【おっぱい】アパートでやってる朝のゴミ当番が楽しみになった理由【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
アパートに住んでますが、朝のゴミ当番が回ってきます。
月一くらいの感覚なんですが、正直面倒くさい。
会社に遅刻しないように7時半から8時くらいの間で手伝います。
分別ができない人などもいるし、気分的には良くないですが、ある時期からは楽しみになってしまいました。
分別ゴミはネットがあり、そこに持ってきた人に入れさせるんですが、ある時に近所の区長さんが
「しゃがんで袋を開けてあげなさい」
「君は真面目に来てくれるから・・・」
と意味不明なことを言ってきた。
そう言われてしばらくやっていたら、スッピンのパーカーの主婦が来たので、俺は資源ごみのネットをしゃがんで開けました。
「すいません」
とその人が袋に入れる時に・・・パーカーの胸元がばっくり開き、インナーのキャミから谷間が丸見え。
急いでいるのかお構いなし。
「ありがとうございました」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】いいと思ってた先輩の女友達とバーで再会した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
寒いが今年は雪が降らない。
冬は出会いは少ないが、ワンシーズンは共にいてくれるセフレが大体いる。
さえのことを思い出したから今回の投稿します。
さえは俺の二つ上でした。
最初の出会いは夏、先輩の友達が連れてきた。
ちなみに先輩は先輩の友達といい感じ。
さえは彼氏持ち、俺は彼女持ち。でも俺は彼女持ちを隠した。
初めて会った日、俺は隣の県に静かに過ごせる砂浜を彼女と見つけ、先輩にまずくっついてもらおうと思い、サプライズで遠出した。
さえもいるし暇にはならないだろうと思い、先輩達は後部座席、俺とさえは前で会話を楽しんだ。
一時間ほどで着くその海岸は案の定誰もおらず、ただ駐車場の明かりで怖さもない。
さえは彼氏持ちだからその場で口説くことはできず、先輩達を遠目に見ながらとても話題が盛り上がれた。
年上だからって同じ目線に話してくれるさえに少し惹かれてさえいた。
その日はそのまま帰宅し、先輩が次の日も約束した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年2月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】諸事情で長い間ノーブラでいたんだけど色んな男子に服の上から胸をよく揉まれてた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私の話でよければ、2つほど。
まず1つ目です。
小6の頃から胸が膨らみ始めたんですが、多分Bはあったと思います。
それでもブラは着けてませんでした。
隣の席のK君はそんな私の胸に興味深々だったみたいで、休み時間や先生の目を盗んで事あるごとに人差し指で私の乳首をピンポイントにツンツンしてきました。
周りの男子達も
「あいつ触ってるよ!」
といった具合に雰囲気が変わり、私は乳首を弄られてくすぐったいような、変な気分になりました。
しかし、私は本当に根からの引っ込み思案で内気で、何も言わないようにしてました。
そのうち、他の男子にもかわかわれながらツンツンされるようになり、放課後男子3人にニヤニヤされながらおっぱいを30分ぐらいツンツンされました。
乳首ばかり狙ってきて、次第に乳首が立ってきてしまい、男子達はニヤニヤ盛り上がりながら人差し指で乳首をさすってきたり爪で欠くように弄られ、その頃には私も変な気分になってた事を覚えてます。
もう1つは17歳の頃、胸はEからFの間になり、内気な性格や家庭的な事情もあってブラ欲しいとは言い出せず、実はノーブラでした。
Eカップでノーブラブレザーの女子高生なんていなかったと思います・・・。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【人妻】職場でお手伝いの楽しみはおっぱいの谷間【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
うちの会社は製造業で、自分は入庫出庫の管理をしている。
社内に来る荷物や製品の出荷、社内から出る荷物を運送会社に受け渡します。
一昨年から移動したんですが、ここは製造とは違って色とりどりの意味で素晴らしい。
まず自由があり、適度な時間に休憩に行ける。
そして、荷物を運送会社に渡したり受け入れる時間は忙しいが、それ以外それほどじゃない。
そしてもう1つの楽しみは、書いてありますが春から秋までのお楽しみ。
気づいたのは、夏前の時期の話で同じ部署の先輩女性のAさんから
「○○くん!荷受け手伝って!」
と呼ばれて手伝うことに。
暑い日で、彼女と一緒に来た小荷物を開けて品物をチェックしていた。
「ごめんね!」
と言われて作業をしている時にふと彼女の方を見たら、作業のジャンバーが少し下に開けられていて、中のインナーのキャミがまる見え。
しかも胸元が開いていて谷間がちらほら見え隠れしている。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年1月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【おっぱい】高校生の時、デートの日に寝坊して慌てて家を出た【実話告白】

埼玉県/きゃんなさん(20代)からの投稿
—-
ある日のデートの日、私は寝坊してしまいました。
理由は、前日に夜遅くまで来ていく服を選んでたからです。
寝坊しても、可愛くしていきたかったので、
『ごめん!ちょっと遅れるっ>
< 』
とメールしました。
待ち合わせ時間から10分・・・私はまだ家・・・。
「さすがにもう待たせるわけにはいかない・・・」
と思い、バタバタと家を出ました。
しかし、とっても大事なことを忘れてました・・・なんと、ブラをしてなかったんです!!!
きっとすれ違った人は
「あの人、ノーブラだ!!」
と思ったことでしょう・・・。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】寝坊して焦ってノーブラで電車に飛び乗ったけど最悪な一日だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学時代の夏休み前の事です。
その日は寝坊して目を覚ましていつもより20分も遅く起きてしまい、慌てて顔を洗って化粧をして学校に向かいました。
私の家は駅がすぐ近くにあるので、家を出るとすぐに電車に乗る事が出来ます。
慌てて電車に乗ると、なんとかいつもの時間の電車に乗れました。
どうしても遅刻出来ない学校だったので、ホッと胸を撫で下ろしました。
私は電車の中ほどの釣り革に掴まり、前の座席にはサラリーマンらしき若い男が座っていました。
その男性がなんか私の胸の方をチラチラ見ているような気がしましたが、いつもの事なので無視していました。
でもなんか気になって自分の胸を見ると、なんとトップが透けていて、思わず「あっ」と小さく声を出してしまいました。
ブラを付け忘れていました。
なんか胸が揺れるなーと思ってはいたのですが、あまりに急いでいたためなのか、パジャマの時の癖が出てしまいました。
慌てて前屈みになって胸を隠しましたが、シャツ一枚なので乳首のところが色が透けているようでした。
それをサラリーマンが凝視していました。
恥ずかしかったので腕で何とか見えないように隠しましたが、自分でわざとブラをしていないと思われてるみたいで恥ずかしかったです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】【胸チラ】同級生が炭に火を点けようと団扇で扇いでたら乳首が見えた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校最後の夏休みの終わりに、クラスメート20人ぐらいでバーベキューをしました。
高三だから最後の思い出を・・・みたいなノリです。
バーベキューセットは現地で借り、食材を買ってきて焼いて食べる。
ただそれだけなんですが、普段受験で遊べない俺らにはテンションも上がるイベント。
しかも半分ぐらいは女子なので、気になる子がいる奴らにもっとハイテンションです。
現地に集合して
「じゃー俺はこれやる」
「これやろうか」
と各々仕事を分担し、俺と友達は火起こしの役割をする事になりました。
炭と火を二卓分用意するという、火起こしなんてやったことのない俺は、友達の指示通り動いていました。
「お前は炭をやってて」
と言われたのでやり始めましたが、備長炭って本当に火が点かないんです。
後になって分かりましたが、薪に火が点きかけてからが勝負。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】サークルの同輩だったのんちゃんの胸チラ【実話告白】

べしみさんからの投稿
—-
まだ俺が大学生だった頃、サークルの同輩にのんちゃんという女の子がいた。
彼女は目鼻立ちのはっきりした美人だったが、とある県の田舎出身で化粧も服装も地味。
喋り方も、いかにも田舎の娘って感じの優しい娘だった。
胸チラとかに興味がある人だったら過去の俺の体験談を見たことあるかもしれないが、大学二年生の夏、俺は彼女の胸チラ、というか乳首まで目撃した。
その時、別の女が俺が胸を覗いていることをのんちゃんに指摘したが、のんちゃんは
「そんなことないよ~」
と俺を信じてくれた。
俺はそんな彼女に恋心を抱いていたが、告白するチャンスもないまま時が過ぎ、1年くらい過ぎた頃、彼女の家でサークルの焼き肉パーティが行われた。
その日早めに彼女の家に行った俺は、一年振りに彼女の乳首と再会した。
ただ、2人きりならそれでよかったのだが、その後の焼き肉パーティーで彼女は同輩達全員に乳首を目撃されてしまうことになるのである。
前置きが長くなってしまったが、これは今まで投稿することがなかったのんちゃんの胸チラ話の続き。
興味がある方はネットで検索して、これまでの話も読んで欲しい。
さて、のんちゃんと二人きりの時間を過ごした俺だったが、焼き肉パーティーの時間になり、サークルの同輩男女三人ずつで焼き肉が始まった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【オナニー】市民プールで自分の乳首をよくいじってる変態チックな男の人と仲良くなった【実話告白】

静香さん(30代)からの投稿
—-
人妻子供もいます。静香(仮名、30代)です。
子供たちも部活やなんかで遅いし、旦那も残業やら飲み会やらで遅いし!
でも、時間に余裕ができた私は学生時代にやってた水泳を再開し、市民プールにパート終わりや平日の休みの日に通うようになりました。
平日ということで、お年寄りが数名。たまにプライベートプールで私1人という時もあります。
時々、旦那くらいの歳で小太りの男性と会うようになりました。
ある日、水で冷えた体を温める、採暖室のドアに手をかけた時にその小太りの男性が見えました。
よく見ると、男性は自分の乳首を摘んだり摩ったり気持ちよさそうな顔をしています。
“えぇ~やだぁ~”
私は嫌悪感を覚えましたが、度々その光景を見かけるようになります。
見馴れるとあまり気にしなくなり、挨拶や言葉を交わすようになりました。
男性は田原英樹(仮名)。歳はやっぱり旦那と一緒で私より3つ上。
平日がお休みで、奥さんはいますが子どもはいないそうです。
雨の日、プールには私と田原さんだけでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【フェラチオ】【抜ける】Fカップの女友達がオレの500円玉を胸の谷間に隠しやがった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校生の頃、友達の家で皆でお酒を飲んでいた時の話。
とりあえず今までの人生の中で、一番興奮したエロ体験です。
友達の親が、
「酒は飲んでも飲まれるな。これが守れるなら飲んでもいい」
ってな人だったもんだから、その好意(?)に甘えて、お酒を飲むといえばそいつの家と決まっていたんだ。
で、いつも通り酒盛りをしていたらだんだん眠くなってきた。
同じようなタイミングで眠くなった女友達、サユキと一緒に、他の皆より先に奥の部屋で先に寝る事になった。
「人の家で変な事すんなよw」
「なんか怪しいなw」
とかなんとか言われつつ、童貞でヘタレな俺は、
「うっせーよ!付き合ってもいねーのにそんな事しねーよ!」
なんて、その瞬間としては本音のセリフを大声で返したりした。
あとで思い返してみれば、お前ら預言者ですか?と思うのだが。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ