【おっぱい】電車内で綺麗な女子高生の胸に顔をうずめてしまった【実話告白】

これは僕が小学6年生の時のお話です。
もう10年以上も前の出来事です。
その年の夏、僕は都内の某学習塾の夏季講習に通っていました。
塾に行くには山手線や中央線を利用するのですが、この路線は非常に混む!
この時、生まれて初めてラッシュアワーというものを体験したのですが、小学生だった僕は毎回本気で死ぬかと思いました。
まあ数週間で慣れる事ができましたが、やはり体が小さいと大変です。
さて、ある日の事です。
いつものように電車に乗ろうとしたところ、何と通常よりもさらに1.5倍くらい車内が混み合っていました。(近隣の駅で人身事故があったようでした)
さすがに乗るのを躊躇していたら、後ろから来た集団の波に巻き込まれて強制的に車内に!
こうなると子供の力ではどうする事もできず、ただ流されるままに一気に車内に押し込まれました。
この時既に僕は半分潰されていましたが、視界に一瞬だけセーラー服姿の女子高生が見えました。
ヤバイ!…と思った次の瞬間には、見事に彼女の胸に顔から突っ込んでいました(笑)
当時の僕の身長だと、彼女の胸の高さと私の顔の位置がちょうどピッタリだったのです。
もちろんすぐに離れようとしましたが背後から物凄い力で押されていて動けず、ついにはその姿勢のまま完全に身動きが取れなくなってしまいました。
完璧にハマってしまって、体をズラす事すらできません。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年10月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ