【妹】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【実話告白】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。
ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。
まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。
まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。
3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。
ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。
もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。
家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。
「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」
「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」
「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」
ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。
誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【妹】妹と同居をはじめた 【実話告白】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。

3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。
ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。
まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。
まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。
3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。
ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。
もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。
家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。

引っ越しが終わって最初の夜。
「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【恋人】リアル過ぎる日本のラブドールに英紙衝撃 もう恋人は不要 【実話告白】

リアル過ぎる日本のラブドールに、英紙衝撃 “もうガールフレンドはいらないかも…”
2014年08月14日18:10NewSphere

 ラブドールの製造・販売大手オリエント工業が、1体たった1000ポンド(約17万2000円)ほどで、人間の女性と見分けがつかないほどの肌質や目の輝きを持つダッチワイフを開発した。

 同社は、現在の売れ行きから大ヒットは間違いないと自信をみせている。英紙など複数の海外メディアが同社のラブドールについて取り上げている。

【超リアルなガールフレンド】

 英デイリー・ミラー紙は、多くの男性にとって、理想の女性に出会うには時間がかかる。しかし、ある企業がその女性を数日のうちにあなたの家の前に届けてくれる、と記事を始めている。

 オリエント工業は、現在の技術で成しうる最もリアルな人形たちを販売している。最新作は、高品質シリコンの皮膚で覆われ、非常に人間に近い質感だ。一目見ただけでは、人間のガールフレンドとほとんど見分けが付かない、と海外メディアはその見た目の精巧さに驚いている。実際、メディアに掲載されている写真は生身のグラビア写真のように魅力的だ。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【不倫・浮気】セックスレスの私に、若い3人の子達が 【実話告白】

目覚まし時計の音に、夢の中から揺り起こされる。35歳になり、目覚まし時計に反応するまでの時間が長くなったのを実感する……。

まだ少しボーッとしているけど、いつものように息子を起こさないように、そっとベッドを出る私。そして、階段を降りて玄関に出て、ポストから朝刊を取り出す。テーブルの上に新聞を置くと、キッチンに入り、朝食の準備を始めた。

いつもと同じように始まり、同じ事を繰り返す……息子も可愛いし、夫も優しく、何一つ不満のない生活。でも、少しずつ自分が終わっていくような気持ちになり、無性に怖くなります。

夫は息子が小学校に入る頃に、別の部屋で寝るようになりました。息子が成長して、ベッドが小さくなったからですが、それをきっかけにセックスレスになりました。よくある話だと思います……。
でも、正直に言って、今さら夫とのセックスは考えられないと思っています。それは、家族に対して性欲が起きないのと同じで、夫はもう恋人ではなく、”家族”になってしまったと言うことなんだと思います……。

そんなことを考えながらも、いつもと同じように朝食をつくり、コーヒーを淹れていると、
「おはよ〜。あぁ、良い匂いだね」
と言いながら、夫がテーブルに座りました。そして私と目が合うと、ニコッと笑った後、新聞を読み始めます。
夫は、今年40歳になりました。5年前に、35歳で独立して弁護士事務所を経営しています。最初の頃こそ大変だったときもあったけど、すぐに順調に軌道に乗り、今では収入も3000万円を超えるまでになりました。
念願の大きな庭のある一戸建て、自分にはポルシェ、私にはジャガーを買い与えてくれた彼。誰もがうらやむ生活なんだと思います。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【外国人】シナで大人気の「メイソウ」とは? 【実話告白】

大炎上「メイソウ」行ってみた、日本・中国から批判殺到のパクリ店。

2014年04月26日13:20ナリナリドットコム

写真写真

先日、日本のネットで話題になった中国広東省発の生活雑貨店「メイソウ(名創優品)」。日本の100円ショップ同様、店内の商品を均一価格(10元=約165円)で販売する形態の小売店だ。同店が日本で注目された理由は、その名前や形態が「ダイソー」、ロゴや店舗デザインが「ユニクロ」、取り扱う商品が「無印良品」に似ており、「パクリじゃないか」と関心を集めたため。さらには「渋谷区神社前」という架空の本社所在地、須藤元気率いるダンスパフォーマンスグループ「ワールドオーダー」の楽曲の無断使用、三宅順也というブランド創始者の謎の日本人でっち上げなども発覚するなど、問題だらけだと見られている。そこでどのようなお店なのか、ナリナリドットコム中国特派員が広東省深セン市にある同店を訪問してみた。

今回訪れたのは深セン随一の繁華街として知られている東門にある、3月下旬にオープンしたばかりの新しい店舗だ。「メイソウ」は2013年9月、広東省広州市に1号店をオープンして以来、佛山市に2号店、江門市に3号店と次々と出店していき、すでに50以上の店舗数を誇る一大チェーンと化している(※同社の出店計画によると、年内に300店舗まで増やす予定)。ここ深セン市にも多くの店舗を構えているが、そのほとんどは比較的コストのかからない郊外に誕生しており、中国人中所得者向けに大都市中心部で店舗数を増やしている日本の「ユニクロ」や「無印良品」とは少々異なる営業戦略を取っている。

商品のラインアップは生活雑貨がひと通り揃い、店舗の大きさにもよるが、少なくとも200種類以上はあるようだ。キッチン用品や化粧品、食料品、文房具、衣料など、所狭しと並べられた商品は「日本輸入」と謳うだけあって、中国のほかの10元ショップの商品よりもお洒落なパッケージで包装されている。特派員が訪れたのは平日の夜だったが、多くの客で賑わっており、そのほとんどが女性、もしくはカップル。特に決まった人気商品があるわけではなく、それぞれ興味のある分野の商品を手に取っては眺めたり、テスターを試したりしていた。

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年5月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:外国人との体験談

【妹】妹と姫初め 連続中出し 【実話告白】

1月24日〜25日と連続中出しで妹のノリと散々やりまくった。
やっぱり中出しは、最高に気持ちいい。
おまけに妹がコスプレしよう!ということで大盛り上がりの1泊2日になった。
そして今回は、初めて妹の子宮の中に精液を全部ぶちまけた。こんなに気持ちいいものなのかと、考えが変わってしまった。今までいろんな女とセックスしたが、今まではただのじゃれあいでしかないと思う。なにより快感の度合いが全く違う。

1月24日(金)、夕方6時半に妹と待ち合わせ。
「お兄ちゃん、お待たせ〜。ごめんね、遅刻しちゃった。」10分遅れでノリが来た。
「うんにゃ、たいしたことじゃないだろ。なあ、飯食べようぜ。腹ペコだよ。」
「私も〜。お兄ちゃん、私が今日おごってあげるね。いつもお兄ちゃんじゃ悪いもん。」
「じゃあ、お言葉に甘えて、ノリに御馳走になるか!」「焼肉行こうよ!」
ベッタリとノリは俺にくっついて、二人で焼肉屋へ。
まずは戦闘前の腹ごしらえ。今晩は、二人とも外泊ってことで親に話してあるから、たっぷり時間もあるし。
もちろん、別々に用事があるってことにして。ノリはお泊り女子会、俺は大学時代の仲間との飲み会ってことした。
しっかり、焼肉で精力つけて。満腹にして二人ともいざ出陣!!

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【恋人】ダッチワイフの未来技術 【実話告白】

1:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)13:27ヒューマノイドロボと合体だ!!
欲しいぃ〜!

..3:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)15:59ホンモノの娘みたく動いたりしゃべったりするまであと何年かかるかなぁ、ハァハァ

4:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)16:11動くのにあと50年で喋るのがその50年後じゃねーの?

5:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:06>1
俺、彼女と結婚するYO

6:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:44一瞬生身の人間かとおもたヨ>>1

7:オーバーテクナナシー:2001/08/20(月)15:25びっくりして ボキしちゃったYO

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【人妻】借金を妻の体で返済【実話告白】

こんにちは、サラリーマンをしている37才既婚の男です。

自分で言うのも淋しいですが、僕はあまり出世に向かないタイプの人間です。
この年になっても未だに役職も無いまま過ごして来ました。
結婚はしたものの、給料が少ないので共働きで頑張っています。

妻は32才で、「真由実」と言って、特に目立つような美人ではありません。
妻の実家は一般的な家庭ですが、両親が厳しくて、付合っている当時の門限は10時でした。
そのせいか真由実は、すごく地味な女になったみたいです。
でも、顔だけ見ればかなりの美人だと思います。
体も肉付きが良くて、ムッチリしています。
確かバストはFカップあったと思います。

ただ、僕が言うのもなんですが、世間の女性と比べるとファッションが明らかに古い気がします。
もちろん僕も洋服に興味があるわけでは無いのですが、テレビなんか見ていると、妻が「昭和の女ファッション」みたいな事に気付きました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】生理中のロリ娘をクンニした【実話告白】

このまえ出会い系で知り合った女の子とご飯に行ったんだ。
掲示板に「今秋葉原にいるんだけど、暇だからご飯行ける人いない?」的な書き込みをした時にメールが来た女の子。
「私も秋葉原にいます。バイト終わって暇なのでご飯連れてって下さい!」ってメールが来た。
学生の頃みたいに時間がたくさんあればメル友つくって1ヵ月くらいメールしてそれから会いに行くって事もあったけど、今はすぐに会えるような感じじゃないと、メールがマメにできなくて途切れてしまう事が多い。
プロフィールを見ていたので19歳だから若いのはわかっていたが、待ち合わせ場所に来た女の子はヤバいくらいにロリ系だった。
背も低くて、痩せてて体重は40キロ絶対ないだろうって感じだ。
でも、不健康って感じはしなかった。
ちっちゃくて可愛いって感じ。
ご飯を食べながらいろいろ話を聞いた。
今は専門学校生で、メイド喫茶で働いてる。
一人暮らしでお金がないのでご飯を奢ってくれる人に会いたかったなど。
背ちっちゃいし、童顔だからいつも高校生に見られると。
「お金なくて最近もやしばっかり食べてました~」などと話しつつ二人でお鍋を食べてたのですが、いきなり「家賃が今月ヤバくて…」といきなり言われて…
優しい僕はお小遣いを少しあげました。
テラいい人!

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年3月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】青空の虜【実話告白】

第1話□夏休みの午後 ※
[1/3㌻]
——————————————————————————–
2年生の夏休みの午後1時。陽菜は、学校の最上階にある用具室に呼び出された。用具室とは名ばかりの物置で、使わなくなった机や椅子が雑然と積まれている。
薄暗い室内。自分を呼び出した同級生の美沙樹たち3人の姿はない。
仕方なく、「用具室につきましたけど」とメールを入れてみる。
返信メールの変わりに電話が鳴った。美沙樹からだ。
「あ、陽菜、そこで全裸になってー」
美沙樹の楽しげな声。うしろから笑い声が重なる。由香里と綾奈もいるに違いない。
「ここでですか?」
「そうそう。さっさと脱ぎなよ。わたしらが来るまでに全裸になってなかったら、洒落になんないよ?」
洒落になんないよ?は美沙樹の口癖だ。逆らえば、ひどい目にあわせる、と言っているだと経験でわかる。
「わかりました」
陽菜は、声を震わせながら、そう答える。
「全部脱いだら、電話してきな」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 1912345...10...最後 »

このページの先頭へ