【近親相姦】避妊に失敗して姉との子供が出来てしまった【実話告白】

タカシさん(10代)からの投稿
—-
『【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした』の続き。
あの日、偶然目にしてしまった姉の日記帳の中に綴られていた姉の心のうちをもう少し書き留めておきたい。
「ミサトちゃんとタカシが部屋に閉じこもっている。時々、ミサトちゃんの甲高い声が聞こえる。最近の高校生はみんなこんな風なのだろうか」
「ミサトちゃんの声を繰り返し聞くうちに下腹部がキュッとなった。ミサトちゃんが帰って、タカシがシャワーを浴びている間に脱衣所からタカシのパンツを持ってきてしまった。男の匂いがする。匂いを嗅ぐうちに、いつの間にか私の指は下着のゴムをくくって自分を慰めていた。気がついたら私は下半身裸のまま眠っていた」
姉のベッドに忍んで行った日の事を読んだとき、何だか胸が締め付けられるようだった。
姉の葛藤を読むうちに始めてひとつになったときのことを思い出した。
「タカシのペニスが唇に押し付けられた時、ミサトちゃんがタカシを咥えている姿を想像してしまった。途端に私はミサトちゃんに負けたくなくて、大きく口を開いていた」
「タカシが私の喉の奥で暴れている間も、タカシは私の一番敏感なお豆を吸い続けていた。苦しくて、それでいて気持ち良すぎて私の舌が動き回ったせいか、タカシのペニスはいきなり膨張したかと思うと激しく脈打って、私の喉の奥に熱いものを流し込んだ」
「顎が外れるかと思った。タカシが出した精液を私は躊躇いもなく呑み込んでしまった。次の瞬間、タカシが私に覆い被さってきて、私の耳元で”挿れるよ”と言った」
「それだけは許されない背徳の領域だと思っていた。だからダメだと言ったのに、タカシは私の初めてを奪った。さっきまで私の口の中で暴れていたペニスが押し込まれて、物凄い痛みが走った。けれどもタカシに繰り返し出し入れされているうちに痛みは薄れ、やがて快感が私を襲った、初めてだったのに、私はタカシにイカされた。弟なのに、許されない行為なのに、私はイカされた」
日記にはその翌日のことが続けて書かれていたので、多分同じ日に書いたのだと思う。
「タカシの寝顔を見ているうちに、タカシがどのような気持ちで私の操を奪ったのかが気になり始めた。挿れないと約束したからタカシの言葉を信じていたのに・・・。信じていた私の気持ちなんてどうでもよかったのかと思ったらとてつもなく悲しくなった。そう思い始めるとタカシに聞かずにはいられなかった」
「タカシはどうしても我慢できなかったらしい。若い男の子なので仕方がないのかな。そう思った途端、タカシのことが愛おしくて仕方がなくなった。やっとミサトちゃんに追い付いた気がした」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【不倫・浮気】一番長い付き合いのセフレが嫌いな男の子どもを宿した【実話告白】

ポンズさん(20代)からの投稿
—-
久し振りの投稿です。
いままで自分のスペックを紹介してなかったので紹介したいと思います。
年齢→25歳。
職業→親戚の自営会社勤務。
婚姻→既婚(妻子あり)
大体今までの投稿は結婚後のことなので、関係を持った女性には妻子持ちのことは伝えていない。
笑職業柄、いつ家を出ても怪しまれないし飲みにいっても泊まってきても大丈夫、仕事上商品に傷をつけてもいけないから指輪もつけつない。
そんな俺を妻子持ちだと思う子もいない。
そんな俺が18歳の時から、妻と出会う前から関係を持っているセフレがいる。
名前はマイ。
マイは俺の3歳年下で出会った時はまだ中3だった。
出会ったきっかけは当時俺の中で流行っていた『mixi』で、当時はSNSに対する規制も甘く出会いたい放題だった。
いつもは俺から女にアプローチしていくが、マイは珍しく向こうから連絡してきた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【フェラチオ】【母子相姦】唯一の性体験相手であった元旦那に似てきた中学2年生の息子【実話告白】

小谷麻由美さん(30代)からの投稿
—-
私は36歳になるシングルマザーで、この歳で17歳の息子がいます。
息子は現在高校3年生です。
私が高校3年生の時、7歳年上の彼氏が出来ました。
僅か5回程度のHの末、付き合って半年後の3学期に彼氏の子を妊娠しました。
私はまだ17歳だったし、百貨店への就職が決まっていたけど、好きな人の赤ちゃんを堕胎する気になれませんでした。
私は社会人だった彼氏に結婚を迫り、妊娠したまま高校を卒業して、すぐ入籍しました。
私との関係がただの遊びだったと気付いたのは、結婚してからでした。
結婚する前から他に彼女がいて、しかもそちらが本命だったみたいで、私はその彼女から男を奪った悪女扱いをされました。
旦那も彼女との付き合いを止めてくれませんでした。
妊娠して婚前から性交出来なくなってた私など、もはや興味の対象ではなかったのでしょう。
新婚4ヵ月で私は耐えきれなくなり、離婚しました。
既に妊娠6ヶ月過ぎだったので中絶は出来ず、その年の10月に、私は18歳7ヶ月で息子を産み、シングルマザーになりました。
育児休暇の後、仕事に復帰してからは息子を育てる事だけが生き甲斐でした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【レイプ】不倫相手への復讐として兄妹に近親相姦させた【実話告白】

彩美と申します。私は足立区に住む27才、結婚1年目の主婦です。
2年前、まだ独身だった頃の話です。
世田谷区に住む、ある企業の役員の方の御自宅に住み込みで、22才の時から家政婦をしていました。
その役員の男性と私は、家政婦になってすぐ不倫関係になりました。
その方を私は本気で愛してました。
役員男性の家庭は、奥様の他に小学6年生の長男、小学5年生の長女がいました。
長男をタケル君、長女をユウコちゃん(いずれも仮名)とします。
不倫は家族に知られる様子もないまま3年近く続きました。
そして私は妊娠。
不倫相手だった役員男性以外との性交渉は一切経験が無かった当時の私にとって、胎児の父親がその役員男性である事は明白でした。
不倫とは言え、愛する人と作った子供です。
私は産んでシングルマザーになりたいと、役員男性に言いました。
役員男性は焦った様子で、中絶を強く要求してきました。
私は泣く泣く中絶をしました。
それから役員男性との関係がギクシャクし始めました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【おっぱい】大好きな同級生の家庭は性に対してオープンだった【実話告白】

群馬県/Y又はKさん(20代)からの投稿
—-
今22歳で2人の子供を持ってるこんな俺ですが、初体験は中3と早くも遅くもない普通な感じでした。
しかし、初体験はシチュエーションがなかなか印象的でした。
初体験の相手は大好きな同級生でした。
Hシーンまでなかなか遠いので飛ばしていただいて結構です。
仮にその娘をKとします。
Kは中3で初めて同じクラスになりました。
1学期は、ポニーテールで普通に「可愛いな~」ぐらいだったのですが、2学期になると、髪をバッサリ切ってしまいショートになってました。
ショートが大好きな私は、Kを見て一瞬で恋に落ちてしまいました。
二目惚れって感じです。
Kは合唱部に所属していました。
合唱部には小学校が同じ女子がたくさんいたのでKさんの事を聞いてみると、
小学女子「Kは好きな人いるんだって…」
って教えてもらって落ち込みましたが、せめて気持ちは伝えたいと思った私は放課後にKを呼び出しました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】小学生の時の塾の合宿で集団レイプされて妊娠、中絶【実話告白】

名無しさん(10代)からの投稿
—-
当時私は結構有名な進学用の学習塾に通っており、級友に彼氏もいました。
お互いに6年生なので性的な知識はそれなりにあり、危ないのは分かっていたので彼とはしていません。
ところが、合宿で知り合った中学生にレイプされました。
小学生から高校生まで抱えている進学塾なので、合宿では一緒でした。
建物は塾では一緒でしたので、たまに会うので目をつけられていたみたいです。
当時、私は小学生にしては発育が良くてDカップはありました。
合宿最後の夜にトイレに行った帰りに3人に襲われ、寝不足と疲れで抵抗が出来ずに、着ぐるみ剥がされ彼氏にさえ見せた事もない裸を異性に見られ……3人に代わる代わる輪姦されて、ロストバージンしました。
全て中出しで。
胸を弄ばれて、フェラも、キスも無理矢理させられて……正直感じてしまった自分が情けないです。
夜明け近くまで彼等の部屋(3人部屋)で輪姦されたのを覚えています。
写メも挿入されている姿、全裸を撮られて、泣き寝入りするしかありませんでした。
解放されて、部屋に戻っても寝れる筈がありませんでした。
次の日は午前中だけ授業で帰るだけ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【レイプ】旅行先で母ともども複数の男達に薬物を使われ何度も犯された【実話告白】

神辺靖那さん(10代)からの投稿
—-
母と私は、ある凄惨な体験により心に傷を負ってカウンセリングを受けています。
幸い、母の症状は殆ど問題無いくらいまで回復出来たようですが。
私は普段、美容師を目指す、ごく普通の女の子として生活出来ていますが、異性と目を合わせたり、触れ合ったり、話し合ったりする事が怖くて仕方がありません。
こんな場で告白するのは変かも知れないけど、未だに回復があまり見られない私に
『原因となった経緯を、勇気を出して秘密抜きで、思いつく限り詳細に誰かに伝える事が、回復に繋がるかも知れない』
とカウンセリングで言われ、色々手段を考えた結果、このような形で告白する事にしました。
私は何年も前ですが、母と一緒にレイプされました。
私は小学5年生で、当時10歳の頃でした。
母もまだ若く、32歳でした。
私の家庭は母子家庭で、物心ついた頃には離婚した母と2人暮らしでした。
私と母は夏休みに、私の同級生の女の子2人とそれぞれの母親の計6名で、4日間ほど泊まりがけで伊豆に行き、旅館の広い部屋に6人で泊まりました。
私と母は、この時のために買ったお揃いの白いビキニを着て海に出ました。
当時の私のブラやパンティと比べると細くて小さくて恥ずかしかったけど、母も私も体型は痩せている方でしたから、皆から

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ