【友達】美帆の寝取られメモリー Part.3【実話告白】

初めて、幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ
そして、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・
それをオカズに燃える、美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。春に園を退職すれば、結婚する秋まで、遠距離恋愛になる。
俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。Part.1での上司、久保との一件のあった後、秋のある日
隣の部屋に越してきたカップルが、挨拶に来た。
男の俺から見ても惚れ惚れしそうなイケメン君と
ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。
美帆と会えない日は、ボイスレコーダーを再生して
久保に寝取られる美帆の声をオカズに、毎晩オナニーをしていた頃だ。エレベーターですれ違う隣の二人もさほど気にはしていなかった。近所の安価な珈琲チェーンの店で見かけた二人も美男美女ゆえに目立っていたが。
ある日、駅前の、食券を機械で購入するタイプの定食屋で、
その彼氏と偶然、相席になったのだ。「あっ、ども、ども、お隣さん」人懐っこい顔で話しかけてきた。
「今日は美人の彼女、一緒じゃないの?」と俺。
彼女とは半同棲で居たり居なかったりということらしい。
名前は聡(さとし)。俺より二歳下で大学中退後4年程飲食関係でバイト。
今は駅裏にあるビルの二階のプールバーで店長をしていると言った。俺も軽く自己紹介を兼ねた会話をしながら食事をしたが、そこで別れた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【盗撮・覗き】3年A組の男子達の災難②【実話告白】

授業の合間の休み時間、稔の机の上に剛司がどっかと乗っかって何やら話している。

「しっかし、こないだは参ったよ。プールの授業終わった後 更衣室で着替えようと思ったら、服がないんだよ。 それであちこち探してるうちに次の授業の時間になっちゃって、 海パンのまま教室戻ったんだよ。女子も見ている中、仕方なく ジャージに着替えたんだけど、さすがにあれはハズかった……」「で、結局服は見つかったの」「教室のオレのロッカーの中に入っていたよ」「へぇ、こないだ覗き見した仕返しされたんじゃないの」「だとしか考えられない。現にあの連帯責任取らされた日から、 あいつら調子乗ってるからな」「ホームルームでチクれば?」

「ああ、オレもそのつもりなんだけどな」
3年A組の教室では、いつものように授業の後、ホームールームが行われていた。
「……明日の予定は以上です。では、ホームルームをこれで」「ちょっと、待ったぁ」
教壇でホームルームを務める三橋を遮るように口を開いたのは、剛司だった。

「剛司くん?何ですか」
「昨日、プールの授業の後、オレの服が盗まれました。で、その 後探したら教室のロッカーの中に服が入っていました」「そうですか、それは一件落着ですね」「一件落着じゃねぇ。犯人はこのクラスの女子に決まってる」「それは、どうして分かるのですか」「どうせ、こないだ覗いた仕返しだろ」「その件は、男子が連帯責任の罰を受けたことで終わっています」「表面的にはな。だけどあの時から調子に乗ってる女がいんだよ」
「それは具体的に誰のことですか」
剛司はチラッと横目で被害者面している奈緒とその一派の方を見た。しかしこの剛司の暴論に、奈緒たちも黙ってはいない。
「何の証拠もなしに私たち女子を犯罪者扱いされちゃたまんないわ」「そうそう覗いた分際で、濡れ衣まで着せてくるなんてサイテー」「自分で蒔いた種じゃない、当然の報いじゃない」「静かにしてください。剛司くんの言い分は分かりました。しかし、 犯人が分からないことには、どうしようもありません」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【風俗】俺も嫁さんをヤクザに犯られた【実話告白】

俺も嫁さんをヤクザに犯られた事あるよ。
給料が余りにも安いからスナックで週4でバイトしてたんだけど、
その店に偶に来てたヤクザの客に犯られた。
このスレの1さんほど酷い状況ではなかったけどね。
もう3年くらい前の話だ。
その客は紳士的で外見もヤクザには見えなかったそうだ。でも、何度も犯られてるうちに、その男の事を好きになったそうだ。
多分、情が移ったんだろう。
セックスは俺よりも上手かったって言ってた。
ヤクザって乳がデカイ女が好きみたいだ。(偶々かも知れんけど)
時間が無いので今日はこれ位で。
またカキコ(多分数日後くらい)して良いですか?嫁さんがヤクザに犯られた事を約束通りカキコします。俺の嫁さんは、俺の年収が低すぎるので相談のうえでスナックで
バイトする事にした。夜の商売なので俺にも多少の不安はあった。
実際にその不安は的中してしまったのだが・・・
バイトは週に火水金土の4回だった。
世間知らずで客商売なんてやった事のない嫁さんは時給2千円と言う

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【外国人】ツルペタ金髪ツインテールの処女をいただいた【実話告白】

もう昔の事なんで時効にしてくれ。
当時20そこそこで就職してすぐに海外勤務。
それも僻地。死ぬほど言葉判らずな毎日。
国名は内緒にしておく。展開先で身元ばれしそうだしww
アメリカではない事は確か。
辛く苦しいホテル暮らし・・・と
想像していたけれど、意外と日本人観光客も
ちらほらといるホテルで安心だった。一年以上が過ぎて言葉もなんとかマスターして
土日のお休みは観光客相手に
非合法ガイドとかやってたw
これが意外と給料よりも収入が良かった。
なんせチップの嵐wバスを貸し切ってツアー会社が連れて行かない
場所へ連れて行き、店にマージン渡しといて
豪華料理で腹いっぱいに食わせる。
決してまずい店ではなく観光客が入れない様な

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:外国人との体験談

【おっぱい】子役接待【実話告白】

これは僕が芸能事務所で働いていた時の話です。
僕が働いていた事務所に、当時大人気の子役の男の子が所属していました。その子はまだ8歳という幼少ながら、当時人気ドラマや映画、CM等に引っ張りダコの超人気子役でした。
人気がすべてのこの業界においては、年齢はあまり関係ありません。
その子役の子はどこでもいわゆる”VIP”扱いの待遇でした。
ここではこの子役の仮名を”フクシ”とします。
そんな年齢でVIP待遇を受けている影響もあり。。。フクシは表の愛くるしいキャラクターとは裏腹に、
僕達業界人の中ではかなりの超わがままな子としても有名でした。そんなわがままな子役に、僕がお世話になっている先輩が当時担当としてついていました。
ある日その先輩から、僕にフクシのことについて相談があると連絡ありました。「実は、、、フクシがな、、今度のドラマに出たくないって言いやがるんだよ。。もう勘弁してくれよって感じだよ。。」
先輩はそう言って ため息をつきました。
「はぁ。。。またですか」
フクシはよくドラマやCM直前になって「出たくな~い!!」言って、駄々をこねます。
しかし超人気子役ゆえ、誰も言えず、最近は親が言っても いうことを聞きません。
なんというか親のほうも もうすでにフクシの言いなりのような感じでした。
 
そうなると、こちら側はフクシの駄々を聞いてご機嫌を取るしかありません。。。もうなんというか大物俳優並みの待遇です。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【出会い系】セックスレスの38歳、綺麗な人妻さんと【実話告白】

年上さんでも大丈夫です!と書いておいた募集で釣れたのは
旦那様と長年セックスレスな38歳の人妻さん。

写メ交換は無し。出会い系を利用するのは初めてとの事。
ホテルよりも俺の自宅がいいとの事だったので最寄駅で合流。

スタイルの良い綺麗な人妻さんでした。

はやる気持ちを抑えつつ、お互いOKなのを確認した後、
途中で色々買い込みいざ自宅へ。

家に着くとやや緊張してる人妻さん。
その姿に萌えつつ色々お喋りをする。

セックスはもう5年近くご無沙汰との事。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2016年3月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【大学生】清楚で美人なお姉さんに足の指や乳首や玉を舐められた【実話告白】

大学3年の夏。

男3人で飲んでて、隣の席のお姉さんたちと一緒に飲むことになって、
気付いた時にはそのうちの一人の部屋だった。

お姉さんは25歳で、当時で言うと中江有里…
今はコメンテーターになってるけど…みたいな清楚な美人。

泥酔して目が覚めたらソファで汗かいて寝てた。
少し古めのアパートで、奥の部屋は明かりが点いてたから
「すいません」って恐る恐る覗いた。

そしたら「あ、起きた?大変だったんだよ。君の友達も酔っ払って、
君を置いて帰るし」とお姉さん。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2016年2月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【出会い系】既婚者の女喰え過ぎww 【実話告白】

今年の春でした、出会い系サイトで既婚者の美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。
最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、

しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。
僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。
毎回、彼女は、メールの最後に
「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】ものの1分足らずで口に出される【実話告白】

某サイト、大阪♀独身彼氏持ち、21歳大学生、160/55、井上真央似

相手 身長175cm♂、たぶん彼女持ち、医大生、大阪、写メ交換はなし

某サイトで知り合った後LINEで1年半以上話していたものの
(たまに声のみでエロイプもしてた)
向こうがかなりの秘密主義なせいもあって
面接をしようという話には至らなかった。

だがひょんなことからエロイプをしていた流れで
「実際に会ってしてみる?」みたいな話になり、
正直良い声の人だったんで快諾。(声フェチ)

大阪の某有名ホテル街の近くの駅前で昼過ぎに待ち合わせをする事に。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年12月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【フェラチオ】欲求不満で身体がうずうず、とにかくクンニして欲しい 続編【実話告白】

前編は以下のとおり

とことん舐めさせてやろうじゃないの、と密かにS魂に着火。
部屋に入ると、田村はクローゼットからハンガーを取り出し、
まずは、私のコートをかけてくれる。

なかなか躾けの行き届いた犬です。
「あの・・・シャワー浴びないで欲しいんですけど」

「出たーっ。匂いフェチ?」
「匂いフェチというか・・・自然なままの状態を舐めたいんです」

「じゃあ、手洗いと、歯磨きだけ済ませてきて」

お互い、手洗いと歯磨きを済ませ、

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年11月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 6912345...102030...最後 »

このページの先頭へ