【友達】念願の友達の奥さん【実話告白】

イギリス人の友達の妻は超美人。スリムでプロポーション抜群、二児の母親でありながらフェロモンたっぷり。読者モデルでもある彼女はファッション通でいつもお洒落、特に彼女のスカートにハイヒールはたまらない。というわけで、何年か前から彼女には興味があり、チャンスさえあればパンティーを盗むなり盗撮するなりしたくてたまらなかった。しかしながら、なかなかそのチャンスはなく、我慢するしかなかった。。。
僕は都内の飲食店で働いてるのだが、トイレが共同で一つしかない。そこで、オーナーが帰宅した後は、ちょくちょく隅っこにカメラを設置して、数多くの女性のトイ
レを録画していた。そこで、先日。深夜1時。2時に閉店で客もポチポチ。閉め時と思い洗物をしていたら、彼女が女友達4人とまさかの登場!「一杯だけ!」もちろん。彼女の友達も3人はママモデル、一人はスタイリスト。みなかわいい、というか、美人。ヤベー!冷静に彼女らのドリンクを作り、速攻トイレに行ってカメラ設置。後は待つのみ。もう結構飲んでるみたいで、皆陽気。これはいいサイン、飲めばトイレにも行く。最初に立ったのは、黒いトップスにグレーパンツ、黒のヒールというスレンダーな黒がみのママモデル。いいね〜その後1時間ほど時間があき、僕はイライラしていた。トイレいけよ!すると。。立った!彼女は赤いシャツに黒いピタジーンズ、ブーツ。
頭には珍しく黒いバンドをして、オールバックにしていた。僕の心臓はドキドキしすぎて破裂しそうだ。思い出すだけであの時の緊張感はすごかった。成功しますように!わりとすぐ彼女は戻り、その足て彼女らは会計をし出て行った。僕はトイレへ小走りで入り、カメラをとって戻った。震える手で動画を再生、長い動画の最後まで早送りした。早送りすると最初の女性が登場。ばっちり撮れてる。それは後回しで。。。登場!!!!!!木のドアが「キィー」となり、彼女が入ってきた。
まず、トイレットペーパーで便器を拭きだした。前屈みになると、かすかにパンティーラインが見える。
手際よく拭くと、くるりと振り向きずぼんのボタンをとりはじめた。くるぞ勢い良く両手でズボンをおろした。赤いシャツの隙間からは、黒くて小さなマン毛が見える。すると彼女は拭いたにもかかわらず中腰で勢い良くオシッコをはじめた。片手でシャツをヘソあたりで押さえているため、終止股間は丸見え。膝上には、おろした黒いパンティーの股間部分が浮き上がって見える。もうこれ以上は。。。爆発してしまう。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【露出】露出の想い出(公園散歩) 【実話告白】

りん様との露出な想い出は結構あるんです。。。
特に公園での露出は。。。
その最初の最初の想い出を書かせていただきます〜

妄想「りん様の記憶:露出の想い出(公園散歩)」

その秋のある日、まよとりん様は、当時の職場のそばの公園に散歩に出かけました。。。
そばといっても、車で無いといけないんですけどね。
りん様の車に乗せてもらって、公園の駐車場へ。
車から降りる前に、「じゃ、下着はここで脱いでいこ〜ね〜」って言われてしまったんです;;

駐車場には人気がなかったけど、誰かが急に来るかもしれないし。
土曜日の公園なので人も絶対いるからあぶなくて。。。
まよは「え〜見られちゃったらどうするんですかぁ?;;」って言ったのに;;
りん様からは「大丈夫。脱げ!」のひとことで。。。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年5月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:露出体験談

【痴漢】痴漢されたけど恐怖で何もできなかった【実話告白】

痴漢体験投下
地元のローカル線で、19時すぎればいつも車内はすっかすか。

その電車は横にずらって座席があるタイプの電車じゃなくて、
4人掛けの席がある電車で、
そのボックス席の一つに座っていました。

県庁所在地に学校があり、約1時間かけての通学。

帰りはいつもクタクタでだいたい寝ていることが多く、
昨日も試験で疲れていたのでいつも通り寝ていました。

服装はミニ丈の花柄ワンピに黒タイツにブーツ

ipod聞きながら膝の上にバックを置いてぐーぐーしてると

実話告白体験談関連タグ

|||

2015年3月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:痴漢体験談

【盗撮・覗き】店員さんのピンク色の乳首【実話告白】

こないだズボンを買ったんだけど、
珍しく長さがあわなくて裾上げしてもらうことに。

店員の紹介で近くの店を紹介してもらうと、30歳くらいの店員がいた。

髪は黒のロングで清潔な感じ、かなりスリム体型だけど、
胸はそこそこでサイズはC~Dくらいと見た。

到着してから採寸してないことに気づき、急遽その場で測ってもらうことに。

首周りが広い七分袖だったので、採寸時の屈みに期待していたんだが、
残念なことに後ろから図るんだな、アレ

後ろを覗き込んでたらさすがにまずいと思い、
あきらめて正面を見ていると、試着室の鏡にはばっちり胸元が。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年2月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【露出】全裸コートでコンビニ 【実話告白】

沙織の場合

[1]沙織 全裸コートで
沙織です。ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
暑い。暑い。と言っていたのにいつの間にか、すっかり寒くなってしまいました。
冬もすぐ目の前まで来ているようです。
それでも、日中はまだ暖かいのですが、朝晩はめっきりと冷え込んできました。
お家にいる時はもちろん、会社でお仕事をしている時も暖房を使っているのでいいのですが、
裸でお外に出るのが辛い時期になって来ました。
これからが冬本番になるというのに、早く暖かい春が来ないかな。と待ち遠しい沙織です。

ベンジーさま。
今月の課題「全裸コートでコンビニに行き、エロ本を立ち読みする」を実行してきました。

出かける前に自分の体を見ました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:露出体験談

【フェラチオ】合コンで来たノリの悪いムカつく女にカラオケで中出し【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学生の時にコンパして知り合った娘と仲良くなった。
そこそこ可愛かったからとりあえずその時は友達になっといた。
また可愛い娘を紹介してもらうか、その娘をいくか当時は適当に考えてた。
ある時その娘とコンパをして、連れてきた娘がノリの悪い奴だった。(男女3ずつ)
幹事である俺とその娘は必死に盛り上げようと頑張った。
でもその娘はあんまり酒が強くないのにハイテンションでいたから酒が回って潰れてしまった。
後のメンバー(男女4人)は勝手にカップルになってやがって、それぞれ楽しんでた。
俺は
「2人よく知ってる者同士だから助けたげて」
と勝手な事を性格の悪い女から言われてムカついたが、次またコンパして欲しいという欲望の元に面倒を見る事にした。
ツレの男達は「悪い」という顔をしてたが。
そうして俺はその女の面倒を見る事になった。
まだ21時ぐらいの居酒屋。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【高校生】高校生の頃、痴漢にハマっていた時期があった【実話告白】

東京都/アリクイさん(40代)からの投稿
—-
もう随分前、工房の頃だが半年ほど痴漢にはまっていたことがある。
3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、学校には週に一度行くだけで、よく暇をもてあましていた。
かといって彼女もおらず、童貞をいい感じにこじらせていたため、思い至ったのが痴漢というわけだ。
ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のような過激な行為を行えたわけでもないが、一番印象に残っているものを報告しようと思う。
その日も俺は関西の某くいだおれ府の地下鉄の駅にいた。
朝の通勤時間帯、ホームにはやばいくらい人があふれている。
列車待ちの列に目を走らせ、獲物を物色する。
この頃には、自分のタイプの女・可愛くて若い子を探せばいいわけではない、ということに俺は気づいていた。
実際に痴漢をするには、列車の込み具合とポジショニングが重要である。
俺は、T駅での乗り換えに便利なため特に混雑がひどい中ほどの車両の列に並んでいる女を重点的にチェックする。
すると、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった。
列の後ろにいる獲物は乗車時にドア付近に乗ることになり、痴漢がやりやすくなる。
その女は黒のスーツを着ており、髪はボブ、年は22-3ってとこだろう。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【実話告白】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】恋人【実話告白】

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。
たまに帰って来ては、
「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。
「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」
娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。
女としては、嬉しいことかな・・
娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。
私はとぼけていますが、ばれているようです。
そう、私は今、恋しています。彼に・・
彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・
あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。
私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。それも素足で・・靴下とブーツ姿。若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。
3月25日、私の42回目の誕生日。彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【不倫・浮気】今から浮気しますw 【実話告白】

結婚してから刺激がない。
毎日退屈。
嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、
なんだかなぁー。

こいつらって・・・・。
何考えて生きてるんだ?
バカか?アホか?それともこれが正常なのか?
そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。

「いくつ?」
「17」
「どんなことしてくれるの?」
「手とか口ならいいよ」
「いくら?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ