【フェラチオ】クラスの可愛い子がマラソン大会でお腹を下したところを目撃【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
うちの高校は毎年10月に、男子25km・女子18kmのマラソン大会があった。
もちろん全員参加だったけど、雑談しながら歩いても8時間以内に戻ればOKだった。
そうは言ってもかなりの距離なんで棄権者が続出。
完走は男で6割くらいだったかな。
男子と女子は距離が違うけどコースは同じ。
折り返し地点が早いだけで、女子が男子の10分後にスタートっていう感じだった。
スタートしてからは、俺は仲のいい友人5人とジョギング程度のスピードで走ってた。
10kmくらい走ると、その内の2人が後ろのグループに入ると言って脱落。
俺を含めた3人はサッカー部なんだけど、サッカー部には100番以内に入らないといけないという変なしきたりがあったんで、俺と友人M、友人Tの3人はジョギングのペースを落とすわけにはいかなかった。
女子の折り返し地点が見えてきた辺りで遅れてスタートした女子の先頭集団に抜かれ始めた。
陸上部のYさんというクラス一の美女がその集団にいたんで俺達は
「頑張って」
と声を掛けた。すると彼女はニコっと笑って俺達をあっという間に抜き去って行った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】【体操服】巨乳で可愛いクラスメートに土下座しておっぱいをナマで触らせてもらった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺が中3だった時の話。
俺の学年は1クラスが男25・女10で計3クラス。
女子が少ないせいか、巨乳はデブを除くと1人しかいなかった。
その子(綾瀬)の顔は30人中7か8番目ぐらいの可愛さで、髪はセミロングのストレート。
背は155cmないぐらい。小柄なのに体つきがかなりムチムチで俺の好みだった。
性格はお人よしで優しく、八重歯が見える笑顔が可愛い。部活は剣道だった。
俺と綾瀬は中2だけ別々のクラスで疎遠だったが、同じクラスになった2年間は授業中や休み時間によく喋ったりしていた。
中3になり最初の家庭科の授業の事。
パーカーを作る事になり、女子は更衣室でサイズを測り、早めに戻ってきた女達が俺の後ろの席に座り、会話の一部が少し聞こえてきた。
「綾ちゃんDカップなんだって!」
「えっそんなにあるの?確かに綾瀬ちゃんって胸一番おっきいよねー」
全部は周りの喋り声がうるさくてハッキリ聞きとれなかったが、俺は同級生に巨乳がいる事が分かっただけでも物凄く嬉しかった。
体操着姿で綾瀬の巨乳を拝んでみたいが、体育は男女別々で校庭と体育館に別れ、雨だと校庭組は卓球場になる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】体育祭を抜け出してブルマ姿の先輩と後輩と濃厚なエッチ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
「不良グループの美人先輩と後輩を交えた初体験」
「セフレのヤンキーギャル2人と学校サボって海水浴に行った」
の続きです。
中2の時、俺は3年生の梨奈先輩と1年生の千夏、2人のヤンキーの女の子とセフレのような関係にあった。
放課後、時には学校をサボって梨奈先輩の家で3人でエッチをしまくった。
夏休みが明けて2学期がスタートすると、放課後の校内で3Pをする事もあった。
空き教室、別棟のあまり使われていないトイレなんかは絶好の場所だった。
9月の末、体育祭の前日に梨奈先輩からメールが来た。
『午後の競技が始まる前に体育館裏に来て』
梨奈先輩からのお誘いに、AVやエロ漫画でよくある体育倉庫でエッチができると思いテンションがあがった。
体育祭当日、競技自体何の興味も無くダルかったが、梨奈先輩と千夏が見ていると思うとテンションが上がり、いいところを見せてやろうと思った。
一方意外にも梨奈先輩と千夏も競技に一生懸命だった。
梨奈先輩は元バレー部で、素行不良で退部にならなければレギュラー候補であったと千夏から聞いた事があったし、千夏はそのバレー部に現在も所属している。(俺たちの中学は入学時、強制的に部に所属しなくてはならない校則があった)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【小中学生】水泳の授業でわざと水着を忘れたら半袖の体操服を渡された【実話告白】

中学の時の水泳の授業は、スクール水着を忘れた時は更衣室やプールサイドを20分程掃除して後は見学をしていてよい事になっていました。
実際に忘れる人は、いても1人か2人でしたが。
同じクラスの私達仲良し5人組で、着替えるのが面倒なのと髪の毛が濡れるのが嫌で、わざと水着を忘れて(というか持って来ないで)水泳の授業は見学しよう、という事になりました。
水泳の授業が始まる前に、5人組で体育の先生に、”水着を忘れたので見学させて欲しい”と言いにいったら、5人もいたのと、私達がわざと忘れたのがバレバレだったみたいで、怒ってしまい
「見学はダメだ!ちょっと待ってろ」
と言って校舎に戻っていきました。
代わりのスクール水着を持ってくるのかと思っていたら、片手に竹刀を持って、もう片手に何か白いものを持って戻ってきました。
「これで泳げっ!」
と言って私達5人組に手渡したものは落し物の予備の半袖体操服(上着)でした。
てっきり水着を渡されるものだと思っていた私達は呆気に取られてしまい、体操服を持ってしばらくボーッとしていたら、先生が
「何やってるんだ!早く着替えろー!」
と言って竹刀をタイルに叩きつけました。
見られないようにしゃがんでからスカートとパンツを脱いで下半身裸になって、体操着の裾を引っぱってあそことお尻を隠そうとしましたが上手くいきません。
体操着は小さめのもので、身長が普通の私達3人はあそこを隠そうと裾を引っぱるとお尻が出てしまいます。
仕方なく片手で裾を引っぱってあそこを隠して、もう片手でお尻を隠しまして立ち上がりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【マニアック】日直で一緒だった体操服姿の同級生のお尻を見てたらバレた【実話告白】

まだ童貞だった中2の秋の思い出。
当時は体育の授業がまだ男女合同で、終わったら日直が道具とか片付ける事になっていた。
その日は6限が体育で、クラスマッチの練習かなんかだったと思う。
その日は俺と、陽子ちゃん(仮名)が日直。
陽子ちゃんはクラスでもそんなに目立たない、色白でショートカットの少し背の高い子だった。
1階の体育倉庫に道具を片付けて、2階にある職員室に鍵を返しにいく。
階段で、陽子ちゃんは俺の少し前を上がっていく。
陽子ちゃんは細身だけど、お尻はしっかり腰骨が張って肉づきがよく、そのお尻が紺色のぴっちりしたブルマに包まれて、俺の眼前1mもないところで階段を上がる度に揺れている。
本人は気づいていないのか、ちょっとサイズの小さいブルマはかなり食い込み気味で、下着のラインもお尻の割れ目もくっきり見える。
俺は洋子ちゃんのお尻から目が離せなくなった。
踊り場を曲がる時、洋子ちゃんが俺の方をチラッと見てきた。
『ヤバいお尻を見てたの見られた!』
しかし、陽子ちゃんは何も言わずに階段を上がっていく。
俺は見まい見まいとしながらも、また陽子ちゃんのお尻が揺れるのを見つめてしまっていた。
鍵を返して教室に帰る途中、陽子ちゃんが話しかけてきた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年12月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【高校生】高校の時にクラスのギャルに脅されて仕方なく好きな人の体操服を着たら【実話告白】

あれは高校3年生の時、クラスの女子の権力を持った集団(俗に言うギャル達)のうちの1人の事を俺が好きだという事がギャル集団のボスにバレてしまった。
当時、俺はクラスに友達なんて1人も居なかったし、休み時間も寝て過ごしていた。
ボスは俺に対して、クラス中にバラしていいかと聞いてきた。
それは困る、とボスの言う事を聞く事に。
そして、ボスからの命令。
それは、
『好きな子(Aさんとする)の体操服を盗め』
だった。
仕方なく俺は指定された日(確か土曜日)にボスと一緒に教室へ。
「見張っててあげるから」
とボスは教室の前に移動。
俺は急いでAさんの体操服を持って教室を出た。
ボス「何してんの?」
僕「え?」
ボス「着なきゃ意味ないでしょー??」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【オナニー】体育祭の器械体操で女子に馬乗りになり射精してしまった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
これはまだ若かりし頃の当時中学生の時の話。
体育祭で器械体操をやる事になって、みんなで練習していた。
俺はピラミッドの練習をしたり、まぁ色々辛い思い出しかなかった。
そんな中、ちょっと普通では無いような変わった体操を体育祭でやろうという事になった。
クラス全員が円を二重に作り、クルクル回り最後に内側の円と外側の円の人がバサっと倒れこむという演技。
文章では伝わりにくいが、これを大人数でやるととても綺麗な演舞に見えるらしいのだ。
本番では外側の人が内側の人の人と人の間に倒れこむというのが正解であった。
色とりどりの服を皆が来ているのでそのグラデーションを表現しようというもの。
かなり練習では手間取ったが、それなりにみんな出来るようになり本番へ向かう事となった。
そして体育祭当日。
9月だがまだ残暑が残っていて相当暑い日だった。
うちらの番が来てみんな一通り基本的な体操をして、最後にフィナーレの創作体操。
俺は外側の円で回っていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

このページの先頭へ