【おっぱい】放課後、同級生の女子にマンガを貸す事になった【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
この話は中2の1学期も終わる頃の話です。
自分はそんなに格好良くもなく、頭もあまり良くなかったです。
そんなある日の放課後に、同級生だけどクラスメートではない女子に、
女子「◯◯君(当時人気だった漫画)さ、集めてる?」
自分「集めてるよ」
女子「じゃ、読みたいから明日持って来てくれない?ダメかな?」
自分「良いけど、…全部?(確か当時30巻まで出てた)」
女子「5冊ずつぐらいで良いよ」
自分「分かったよ」
その日はその位の会話で終わり、彼女は部活に行きました。(確かバレーボール部)
彼女とは付き合いたいという意識は当時はなく、只の同級生の女子としか見てなかったです。
翌日から彼女との放課後デートが始まりました。
1日目はクラスメイトが部活なり帰宅で居なくなり、運動場や中庭から掛け声が聞こえてきました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ