【フェラチオ】訪問販売にきた女の人の胸の谷間から乳首が見えた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
小5の夏休みの日、1人で留守番してると30~35くらいの女の人が教材を売りに来た。
当時の私は極度の人見知りと内向的性格によりまともに対応出来ず、向こうが尋ねてそれに対して「うん」「違う」と返答し、家には私1人という事は向こうに伝わった。
当時の私の家は玄関は1人でいっぱいな上に、よいしょと60㎝くらいの段差を上がる様になってた。
女の人は
「とりあえず内容だけでもボク、見てよ」
と私の足元に教材を広げて簡単な説明を始めた。
オロオロする私。
その時、あることに気付いた。
大きく開いたワンピの胸元から屈んで浮いたブラの間から乳首が見える!
その時の衝撃と興奮は今でもありありと思い出せる。
段差により上から覗き込む様な絶好の好位置。
食い入る様に見つめてしまい、つい鼻息も荒くなりました。
当時の私は電話で話したりするのも緊張し、鼻息で話してる事が分からないと言われるくらいでしたからかなり大きな音がしてたと思います。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【手コキ】同棲している彼女が痴漢されている姿を目撃【実話告白】

埼玉県/デーさん(30代)からの投稿
—-
先日、同棲している彼女が痴漢されたと愚痴をこぼした。
相手は複数みたいで、パンティの中まで手が入ってきたみたいで少し感じたそうです。
自分が言うのも変ですが、彼女は美人で、23歳OL、身長155cm上から83(Bカップ)-54-84です。
また露出系で、ブラウスはボタンを上の方をいつもボタン外していて、身長低いから上からブラチラノーブラの時は、乳首まで見えます。
基本スカートは短く、ストッキングが嫌いみたいで、基本ガードルばっかし。
痴漢さん達から見ればいいターゲットで、痴漢されるのがよく分かる。
彼女が痴漢されたのに、怒る気持ちより彼女が痴漢されるのを見たい気持ちが勝ってしまい、彼女にいつ痴漢に遭うのか聞いてみると、飲み会の最終便の時にしか遭ってないとの事。
今度の金曜日に女子会がある事を聞いていたので、場所の最寄りの駅を聞き、終わったら連絡してもらう事にしました。
当日彼女から連絡があった後、駅のホームで彼女を確認し、メールで『間に合わないから先に帰るよう』に連絡。
自分は普段着ない格好をして、彼女が乗る車両の後ろに並び乗りました。
乗る前に40代・50代のオヤジ達が話をしていたのを思い出しました。
オヤジ40代「あの子居ますよ」
オヤジ50代「あの子はいいね。今日もしっかり楽しみましょう」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【学校】2組所属のHのブラジャーが見えた【実話告白】

福岡県/チンコさん(10代)からの投稿
—-
中学一年の9月頃。
俺をAとする。
そして友達をOとします。
その時教室で話していた俺は、隣の教室にいたI男を探しにOと一緒に行った。
そしたらIを含む多分5人で、2組所属のHを押し倒していた。
I達はネクタイを取り、ポロシャツのボタンを3つ外しました。
そしたら何とブラジャーが見えました。
柄はミッキーでした。
Iはブラジャーの中を触っていました。
他の奴らはスカートを外しズボンみたいなのを下げました。
パンツが見えこれもミッキーでした。
僕は興奮してその日の夜は眠られませんでした。
約1年が経った2年の八月。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年9月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【オナニー】靴屋で店員のパンチラ【実話告白】

大阪府/名無しさん(20代)からの投稿—-某女性ファッションモール内の靴屋での出来事です。
20代前半位、身長163位のスタイル抜群のギャル系お姉な感じの女性を発見。
服装、上は黒のノースリーブ、下は白ミニと見てるだけでも興奮する格好。
その女性が靴を選び、椅子に座り履き替えました。
対面ゲットし視線はおのずと白ミニの三角地帯へ…はい、丸見えでした。
履き替えでかがんだ瞬間白地サテン地にピンクの模様の下着がくっきり↑必死にミニを引っ張る仕草に大興奮↑同じ柄のブラチラもゲット。
結構長い時間、顔→パンツを繰り返し凝視していたらバレバレのフル勃起↑即効トイレにかけこみオナニー開始も、1分待たずに発射しました。
ヤバい、また抜きたくなってきた…

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年8月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【露出】真夏で肌の露出が増えた妻【実話告白】

愛知県/あきれる旦那さん(30代)からの投稿
—-
夏も本番に入り、毎日グッタリする暑さ。
暑くなると、男も女も薄着になり肌の露出が増える。
我が妻も例外では無く、ここ最近の服装がヤバい。
ホットパンツにランニング姿や、ミニスカートにランニングと、とにかく肌の露出が多い。
その日も妻はブカブカのワンピース姿でした。
あまりの暑さに朝からブラを着けていない様子。
薄い生地のワンピースで、日に当たると透けて生乳がうっすら見えていた。
まぁブカブカだった事で、何とか誤魔化せていると言った感じ。
昼頃、リビングでゴロゴロしていると配達員が玄関先にやって来た。
もちろん妻が玄関先に出向き荷物を受け取っていた。
結構大きめの荷物を持とうとしゃがみ込む妻だったが、胸元が大きく開き配達員の男性からは生乳が見えたと思われた。
一瞬だったが、男性の目が見開いて驚きの表情を浮かべたのを私は確認した。
あの位置からだと、おそらくパンティも見えていたんだと思う。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年8月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:露出体験談

このページの先頭へ