【マニアック】出会い系で妻が・・・【実話告白】

私は40代のサラリーマンです。
妻の綾子も40歳になりましたが、30台に見える美貌を維持していました。
私の会社の同僚(加藤)と飲んだときの話しです。
加藤は×1になって数年経っており、最近では出会い系にはまっているそうです。
『一ヶ月程前に出会った主婦だけど昨日、写メ交換したんだ』と、言って見せてくれた画像を見て、私は驚きました。
妻の綾子だったのです。
妻が出会い系を利用していたなど思いもよらない出来事に頭はパニックになりましたが、別の考えが浮かびました。
私は以前から知らない男と妻のセックスを想像してはオナニーしていたのです。
夢を実現するチャンスだと思い加藤に真実と私の寝取られ願望を話したのです。
加藤は理解してくれ『このまま交際を続けて、経過も報告する』と、約束してくれたのです。
数日後、加藤から『金曜の夜、奥さんが食事だけの約束で会ってくれる』と、報告がありました。
妻からは夕食の時に『金曜の夜、友達と食事に行っていいかな?』と聞かれました。
「ああ、行っていいよ。たまにはゆっくりしておいで・・・」
と、答えておきました。
金曜の夜、帰宅した私は一人で夕食を済ませドキドキしながら妻を待ちました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2018年1月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【友達】従順な妻  援助妻編【実話告白】

私達は40代同士の夫婦です。
妻・愛子は20歳の時に出来ちゃった婚で結婚したのでした。
その子供も進学のため家を出たので40歳を前に二人だけの暮らしになったのです。
二人だけなった私は妻に様々なプレイを教えていきました。
初めて私の前で男を受け入れた時は泣いていた妻も、何十人もの男を知って淫乱な女になっていきました。
私も変わっていく妻に満足していましたが、妻に新しいプレイをさせてみたくなったのです。
3P・スワップ・複数プレイ・貸し出しプレイ・SMと経験している妻に新しいプレイなどなかなか思いつきません。
ようやく、思いついたのは妻と面識のない知人に妻を『お金に困っている主婦』だといって抱かせてみようと思ったのです。
そうです、妻に援交主婦を演じさせることでした。
いままでプレイ相手の男性はネットや出会い系で探した男達やスナックのマスターでしたが、知人となると慎重に選ばないといけません。
よく考えた結果、1年ほど前に同じ支店に配属された飯田君に狙いを定めました。
彼は、39歳で×1です。
彼とは何度となく飲みに行って気心の合う間柄で、私を先輩とたててくれるのです。
妻に彼の写真を見せて了解を得た上で彼を飲みに誘いました。
1時間程、会社の話しや世間話しで酔いも回ってきた頃に切り出しました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【王様ゲーム・複数】妻からの贈り物。【実話告白】

私は45歳で普通のサラリーマンをしています。
家族構成は妻の友美(41歳)、娘(16歳)です。
娘はクラブの練習の都合で高校の近くに住む妻の両親の元から通っているため二人だけで暮らしです。
私が40歳の時、寝取られ系サイトを目にしたのをきっかけに妻にも経験させてみたいと思うようになったのです。
半年間は妻に言い出せずにサイトを見るだけで我慢しておりましたが思い切って妻に切り出しました。
結果は予想どうり『NO』でした。
私は粘り強く妻を説得し続け、妻を他人に抱かせる夫の心情がよく分かる読み物などを読ませて、妻を洗脳していったのです。
妻の反応も『NO』から『男性ってそんな風に考えているのね。』に変わり、『倦怠期を迎えた夫婦にはいいのかも・・・』と言うようになってきたのです。
ここまでくれば妻を押し切るには時間はかかりませんでした。
でも、いきなり3Pやスワップはできないと言います。
私と一緒に男性と会って『最後までできなくてもいいなら』と条件付で認めてくれました。
早速、私はサイトで事情を理解してくれる男性を募集しました。
十数人の方から応募があり、数人の方に絞ってメールでやり取りして一人の男性に決めました。
男性は佐藤さん(42歳)というかたで奥さん(34歳)と結婚以前から複数プレイやスワップを実践してるそうです。
現在、奥さんは妊娠中なのでプレイはお休みされているそうです。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【フェラチオ】20歳の妹と脱衣場で…【実話告白】

俺23歳の会社員で実家暮らししています。妹20歳、専門学校に通って美容師目指してます。親父はそろそろ定年退職する会社役員、お袋は専業主婦。
そんな家族構成で、去年の夏休み親父たちは法事で田舎へ2泊3日で出掛けた日の夜、夕食を妹と二人で近所のファミレスで済ませて、それぞれ自分の部屋で過ごしていました。
22時頃、俺は風呂に入ろうと脱衣所の扉を開けたところ、ちょうど風呂上がりの妹がタオルで身体を拭いている最中だった。
俺は慌てて「おっと!すまんっ!」と言って扉を閉めようとした時、「お風呂?」と聞かれ、「ああ…」と答えると「入っていいよ、今出たところだから」と言うではないですか!
『いいよって言うけど…』そんな事を思いながらも俺は扉を開けて中に入っていました。
出来る限り妹を見ない様に妹に背中を向けると、正面には洗面台の鏡が…
鏡越しに妹の裸が丸見えです…
見るなと言われても視線はどうしても妹の身体へ…
それを気付いているのかいないのか妹は平然と身体を拭き、パンツを履くと、そのままの格好で髪の毛を拭き始めた。
その時初めて鏡越しで俺と視線が合い「やだぁ~見てたの?(照笑)」と言われ「あ、いや…ちょっと見えただけだよ…(苦笑)」と、ちょっとどころが穴が開くほど凝視していたなんて言えず誤魔化してると「まぁ別にいいけどさ(笑)」と、あっけらかんと言われて『えっ!?見ても良かったのか?』と内心ドキドキしてキョドっていると「お兄ちゃんもしかして興奮しちゃった?(笑)」とニヤニヤしながら聞いてくるから「そ、そんな訳ないだろっ…」と、平静を装って答えたつもりだったが「へぇ~、そぉ…」と明らかにバレバレな訳で(苦笑)
それでも何とか誤魔化そうと妹に背中を向けながら服を脱ぎ、ギンギンのチンコがバレない様に浴室へと入ろうとした時、「あっ、そうだ!お兄ちゃん…」と呼び止められて不覚にも「なんだ?」と振り向いてしまい、マックス勃起チンコを見られてしまった…
「あ~やっぱり興奮してるじゃん!(笑)」と…
もう誤魔化し様が無いので腹をくくって「そうだよっ!沙織の裸見て興奮しちまったんだよっ!」と半分逆切れ気味に言うと「そんな怒らなくたっていいじゃん…私は別に構わないと思ってるし…て言うか正直嬉しいし(照笑)」と言うではないですか…
俺は頭の中が「?」でいっぱいになり黙っていると「だって私の事ちゃんと女として見てくれてるって事でしょ?オチンチン大きくしてるって事は(笑)」と言われて「そ、そりゃそうだろ…妹の前に女なんだから沙織は…女だから妹な訳だし…」と、訳の分からない事を口走っていた…
すると突然「ねぇ!背中流してあげるよっ♪」そう言って俺を浴室へ押し込もうと背中を押して来た。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】スロットにはまった若妻を罠にはめた【実話告白】

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。
今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。
閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。
そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。
5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。
確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw
当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。
あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。
そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。
初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたw
とは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。
なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。
そんなある日、環奈に出会った。
後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。
俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も引いて幸先良いなと思っていた時、隣の台に座ったのが環奈だった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】男性に依頼し、妻を寝取らせる計画 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

妻のスペックについて

年齢は35歳
肌が白くまたどんな化粧品でも荒れることの無い
強く綺麗な肌をしています。

身長は156cmで45キロ前後を行ったり来たりしてます。
良く似ていると言われるのが菅野美穂、浅尾美和
といった感じの顔です。

私は似ていると思った事が無いんですけど、
他人がそう言うのだからそうなのかもしれません。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2016年10月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】男性に依頼し、妻を寝取らせる計画【実話告白】

男性に依頼し、妻を寝取らせ、報告書を書いてもらいました。
完全に寝取られた訳では無いですが、下記が1回目の
報告書です。

初めての印象はとても良いものでした。
写真よりも素敵ですね。
この女性に触れられると想像しただけで勃起していました。

ファミレスでは世間話もしつつ、どこの調子が悪い
なんて話もしていました。

その後ホテルに移動し、世間話をしながら水着の上から
オイルで足裏から肩、腕をマッサージしていきます。

最初はやはり緊張からか体も固くぎこちないものでしたが、

実話告白体験談関連タグ

|||

2016年10月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続43編【実話告白】

前編は以下のとおり

寝室の方に行って少しは二人のあーでもないこーでもない
みたいなやり取りをしているのが聞こえたんだけど、
すぐに静かになった。

ああ、始まったかな・・・と思いつつ泣きそうになる俺。
と、ここで意外な展開になった。

すぐに素の表情の嫁が戻ってきて俺に一言。
「寝てるのか寝てないのか分からないけど、私、嫌だからね。
ちょっとお茶買ってくるから」

そのままコンビニに出かけてしまった。
俺、寝たふりのまま身体が固まっちまった。

実話告白体験談関連タグ

|

2016年8月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】親父が来たら嫁にフェラさせてる 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

親父を駅まで車で迎えに行ってファミレスで飯食ったんだけど、
帰りに車の中で親父と嫁がイチャイチャしててワラタ

後部座席で親父が嫁の胸を触り始めて、
その内興奮したのかペニス出して嫁に触らせてた

嫁はキャーキャー笑いながら、親父の股間に
タオルケット被せて触ってた

家に着いたら嫁と親父が一緒に風呂入って、
お風呂で洗いっこしてたよ

俺は風呂の前で様子をうかがってたけど、

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2016年3月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【出会い系】巨根の大学生と 【実話告白】

私 関東/♀/当時22歳/159・48 相武紗季似

相手 関東/♂/19歳/183・7? 写メなし大学生

一人で外食で夕飯済ませてしまう事が多い私。生理前ってのもあったけど、この日はすごく疲れててファミレスで夕飯&ビール一杯だけ飲んだら、

それだけで酔っ払ってしまってなんか寂しくなってきた… で、一人で帰りたくなくなって出会い系。(多分依存症でしたね。この時期は…)

あまり食指が動くのが見付からないから投稿。なんとなくフィーリングでいますぐこのファミレスに来てくれるっていう年下の男の子を選ぶ。たまにはいいかと。。

もちろん、どっか泊まりたいって内容なので余程のことがない限り即エッチ予定。
メールで誘導しながら、自分の席伝えてご対面♪

現れたのは、ほんと普通の大学生。チャラくもなく落ち着いてる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2016年1月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談
1 / 7312345...102030...最後 »

このページの先頭へ