【恋人】4人で行った海水浴の帰り、着替え目的でラブホに入った【実話告白】

彼女との仲がマンネリ化してきた頃、
「俺以外の男で抱かれてみたいのは誰?」
って聞いたら
「×××」
って答えが返ってきた。
「じゃ、×××に抱かれてるところを妄想してみなよ」
そしたら俺も彼女も凄く興奮してね。
その後、妄想しながらのエッチに病みつきになった。
で、そのうち妄想を現実のものにしたくて
「どうせ結婚しても浮気するんだろ!」
「うん、浮気する。1人の男じゃ満足出来ない」
「浮気したらちゃんと報告してね」
って言ったけど
「絶対に教えない」
って言われた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【おっぱい】【寝取られ】振った彼女がビッチになる努力をしていた【実話告白】

俺は27歳の社会人。
付き合って3年経つ彼女(ココロ)に、最近結婚をチラつかされてうんざりしている。
ココロは155cmの40kg台で、小柄で少しロリっぽい。
今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。
俺としか付き合った事がなく、キスもデートも俺としかした事がない。
もちろんセックスも俺だけだ。
26歳なので結婚を焦る歳でもないと思うのだけど、最近突き上げがキツい。
セックスの時も、めちゃめちゃ恥ずかしがるくせに生で中出しを求めてきたりする。
できちゃった婚を狙っているのが丸分かりなので、必死で回避している感じ。
今日も、ココロの部屋でセックスをしてまったりとしていると、
「そういえば、9月に裕子が結婚するんだって。彼氏と付き合ってまだ半年くらいなのに、びっくりしちゃった!」
俺は、あぁ、また始まった…そんな風に思いながら、生返事をしていた。
「私達、もう3年経つね…早いなぁ~」
ココロがそう言いながら抱きついてくる。
小柄なくせに胸はボリュームがあるココロに裸で抱きつかれると、さっき出したばかりなのにまた勃起する。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】自宅で介抱され、流れでエッチしてたら彼氏が怒鳴り込んで来た【実話告白】

当時付き合ってた彼は、私にとって初めて付き合った人で、3~4年ぐらい付き合ってたと思います。
多少マンネリしてたのと、他の男の人はどんなものなのか気になっていた頃です。
女子校を卒業して会社に就職し、色々な男子とも接する機会が増えたせいもあるのですが、会社では結構チヤホヤされて天狗になってました。
段々会社の人達と遊ぶ機会も増え、彼をほったらかしにする事が増えてきました。
ある会社の飲み会でべろんべろんに酔っ払った為、会社の男子にアパートに送ってもらった。
この男性には以前に告白された事があって、彼がいたから断わったけど結構好みでした。
靴も脱げない状態だったので、部屋に上がってもらい少し休んでもらう事にしました。
酔ってたせいもあり、かなりベタベタしてました。
彼は始めは酔っ払いがと無視してましたが、それでもベタベタしてると
「お前、彼氏がいるんだろっ!!だいたいお前、俺を振ってるんだぞ!そういう事するな!!!」
と、私は驚いて
「ゴメンなさい」
と言い、一気に酔いが覚めました。
「もう酔いが覚めたね。じゃあ帰るね」
と玄関に向かいましたが、私は後味の悪い別れ方をしたくなかったので、もう少し居てもらうように頼みました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年10月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】酔い潰れて寝てたらモゾモゾしてて目が覚めた【実話告白】

彼氏とのエッチがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんは私の友達)と飲みました。
いつも通り下らない話で0時くらいまで盛り上がりましたが、私は体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。
最初から飲むつもりだったので、私はお泊りセット持参でしたが、飲み過ぎでお風呂も入らずに客間へ。
着替えもせずに敷いてもらった布団の中へ・・・。
私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが
“何かモゾモゾする・・・”と思って飛び起きると、Kくんが私のTシャツの上から胸を触っていました・・・。
「ダメだよ、何してるの、Kくん、だめ・・・。Yちゃんがいるでしょ。絶対ダメっ!!」
「オレ靖代ちゃんが好きなんだ・・・。好きだからさ・・・」
Kくんは上のTシャツを着たままパジャマとパンツを同時に少し下ろし、仰向けの私の頭を両手で掴んで乗りかかる感じで私の口にモノを入れてきました。
Kくんは正直あまりタイプではないんですが・・・。
“友達のYちゃんがいつも咥えたり、舐めてるモノを私が何で今・・・”と思うと、かなり酔っているとは言え、自分でも訳が分からなくなってきました。
私の膠原病の彼氏の小さな粗末なオチンチンとは違い、凄い大きさ・太さで感じてしまいました。
酔ってて力が入らずにされるがまま・・・。
私も履いていたGパンを脱がされ、パンツも下ろされました。
「私お風呂入ってない・・・。ダメ・・・」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年9月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【マニアック】彼女に頼み込んでアナルセックスをさせてもらった話【実話告白】

彼女とは既に付き合って5年になるけど、最初の頃は普通のセックスしかしてなかった。
まぁ彼女は付き合う事自体が初めてだったし、そこまで性的なものに興味もなかったみたいだったし。
ただ俺は性的嗜好が元々腐ってたから、最初からそういう事をしたいとは思ってた。
元々女性が恥ずかしがっている姿を見るのがとても興奮するタイプの人間だったんで、付き合った最初の頃は、恥ずかしがる姿を見るのがとても興奮してたんですよ。
でも付き合って2年くらい経つと、段々と恥ずかしがる姿を見る方が珍しくなる。
何とかそういう姿を見たいと思ったのがキッカケだった。
でも、アナルセックスがしたいなんて言えないし、どうやって話を持っていこうかなぁなんて考えていた。
ある日、バックからセックスをしている時にアヌスが見えたんでちょっとイジってみようかと。
「触らないで」
とか拒否されるかなと思ったけど、思い切って少し触ってみたら、ちょっとだけ膣の締まりが良くなった気がして小さな声で
「…ダメ」
とか言うわけですよ。
そうなると久しぶりに興奮してきて、親指の腹で触っていたのを人差し指を入れてみました。
段々と興奮してきて、少し激しく指を出し入れしてたら
「…痛い」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ