏と偶然、相席になったのだ。「あっ、ども、ども、お隣さん」人懐っこい顔で話しかけてきた。
「今日は美人の彼女、一緒じゃないの?」と俺。
彼女とは半同棲で居たり居なかったりということらしい。
名前は聡(さとし)。俺より二歳下で大学中退後4年程飲食関係でバイト。
今は駅裏にあるビルの二階のプールバーで店長をしていると言った。俺も軽く自己紹介を兼ねた会話をしながら食事をしたが、そこで別れた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】おしっこの味見 1【実話告白】

きっかけは私が小4の時の親友のYの一言です
Yの家で遊んでいた時に急に
「ねぇ愛菜(私)おしっこって飲んだことある」
「いきなり何言ってるのよ 飲んだことないよ」
元々不思議な事をいう親友でまさかこんなこと聞かれるなんて思わなかった
「やっぱり~飲んでみたくない」
「飲みたくないよ汚いから」
「気になるじゃん どんな味か」
「私は気にならないよ」
「でも私は飲みたいからおしっこ飲ませて」
Yは新聞を下に敷き
「さぁ~~」
「もしかして私が出すの?」
「そうに決まってるでしょ」
親友の頼みだしここにはほかに誰もいなしからいいかなと思い

実話告白体験談関連タグ

|||||

2018年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続8編【実話告白】

前編は以下のとおり

嫁は少し考えて3人の前で脱ぎだしたらしい。

裸になった嫁を風呂に行かせた後、3人でコスの相談をして用意し、
後輩ABの順に風呂に向かっていった。

入った時はちょうど流し終わった後のようで、
嫁は「順番じゃ無いの?」と聞いてきたが

後輩は「俺たちが順に入るだけで奥さんはここで待機ですよ」と言ったら
そういうことかとすぐに納得したらしい。

まず後輩の体を嫁が洗って流した後、
「じゃぁここで一回ヤる?」と後輩が聞いたら

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年10月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【高校生】自宅近くの女子校は援交する子が多いことで有名だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺の住む関東地方の某県の某女子校は援交の多いので地元でも有名なのだが、そこで今までと違う援交が出てきた。
本番は無しで、オカズになってくれる「触らせ屋」という存在。
オヤジ相手の援交だと、金にはなるが本番までやられてしまうし、ビデオとかで流されるのが怖い。
だから、若くて彼女いなそうな会社員や大学生を逆ナンして体を見せたり触らせたりするだけで、自分で抜いてもらおう、というもの。
それだけで5千円、そこに手コキがプラスで1万円だった。
俺は営業の仕事をしてるのだが、ちょいと上手くいかず、いつものデパートの前で一服してサボっていた。
ここは地元の女子高生が多い若者スポットで、ミニスカが多く拝めて目の保養になるので、彼女のいない俺はちょくちょく来て視姦していた。
ふと、ショーウィンドにバイクのハーレーが飾ってあることに気がついた。
バイク好きでもある俺は何気なく見ていたら、そばでバイクを見ていた2人の女子校生が話しかけてきた。
「格好いいですよねー、バイク好きなんですか?」
「あぁ、好きだよ」
何気なく話が少し盛り上がり、すぐ隣のファーストフードでお茶しながら喋る事になった。
1人は髪がセミロングで目が大きい子、もう1人はショートで少しだけポチャっとした子。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【友達】生保レディと【実話告白】

九州は博○在住です、保険加入と言う職権を乱用致しました。色気のある生
保レディを物色していましたが会ったのは中年のN性レディでした。積極的に
売り込む女性ではありませんでしたが中年の割りにスリムで背が高く好みの
顔でしたので何度か話を聞きました。しかし出来そうな感じの女性ではなか
ったので別の会社を探そうと思い断ったら、「もう計算に入れていて断られ
ると困る」と言って来たのです。
駄目でもともとと思い「エッチしてくれたら入るよ」と言うと案の定、それ
ではお断りしますと話は終わったかに思いました、しかし一ヶ月が経ち久々
に連絡が来ました。
「エッチは出来ませんが入って頂けないか?」との事で再度会うと困った顔
で、「年末で苦しいんです、お願いします」と言うので「じゃー、フェラし
てくれたら入るよ」軽い気持ちで言いました。
すると少し考えてから、「ではそれでお願いします」と言うのです。私は驚
き、あっさり契約に応じました。
約束の日にホテルに誘うとホテルは困るとの事でカラオケBOXで合意してくれ

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年9月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】綾香のオシッコお漏らし【実話告白】

報告します。
綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。
今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。
今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。
最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。
平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。
特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。
綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。
電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。
当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。
綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。
すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。
電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。
Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。
次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あぁ~人肌恋しい~、誰か~【実話告白】

「あぁ~人肌恋しい~、誰か~」

アタシの名前は『錦川 翔子(にしきがわ しょうこ)』
高校2年 陸上部 主に幅跳び
あのぶっ飛んだ時の開放感がたまんないのよね~(−−)(_ _)ウンウン
ちなみに髪型はツインテール♪♪

そうそう今のアタシは非常に人恋しい
もう、彼氏レベルの女の子から友達レベルの男の子まで
だれでもいいの!!
ってまぁこんなことばっかり言ってるから
人からバイセクシャルとか言われちゃうのよね~(汗)

ってこんなこと言ってる場合じゃないわ!!
どーにかしなきゃ

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【おっぱい】【レイプ】かなり可愛い女子高生を帰宅途中に強姦した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
まず初めに書くと、この女子高生は8カ月くらい前からずっと狙っていた。
当時は高2で今は高3だ。
この娘の名字や住所、通学パターンは事前に把握していた。
唯一問題だったのが、いつも3人で帰宅する点だった。
恐らく部活かクラスの友達なのだろう。
方向は別々だが最寄駅も同じで、駅から自宅までの区間に強姦できそうな場所は無く、学校の近くにある変電施設が唯一の強姦ポイントだった。
俺も毎日活動出来るわけではなく、もう諦めかけていたところでチャンスがやってきた。
当然写真を載せるわけにはいかないので想像してもらうしかないが、とにかく可愛い。
1回きりではなく拉致って自宅で飼育したいくらい可愛い娘だった。
その日、その娘が初めて1人で帰宅する姿を見て一気に鼓動が加速した。
襲う場所周辺は十分に調べ尽くしてあるし、女子高生の後ろには帰宅する生徒はいなかった。
変電施設は周囲を金網で覆ってあり、その周囲をさらに高さ2メートルくらいのコンクリート壁で覆ってある。
金網とコンクリート壁との間には2メートルくらいの間隔があり、道路からの出入りは自由だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】公園デビュー【実話告白】

秋の初めだというのに、その公園ではまだ蝉時雨が聞こえた。
「お、おかあさん・・・」
公園に一歩踏み込んだ息子が、不安そうに振り返って母を見た。
「大丈夫よ、きっとすぐにお友達がいっぱい出来るから」
石野由実恵が白い手で息子の手を引っ張り、砂場へ向かう。
この日が5歳になる伸太郎の公園デビューだった。 「みんなこの子と仲良くしてあげてね」
「はーい!」
子供達は思ったよりも簡単に我が子を受け入れてくれた。
さっそくみんなに混じって砂遊びする伸太郎を見守りながら、由実恵はホッとしていた。
夫の急な転勤で、9月中旬という中途半端な時期に、この町に引越ししてきたからだ。 (さあ、まだあと一つ残ってるわよ、しっかりして)
自分で自分に気合いを入れると、パンプスを履いた足を談笑する母親達に向けた。
3人の母親達は皆、29歳の由実恵と同じくらいか、少し年上でいかにもハイソだ。
「あら、あなた・・・」
「はじめまして、昨日新しく越してきた石野由実恵です。よろしくお願いします!」
第一印象を良くしようと深々とお辞儀すると、長い黒髪が前に垂れた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】大学の時に片思いだった先輩に初めて中出しされた時の話【実話告白】

<>206名前:祐美投稿日:2009/03/03(火)06:59:39ID:agpJoeQJO<>
大学の時に片思いだった先輩に初めて中出しされた時の話

大学に入って、サッカー部のある先輩に一目惚れをしました。背が高くて、少し日焼けしてて、カッコイイ人でした。

その先輩と私は何も接点がないので、
とりあえず何か知り合うキッカケを作るためにサッカー部のマネージャー里美に相談にのってもらいました。
私「サッカー部の〇〇先輩って超カッコイイよね!あたし仲良くなりたいんだけどなぁ」

里美「先輩にはつき合い始めたばかりの彼女がいるんだよ
しかも、その彼女は清楚で頭もよくて加藤あいに似ていて、細くて、めちゃ可愛いんだよ〜。」

正直、ショックでした。カッコイイから彼女がいてもおかしくはないと思ったんだけど、自分には勝ち目が無い気がしました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年5月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ