【おっぱい】部活練習後の温泉帰りに仲良くなった小学生の子【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学3年生の時の事。
夏休み前の早帰りの時、部活の練習後には温泉に毎日通ってたある日、小さな男の子がいた。
高学年くらいの子。
最初は向こうもチラ見してくるくらいだったけど、何日か会うと話すようになって顔馴染みになった。
仲良くなってからは風呂の縁に座ってよく喋ってた。
小学6年って聞いたんで、いいかな~って思って湯から出てる時タオルで隠したりはしてなかった。
たまに抱きついてきたり、「でっけーw」って胸を触ってくるのも、男の子のイタズラ程度の感覚。
ある時話してると、その子がチンコにタオル被せてモゾモゾやってるのに気がついた。
小学生が自分をヤラしい気持ちで見てるなんて思いもせず、特に気にしてなかった。
真剣な顔で胸をガン見してるのも、男は子供でもおっぱいが気になるんだぁって認識。
モゾモゾしだして1分くらい?で「あっ」って声を上げると、急いでタオルずらして手でチンコを覆う。
腰引いて前屈みに体が引きつってたから、痛いのかな?と勘違いしたけど、指の隙間からどろどろと白いのが溢れてきて、これ精子?って気がついた。
精子出ちゃったの?って聞くと恥ずかしそうにする男の子。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ