【風俗】過去に女房がヤクザの奴隷【実話告白】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ
と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして
いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。
(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)
女房は酒好きでだらしがない。
酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると
一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。
残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、
そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)
当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)
昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。
ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。
ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【風俗】俺も嫁さんをヤクザに犯られた【実話告白】

俺も嫁さんをヤクザに犯られた事あるよ。
給料が余りにも安いからスナックで週4でバイトしてたんだけど、
その店に偶に来てたヤクザの客に犯られた。
このスレの1さんほど酷い状況ではなかったけどね。
もう3年くらい前の話だ。
その客は紳士的で外見もヤクザには見えなかったそうだ。でも、何度も犯られてるうちに、その男の事を好きになったそうだ。
多分、情が移ったんだろう。
セックスは俺よりも上手かったって言ってた。
ヤクザって乳がデカイ女が好きみたいだ。(偶々かも知れんけど)
時間が無いので今日はこれ位で。
またカキコ(多分数日後くらい)して良いですか?嫁さんがヤクザに犯られた事を約束通りカキコします。俺の嫁さんは、俺の年収が低すぎるので相談のうえでスナックで
バイトする事にした。夜の商売なので俺にも多少の不安はあった。
実際にその不安は的中してしまったのだが・・・
バイトは週に火水金土の4回だった。
世間知らずで客商売なんてやった事のない嫁さんは時給2千円と言う

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【風俗】キャバクラに来たとんでもない親子(エロ親父+エロガキ)の客【実話告白】

私は都内の高級キャバクラで働くホステスです。
先日とんでもない客が来たので、お話したいと思います。
その客というのは、父親と息子の親子の客なのですが,、
相当なvip待遇の客らしく、事前に店を貸切った挙句、店にはリムジンで乗りつけ、周りに屈強なボディーガードのような人達を伴いながら来店してきました。それぐらいならまだいいのですが、問題というはその息子というのが明らかにまだ○学生の高学年ぐらいの子供なのです。。
店側もさすがに、「未成年は困ります」と父親に言いましたが、父親は札束をいきなりをドン!という
感じでカウンターに置き、
「この子は先日18歳になったばかりだ。何も問題ないね?」と言ってきました。結局そのまま店側が折れる形で、その親子は店で一番高いVIPルームを陣取り、
私を含め実に店のほとんどにあたる十数人のホステスが付きました。VIPルームでは父親は金に物を言わせてドンペリやキャビアなどの高級な酒やつまみ
また息子のために高級なフルーツやチョコレート等のお菓子を大量に注文しました。それだけならまだ金払いが良い客なのですが、その父親がまだ子供である息子の前にも関わらず平気で私達の体を触ってくるのです。。。
私達のドレスの中に手を入れて、胸や下半身を触りながら、挙句の果てに息子にも
「大人の女というのはこうしてやると、喜ぶんだぞ!(※息子の名前)もやってみろ!」と言ってきたのです。
息子のほうは最初は遠慮がちに私達の胸をつんつんとつついてくるぐらいでしたが、やはり親子なのでしょうか。。。
私達が抵抗しないと分かると、父親と同じようにドレスの中に手を入れてきて胸を鷲づかみしてきたり、
スカートをめくってパンティーをのぞいてきたりしました。
また私達が嫌がるのが、相当面白いらしく、とてもまだ子供とは思えないような下卑た笑い声を上げて

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【友達】姉ちゃん【実話告白】

俺には2歳違いの姉がいる。母親はホステスで再婚をした。仕事もしない遊び人…そして俺が中2の時隣に寝ていた姉が「やめて!」と言った声で目を覚ますと義父が姉の布団をはぎ服の中に手を入れていた。
姉は「やめて」と何回も言ったが無視していた。俺が「姉ちゃんをいじめるな!」と言うと俺が起きているのに気がついた義父は俺を平手打ちして「〇〇(姉の名前)が嫌がったら▲▲(俺の名前)が痛い目になるぞ、ここに住めなくなるぞ。」と言って俺を蹴ったり叩いたりした。当然俺は泣き出してしまう。
「▲▲をいじめないで、言う事聞くから!」昔から俺に優しかった姉だった。義父は「最初から嫌がらなけれはいいんだよ」と姉の頭を撫でてパジャマを脱がしていった。当然もうすっかり毛が生えているのアソコだった。義父は姉のアソコを触り始めた。姉は嫌なのをこらえるようだった。
「〇〇、Hだなぁ濡れてきたぞ泣いていないで▲▲よく見ろよ」義父は部屋の隅で泣いていた俺の頭を強引に姉のアソコに近づけた。こんな近くで見るのは初めてだったが確かに割れ目にそって少しだったがなんか濡れているのがわかった。
姉の表情はこわばっていた。義父は脱ぎ初めて自分のものを出して姉の目の前に持っていった。「ひゃっ…」びっくりした声を姉が上げる。「しゃぶれ」義父が言うか姉は躊躇していた。すると義父が「▲▲のためだぞ」と言う。姉は仕方なく口に加えた。義父は姉の髪を乱暴につかみ動かす。姉は「うぐっ」と苦しそうだった。しばらくして義父は果てた。姉は気持ち悪そうに飲み込んだ。義父は姉を押し倒した。そして姉の割れ目に入れてしまった。俺はブチッと言う音を聞いた。そして姉の断絶魔の声。義父は容赦なかった。泣いている姉を押さえつけ腰を動かして最終的に姉の中に果てた。そして義父は服を着ると出掛けていった。姉は涙を流していたが声は出せなくなっていた。割れ目からは血と白いのが出ていて俺は急に怖くなり泣き出した。「ねえちゃんごめんねごめんね」そう繰り返していた。姉は急に泣き出した俺を見て「大丈夫大丈夫▲▲は悪くないよ」となだめてくれた。そして「絶対内緒だよ」と言った

実話告白体験談関連タグ

|||

2014年8月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】歌舞伎町の中国人ホステスのパパになった私(2)【実話告白】

上海出身の美人ホステスのパパになって3ヶ月。俺もようやくパパが板についてきた感じだ。
楓のマンションに寝泊まりしてのお勤めも無事こなし続けている。先日はセックスがマンネリ化しないように変化を持たせようと思い、楓の「花芯の毛」を剃刀で刷った。
パイパンにしてしまったのだ。Tバックにパイパンなので余計燃える。
自分の肉棒が奥深く楓の体の中に挿入されてるのが丸見えなのだ。
舐める時も「ツルツル」して舐めやすい。
一緒にお風呂に入っても洗いやすいし、時折、スルリと入ってしまう事もある。楓は普段でもTバック愛用なので、それを想像するだけでも楽しい。
お店での楓の動きを見ながら、衣服の下はTバックでパイパンなんだという俺にしか知らない秘密を想像するのだ。
楓は「貴方にしかわからない私の秘密よね」と囁いてくれる。中国人ホステスはスタイルが良いから、パイパンへの挿入は気持ちが良いし、締まる。
挿入して入る時、楓はやたらと締め付けてくる。「気持ちいいでしょ。もっと締めてあげようか」スレンダーな楓の裸体を抱きながら眠りにつく。楓は俺の肉棒を握りながら眠りにつく。
朝、立ってると自然に楓の花芯に刺さり込んでしまう。
大きく美脚を開かせ、パイパンに挿入するのは最高に興奮する。楓もパイパンの自分を見つめ「あなた~ん、これからも手入れはあなたがしてよッーーもうあなたしかいないから」
要するに「定期的に俺に剃れ」という事だ。今度の五月の連休は俺の車で小旅行するが、夏休みに「あなた~ん上海に一緒に来てッーーーー」
と楓がねだる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女人形【実話告白】

恵美の母親の梨香が30歳を迎え恵美も13歳を迎えた日のことであった。偶然
にも母娘が同じ誕生日で、この日は俺と含めて3人で誕生会を開いていた。
8年前に離婚した梨香と俺は同棲を始め恵美を育ててきた。梨香の旦那は俺の
友人だったが、そいつが女を作って出て行ってしまった為、俺が梨香に離婚を勧め
ていた。梨香とは少し前から関係を持っていた。3歳年下の梨香とはセックスの
相性がよく俺にとっては都合のいいセックス相手だった。
HとWは俺と同じように梨香の旦那の友人であり、よく俺たちは梨香の家に遊び
に来ていた。当時22歳のヤンママだった梨香は可愛いくてスタイルの良い女
だった。よく梨香の旦那も含めて5人で飲み会をやっては楽しむ日が続いていた。
その頃俺には16歳になる彼女がいたので、梨香に興味を持っていなかったが
HとWは梨香に思いを寄せていた。全体にスリムで足が細いのにスカートはほとん
ど穿かない梨香だったが、何故か身体全体から色気を感じることができた。
そんなある日Hから梨香を誘惑してほしいと頼まれた。話を聞くとどうやら梨香の
旦那に女ができて不倫をしている様子だった。近く旦那は出て行くつもりだそうだ
Hはチャンスだと言って、梨香をみんなで回したいと言い出した。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【オナニー】スナックのカウンターレディをどうにかしようと思ったのが運の尽き【実話告白】

センズリさん(40代)からの投稿
—-
20代の頃です。
地元のスナックの行きつけになり、毎晩通ってました。
ママとチーママと30代のホステスさんと3人でしたが、20代の女の子が入店しました。
リカっていう名前だったと思います。
僕は歳が近かったせいか、ついてくれて、たまにアフター行ったりしてました。
彼女は元ヤンで、10代で子どもを産んで、その子の父親とも別れ、今は子どもと2人で暮らしてるそうです。
スナックでも男に媚びる事なく、健気さが好きでした。
冬のある日、雪の中、リカが立っていました。
声をかけると、
「タクシーつかまんなくて」
「乗りなよ」
と僕。
「ラッキー!」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【不倫・浮気】震災で胸がデカくて可愛い部下と車で一夜を共にした話 【実話告白】

■スペック
俺:当時32歳、今34歳。身長175程度。IT会社勤務。

後輩ちゃん:当時23歳、今25歳。155cm程度ちっちゃい。胸デカい。

うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。

そこに中途入社で入った俺は、判りやすい肩書きで言えばプロジェクトリーダーのような仕事をやってるのね。

社内ではそこそこ出力の高いチームだと自負している。

2年前までチームのメンバーと役割は以下のような感じだった。

俺:社外とのやり取りとか上司とのやり取りとか、部下への指示とかが仕事。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【職場】ホステスのバイトしてるけど色々と大変【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
バイトでホステスしてる美佳です。今、23歳。婚姻歴なし。子なし。今は彼氏もなし。
私がホステスを始めたのは、高校を卒業して地方(今、住んでるトコ)の幼児教育科がある短大に進み独り暮らしを始めて生活費を稼ぐ為です。
お酒を飲まない事を条件に雇って貰ってはや5年になります。
未成年者は飲酒ダメだし、勧めた人も提供した人も「お縄」になります。
どうしてホステスかって言うと、短時間で高収入、安全かどうか判らないし安定は最初から求めてません。
短大は出席日数と単位取得、学外試験の合格と資格取得さえクリアすれば卒業できるので楽でした。
問題は、家賃を含めた生活費と学費を工面することと、高卒就職予定を私が保母さんになりたくて変更して進学した手前、実家への仕送りに当てたくてホステスになりました(笑)。
まぁ18歳からホステスしてますから、絶対に法に触れる行為はしてないとは言いませんが、無事に勤めています。
私を雇ってくれた店は、私が付いた客の支払った金額(売上げ)の何%を私に支払ってくれるというもので、つまりは私も飲めばその分売上げも増え、私の収入も増えるという明解なシステムでした。
お酒だけじゃなく、ツマミとか他の飲食店(お寿司屋さんとか)から出前を頼めば、その何%かもカウントされました。
でも最低保証制度もあって、売上げの最低ノルマを達成できなくても弁済金とか罰金とかありませんが、当然自分がノルマを達成出来なくて最低保証を受け取るということは他の人の売上げから、ひいては店の売上げから支出するわけですので、店のホステスたちが決めた独自の罰則があります。
店のホステスの中で、前月の売上げが1番だった者は「褒賞金30万円」で、最下位だった者はペナルティ1ヶ月となります。
2位以下は褒賞金もありません。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【友達】家庭教師【実話告白】

 ぼくは、中学3年のときに家庭教師に来てた当時19歳の女子大生、ユミさんと初体験しました。 夏休みに、キャミソール姿のユミさんに興奮。チンコがおっ立っちゃって、それがユミさんにわかってしまって、経験豊富だっていうユミさんが上になって入れさしてくれました。「したいの?」と聞いてきたので、「したい。」というと、僕に服を脱ぐように言いました。すぐにスッポンポンになると、ユミさんもスッポンポンになってくれて、裸見て、大興奮でした。
そんときは、よくわかんなかったんですけど、ユミさんはバックからコンドームを出してぼくのチンコにかぶしてから割れ目に入れました。
 ユミさんが船こぎするみたく動いたんであっていう間に気持ちよくなって、ドクドクピュッピュしました。その日は夕方までセックスを何度も何度も楽しみました。 その後も、毎回ユミさんとセックスをたのしみましたが、入れるときは絶対コンドームをかぶせられました。

 コンドームなしで入れてドクドクピュッピュすると、妊娠したり病気がうつったりするから、ほかの女の子とセックスするときもつけなきゃだめっていわれましたが、ユミさんのほかにセックスさしてくれる女がいなかった。だから、ぼくは高校入試までほとんど毎回2時間の授業のうち1時間30分くらいユミさんとセックスしてました。 高校に入って、他の友人とセックスの話になって、ぼくの体験を話したら、みんなコンドームとかなしで最後までいってるって自慢されちゃって、むっとしました。
 で、ユミさんに連絡とってあってもらって、コンドームなしでセックスしたいっていったら、わたしはあんたのコなんか生むきないからだめって断られました。でも溜まってるって言ったら、コンドームつけてやらせてくれた。 そのことを、親友に話したら、馬鹿笑いされましたが、知り合いにコンドームなしでセックスさしてくれる女がいるって紹介されましたが、なんとぼくより15も年上の人でどっかのバーのホステスしてるっていったました。
 小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが、その人んちで親友と食事して、親友が帰ったあと二人っきりになっていろいろされてるうちにイヤラシイ気持ちになってチンコがかたくなって、お風呂に一緒に入ってそんとき、立ったままで割れ目に入れました。 女の人に、このまま一度出す?ってきかれたとき、急に気持ちよくなっちゃって、立ったまま、ドクドクピュッピュしました。コンドームなしで初めて出しました。 コンドームなしで出した気分はどおってきかれましたけど、正直、あんまり変わんなかったっていうか、ユミさんとコンドームつきでしたほうが気持ちよかったんですけど、礼儀上、コンドームなしの方が全然気持ちいいっていいました。
 そのあと、ベッドへ行って抱き合って2回、ドクドクピュッピュしました

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年7月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ