【おっぱい】【寝取られ】振った彼女がビッチになる努力をしていた【実話告白】

俺は27歳の社会人。
付き合って3年経つ彼女(ココロ)に、最近結婚をチラつかされてうんざりしている。
ココロは155cmの40kg台で、小柄で少しロリっぽい。
今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。
俺としか付き合った事がなく、キスもデートも俺としかした事がない。
もちろんセックスも俺だけだ。
26歳なので結婚を焦る歳でもないと思うのだけど、最近突き上げがキツい。
セックスの時も、めちゃめちゃ恥ずかしがるくせに生で中出しを求めてきたりする。
できちゃった婚を狙っているのが丸分かりなので、必死で回避している感じ。
今日も、ココロの部屋でセックスをしてまったりとしていると、
「そういえば、9月に裕子が結婚するんだって。彼氏と付き合ってまだ半年くらいなのに、びっくりしちゃった!」
俺は、あぁ、また始まった…そんな風に思いながら、生返事をしていた。
「私達、もう3年経つね…早いなぁ~」
ココロがそう言いながら抱きついてくる。
小柄なくせに胸はボリュームがあるココロに裸で抱きつかれると、さっき出したばかりなのにまた勃起する。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ