【盗撮・覗き】両親のセックス、そして姉と姉の彼氏のセックスを見てしまった。【実話告白】

私は、高校2年の女の子です。
この前、両親のセックスを見てしまいました。
父と母はともに45歳です。夜中にトイレに起きたとき、両親の寝室の襖が開いていて電気がついていたので、「まだ起きてるのかな」
と思い、何の気なしに覗いてみました。
すると上半身裸でオッパイ丸出しで下はパンティ1枚の母が父の顔にオッパイパンチをしながら「ねえ、セックスしようよ」と誘っている
ところでした。父は「一昨日もしただろう。本当にお母さんは好き物だな」と言いながら母のオッパイを揉み乳首をチューチュー吸い始めました。母は「ああーんっ。気持ちいい」と言い、自分でオッパイを動かしながら交互に舐めさせています。
母のオッパイは私が記憶していたよりも大きくFカップはありそうでした。乳輪が肥大して大きく、乳首も大きいし黒っぽくてイヤラしいです。少し垂れ気味ですが、それがますますイヤらしく見えました。しばらくの間、オッパイを舐めまわしたあと、父は母の両足を
広げ性器を全開にしました。「いやんっ」と母は嫌がるそぶりを一瞬見せましたが、本当に嫌がっているわけではないようです。
こんな煌々と電気のついた部屋でセックスするなんて、なんてイヤらしいんだろうと私はそんなことを思っていました。
母は自分で性器を広げ「おまんこ、たくさん舐めて」と言います。父は「よっしゃっ」と言い、母の足の間に顔をうずめクリトリスや穴の
周りを一心腐乱に舐めています。母は「ああんっ、いいっ、クリトリス感じるー」と言って悶えています。
「そろそろ欲しくなっちゃった」母は言い、起き上がると父のアレをしゃぶりはじめました。その間、父は母の乳首をいじり、おまんこを
触っています。母は父のアレをしゃぶりながら「ううっ、あっあん」と声を出しています。そして気が済んだのか、口を話すと
「おちんちん、おいしかった」と言って父の上にまたがり、ゆっくりと父のペニスにおまんこをあてがい、挿入していきました。
根本までズッポリ入ったところで母はゆっくり腰を動かし始めたかと思うと、急に今度は上下にかなりの速さで腰を振りはじめました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【妹】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【実話告白】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。
ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。
まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。
まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。
3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。
ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。
もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。
家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。
「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」
「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」
「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」
ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。
誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【実話告白】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【盗撮・覗き】構想十五年、念願叶って寝取られプレイ【実話告白】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【寝取られ】嫁は若い独身男とセックスしてます 続17編【実話告白】

前編は以下のとおり

ヌッチャ、ヌッチャといわゆる普通のセックスの音が始まった。
「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」
「・・・・・」

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

「あっ!いやんっ!あっ!凄いっ!深いところまで、来てるっ!」
「・・・・・」

「やだっ・・・気持ちいいっ!ああんっ!気持ちいいっ!ああああっ!ん」
「すげっ、嫁ちゃん、腰エロいって」

実話告白体験談関連タグ

|

2016年1月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁は若い独身男とセックスしてます 続16編【実話告白】

前編は以下のとおり

ちょっと心配になる位に嫁の呼吸が乱れていた。
「嫁ちゃん凄い、中も痙攣してる」

「ちょ、お願い・・・ちょっと、無理・・・抜いて」
「ん・・・」

「はぁぁぁん・・・・」
安堵の溜息漏らしながら、呼吸を必死に整えていた。

これを聞いているとセックスってこんなに苦しいものなのか?
と思ってしまう。

実話告白体験談関連タグ



2016年1月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁は若い独身男とセックスしてます 続15編【実話告白】

前編は以下のとおり

学生はフッと笑うとパリパリ音が。間違いなくコンドームの袋破く音。
で、有り得ない一言。

「今度もちゃんと付けるからね」
今度もってことは、やっぱ・・・だよな・・・
着けなかった事があるって事だよな。

以前の報告でもしたけどさ、これは色々な考え方があってだね、
例えば本当に中出ししている可能性もあれば、
生でやったにせよ射精は別で、という事も考えられるわけで。

だけどそもそもそれ自体一回だけなのか複数回あるのか、

実話告白体験談関連タグ

|||

2016年1月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【出会い系】舐めながら中指でGスポ、ポルチオを責められて【実話告白】

無料出会い系、福岡♀27、アラレちゃんめがねの152cm

東京♂38、175/63位?、既婚子持ち、ペヨンジュン風薄顔

仕事の勉強のため、3泊4日で東京行くことに。
せっかくだしいいホテルにとまろーってことで
奮発してはいあっちょなど予約してみた
(平日+シーズンオフ+楽天だからちょー安い)

都庁が真横やないか!一人では寂しすぎる広さのダブルベッド、
ここで男と寝たらさぞ気持ちいだろうなとwktk

予定入れてない夜x2あったんで、
現地で会える人おらんかな~とサイトで募集かけたら
お返事くれたうちの一人。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2016年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた3 【実話告白】

普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。それを寝取り、崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻等ではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。

そして、私の会社のエースと言っても良い間宮の妻にターゲットを決めた。慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。

それは想像以上に上手く行き、美帆はあっけなく堕ちてしまった。松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく、嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自らお掃除フェラをして、もう一度抱いて欲しいとねだるまでになっていた。

あまりにも劇的な堕ち方だが、間宮のペニスは小さい上に早漏だと聞いていたので、本当の快感を知ってしまった美帆がそうなるのも、やむを得なかったのかも知れない。

そして、夫に秘密を持ってしまった美帆は、会社の中でも時折苦悩の表情を見せるようになっていた。
ただ、美帆は松永とのことは、無かった事にしてくれと言った。忘れて欲しいと私に言った。そして、美帆もそのことを話題にすることは一切無かった。

しばらくそんな日々が続いたが、私はそろそろ次のステップに移ろう思った。
まずは、間宮を出張に出すことから始めた。間宮には、大阪に本社があるクライアントを担当させた。そして、1週間の日程で出張に出した。

美帆は、間宮がいないことで少し寂しそうにしていたが、どことなくホッとしたような感じにも見えた。事情はどうあれ、夫を裏切ったことが彼女の重荷になっているのだと思う。夫とは、会社でも自宅でも一緒なので、常に責められているような感覚に陥っていたのかも知れない。そして、つかの間夫と離れたことで、精神的に多少楽になったのかも知れない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年4月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【寝取られ】続続 就活中のサークルの先輩(彼氏持ち)を18センチの巨根で寝取る 【実話告白】

俺「そうなんですかw」

そしてフェラへ。唾液をたっぷり使っためっちゃエロいフェラでしたw

アキ「すごい!全然入らないw」
亀頭がかなりでかいので、普通の女な子なら亀頭しか口に入りませんw

アキ「テツ君のすごいね、コレで色んな女の子と遊んでるんでしょ?」
俺「そうですねwおっきいの好きなんですか?」
アキ「まあちっちゃいのよりはねw」
俺「もう入れちゃっていいですか?」
アキ「いいよ、入るかな?笑」

俺は先輩を寝かせると、そのまま生で入れようとしました。

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年11月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 41234

このページの先頭へ