【マニアック】スカートめくりの罰として、皆がいる教室で下半身丸出しにさせられた【実話告白】

今から25年ぐらい前の話ですが、スカート捲りの罰として、5年生の僕はパンツを脱がされました。
今では考えられない罰ですが、当時は厳しい先生が親に信頼されていた事や、そういう罰もあるのかなという思いや、それに何よりスカート捲りした事の恥かしさで親には言えませんでした。
小学校で5年生になるまでは、ほんの数回スカート捲りした事があったのですが、せいぜい廊下に立たされる程度で済んでいました。
ところが、5年生からの担任の50歳ぐらいのスケベな女の先生は、久しぶりにスカート捲りした僕に教壇の上でパンツを脱ぐように言ったのです。
僕は
「ブルマーを穿いてました」
と言い訳しましたが、
「スカート捲り自体があかんねや」
とニコニコしながら一言、最後に
「もうしません」
と言いましたが
「あかん」
と笑顔で言われました。
教室はざわつき始め、これでチンチンが皆の前にさらせれると思い惨めなドキドキした気持ちになりましたが、先生が
「黒板の方を向いて脱ぎなさい」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年9月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ