【フェラチオ】ブラジル人ハーフの娘さんに告白された【実話告白】

かれこれ10数年前、地元でも労働賃金の安い外国人を雇うのが風潮となり、当時勤めていた会社にも日系ブラジル人家族が働きに来た。
その中で歳が近いTと仲良くなり、たまに遊びに行っていました。
そんなある日、Tから他の会社に勤めている日系ブラジル人家族の所に一緒に遊びに行こうと誘われ、ちょっとドキドキしながら行きました。
そこの家族(S島さん)は叔母や従兄弟家族を含めて11人と大所帯で来ており、それは賑やかなものでした。
中でもまだ17歳という双子の姉のCに気に入られた感じだった。
Cの父親は日系人だが、母親は日系の血が入っていない為か、Cは所謂ラテン系の顔でスタイルもちょいポチャな感じだが、若さ故に張りのある体つきで脚も長かった。
ブラジルでは少しモデルのバイトもした事があるらしい。
日本語は多少理解出来る程度で、身振り手振りして意味合いの似た簡単な日本語で説明をしたりしながら他愛もない話をして帰宅した際、Tから
「K君(自分)、Cさんがボニート(可愛い)って言ってたよ」
と聞かされ、ちょっと照れてしまいました。
その後、自分1人でS島さん家に遊びに行き、Cとすっかり仲良くなりました。
夜も20時頃を過ぎた辺りから、茶の間から他の家族は居なくなってCと2人きりに…。
自分を見つめる表情が明らかに変わり、告白されたと思ったら急にキスをしてきました。
ビックリはしたが、いくら相手が17歳とはいえ恥をかかせたくなかったし、自分も満更でも無かったのでそのままディープキスをしました。
数日後、仕事が終わってその日は夜遅くまでCの家に。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】女性が大半の職場でのセンズリ生活【実話告白】

埼玉県/まぁ棒さん(40代)からの投稿
—-
10年以上前の話ですが、当時自分は20代後半で、仕事を何度か変えていました。
新しく勤めた会社(食品製造業)は設立してまだ数年、女性従業員が8割位で、なおかつ社員のほとんどが高校や専門学校卒でした。
パートはほとんどが中国人かブラジル人で、年齢は自分より若い人ばかり、しかも女性が大半。
24時間稼動のため、時間帯によっては自分を入れても男が2~3人の時もよくありました。
作業中は白衣を着るのですが、ブラ透け・パン透けの娘ばかりでした。
さすがにノーブラ・ノーパンはいませんでしたが、白衣のファスナーを大きく開けて、小さなサイズのブラから零れそうな胸を見せ付けてる感じの娘もたくさんいたのでチラ見ばかりしてました。
若くてスタイルの良い娘がほとんどで、仕事中も興奮して勃起しまくりです。
外国人のパートはほとんどがカップルだったので、仕事以外で気安く話は出来ませんでしたが、女性社員とは結構打ち解ける事が出来ました。
直属の班長は当然女性で、班の同僚も女性ばかり、班全員が年下でした。
班長はとても可愛らしい人で、教え方は少し厳しかったですがとても丁寧に教えてくれました。
たまに黒いブラが透けてて、毎回勃起させてました。
匂いを嗅ぎながら興奮して、トイレでセンズリ発射する事が日課になってました。
よく小便器に発射させたりもしていて、トイレ掃除のオバサンに見られそうになった事も何回もありました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】ブラジル人宅でサッカーの応援してたら乱交大会になった【実話告白】

数日前、大学の時の時の友達である日系ブラジル人から電話がかかってきた。
ブラジルがワールドカップでベスト8に進んだ事を祝って、パーティーをするから来ないかというお誘いがあった。
別に何もする事がなかったんで行く事に。
場所は、郊外に家を持っているブラジル人のところとの事。
そいつと駅で待ち合わせていった。
会場となった家は、かなり大きな一軒家で、見るからに金持ちそうな感じのブラジル人が出てきた。
パーティーは、地下でするとの事。
その地下室はかなり広く、ブラジル国旗が飾ってあり、高そうなスピーカーが四方にあって、そこからガンガンサンバが流れている。
俺たちが、入ったときには既に10人くらいの男女がいて、みんな酒を飲みながら、踊っていた。
一緒に行った友達も、そこにいる連中と知り合いらしく、親しそうに言葉を交わし、俺を紹介すると踊り始めた。
俺は最初、そのノリについていけずソファーに座って眺めていたんだけど、後から来た女が隣に座ったので、その女と話していた。
その女もブラジル人だったが、かなりスタイルがよく胸もデカかった。
そんな感じで一時間くらい過ごしていたんだが、踊っている連中はだんだんヒートアップしてきた。
女がテーブルの上に上がって、いやらしく腰を振りながら踊り、それに男が気勢を上げてるうちはブラジル人特有のノリなんだなと思ってみていたが、女が踊りながら、服を脱ぎ始めた。
下着だけになると、下で眺めていた男の一人が上に上がり、その女の腰に股間をグリグリあてながら一緒に踊り始める。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年12月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ