【おっぱい】ちょいブサぽっちゃりの幼馴染のおっぱいはGカップ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
幼稚園から中学までずっと一緒だったちょいブサぽっちゃり女がいるんだけど、ずっと恋愛話とかしてた良き友って関係だった。
難しいとこだけど、身体は篠崎愛をもう少し太らせた感じ。
顔は松下奈緒に似てるって本人が言ってた。
超絶勘違いだと俺は思ってるけど、ここでは奈緒って呼ぶ事にしよう。(不本意)
お盆に実家帰って会った時に
「この前は相談乗ってくれてありがとね!」
って言われたので
「お礼しろよお礼!!」
って言ったら、
「おっぱい触るくらいならいいよ!」
って(´・ω・`)
聞けばその女、処女じゃないとか言ってたのに本当は嘘で、23にしておっぱいすら触られた事がないとの事。
じゃあ遠慮なく・・・と、前々から気になってたGカップのおっぱいを触ると凄く顔が赤らんでくる。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】同級生の仲間内で「本当にあったエロい話、告白大会」を定期的にやってる【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
「本当にあった怖い話」
をもじった、仲間内でやった
「本当にあったエロい話、告白大会」
での出来事です。
僕たちは高校の2,3年に同級だった割りと仲の良いグループで、フルに集まると男子5名、女子6名+その時都合がついた子たちみたいな集まりでした。
高校を卒業して進路がバラバラになり、みんなが集まれるのが夏休みとか年末年始の休み(冬休み)に限られていましたので、夏休みに盆&暑気払いで1泊2日、年末年始に忘年会と称してやはり1泊2日の大飲み会を開催していました。
高校を卒業した夏休みから開催していますが、企画したり運営したりするのは地元に残った僕がやっていました。
別に嫌々やってたわけじゃなく、企画したりするのは好きでしたし、仲間が凄く仲が良くて仲間が喜んでくれるのが好きで、進んでやっていました。
まぁ他の皆は都会に出ていましたし・・・。
この「ほんとにあったエロい話」は卒業して2年目の夏休みから行なっています。
それまでは近況報告みたいなものをしてましたが、まだ若く貴重な体験らしい体験もなく、自己報告なので面白い話もそれほどなく、成人する事もあり酒の上での失敗談とか色気のある話とか聞きたくて、本人に限らず実際にあったエロい話を告白しましょう・・・みたいなノリで車座になって一人一人が話していくようにしました。
初めは言い出しっぺの僕が、中学生の頃からヤっていたオナニーを先日母親に見つかり、タイミング悪く母親が見てる時に出してしまい、手の中が精子だらけになっている時に母親に
「早くお嫁さんを見つけて無駄に精子を出さないように」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【初体験】家で1人留守番してたら部活で仲いい先輩がいきなり訪ねてきた【実話告白】

東京都/マミさん(10代)からの投稿
—-
私とユウキ先輩は同じ部活で、結構仲良しです。
好きという感情はあまりなくて、頼れる先輩って感じでした。
そんな中、夏休みに合宿がありました。
合宿の1日目の夜にLINEで
『風呂場の前来て』
と呼び出されました。
その時点で色々察したんですけど・・・もちろん告白されました。
でも好きとかそういうの無かったんで、断りました。
で、合宿が終わって3日後くらいに私の母が出張で家を開けなきゃならなくなり、私は一人っ子なのでお家で一人ぼっちでした。
父は離婚していません。
Twitterで
「親いない~ひとり~」
みたいなことをツイートしたらなんとユウキ先輩、前触れもなくお家に来ちゃいました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】恋愛相談と言ってウチに入り浸っていた後輩【実話告白】

俺が大学生の時だったが、なぜか我が家に入り浸る2つ下の後輩がいた。
その子は俺と同じ学年の奴が好きで、俺がそいつと一番仲良かったので相談に来ていたのだった。
俺を男ではなく、良きお兄ちゃんとしか彼女は見ていなかったみたいだった。
だから俺のチンコの気も知らず、平気で泊まっていったりもしていた。
我が家は布団が1つしかなかったので一緒に寝ていた。
そんなある日、
「お前、俺も男なんだからこのシチュエーションだと襲われても仕方ないよ」
と言うと。
「Aさんはそんな事しないもん」
とかいう始末。
とは言いつつ拒否る女を抱くのは性に合わなかった俺は手を出さずにいた。
ある日、バイトで店長に怒られたらしく酷く落ち込んで彼女が家に来た。
愚痴を聞いてあげたその夜、いつものように。
「いい加減襲うぞ」
と言うと。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】中学時代、着替える際に同級生の子にチンコを見られた【実話告白】

中学1年生の時の話。
体育の為に着替えたんだけど、パンツと太ももの間から(ズボン穿く時に)女子の美和に見られた。
それ以来美和は冷やかしで
「見えちゃたよ」
と言ってくる。
いい加減ウザくなり、
「詳しく見てみたい?2人きりで誰にも言わないならいいよ」
と言ったら美和は顔を赤くしながら頷いた。
その週末の土曜日、半ドンの学校が終わり部活が終わった時、たまたま美和と帰りが一緒になった。
俺はサッカー、美和は軟式テニス部。
美和が、
「約束覚えてる?」
と言うので俺の家に行って見せた。
当時、俺のチンコは皮を半分被ってた。
少しずつ痛さと格闘しながらムキムキしてた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】訪問販売にきた女の人の胸の谷間から乳首が見えた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
小5の夏休みの日、1人で留守番してると30~35くらいの女の人が教材を売りに来た。
当時の私は極度の人見知りと内向的性格によりまともに対応出来ず、向こうが尋ねてそれに対して「うん」「違う」と返答し、家には私1人という事は向こうに伝わった。
当時の私の家は玄関は1人でいっぱいな上に、よいしょと60㎝くらいの段差を上がる様になってた。
女の人は
「とりあえず内容だけでもボク、見てよ」
と私の足元に教材を広げて簡単な説明を始めた。
オロオロする私。
その時、あることに気付いた。
大きく開いたワンピの胸元から屈んで浮いたブラの間から乳首が見える!
その時の衝撃と興奮は今でもありありと思い出せる。
段差により上から覗き込む様な絶好の好位置。
食い入る様に見つめてしまい、つい鼻息も荒くなりました。
当時の私は電話で話したりするのも緊張し、鼻息で話してる事が分からないと言われるくらいでしたからかなり大きな音がしてたと思います。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】アルバイトとして入ってきた美人が僕の部下になった【実話告白】

うちの会社では年末の繁忙期に大量のバイトを雇い入れます。
大半はおばちゃんです。
たまに学生やフリーターの若い娘がいても、僕とは無関係で言葉を交わす事も無く通り過ぎていきます。
入社以来、彼女もいません。
今年もおばちゃんに取り囲まれて過ごしています。
そんな色気の無い職場ですが、去年だけは違いました。
去年の僕に起きた奇跡を書きます。
去年の11月中頃の事です。
今年もおばちゃんばかりだなと思っていると、そこに彼女は現れました。
事務所の入り口にバイトの面接に来たと思われる彼女が立っていたのですが、僕は見とれてしまいました。
外見は菅野美穂に似た感じでした。
いいえ、菅野美穂より綺麗でした。
係長が面接している間も僕はチラチラと様子を窺っていました。
本当に綺麗な娘でした。
当然、僕には無関係な部署へ行くんだろうと思っていました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】家族旅行で来てた旅館先の露天風呂でクラスメートの女子2人と偶然会った【実話告白】

僕が中3の時、家族で温泉旅行に行きました。
その旅館は色々なお湯があって、混浴でした。
深夜の2時頃まで兄貴と卓球をしていたのですが、さすがに疲れてしまったので、兄貴はそこで寝ました。
でも、僕は風呂に入ってから寝ようと思ったので、人気のなさそうな露天風呂に1人で行きました。
中には誰も居なかったので、身体を洗いすぐ湯に浸かりました。
すると、脱衣場の方から女の人の声が聞こえました。
そこは家からも近い場所だったので、知り合いが来てもおかしくはないですし、4連休を利用してクラスの女子が、
「休みの日に○○旅館に行かなーい?」
などと話していたので、
「まさか・・・・・?」
と思っていたらそのまさか。
同じクラスのHとFがタオルで身体を隠しながら、入ってきました。
うわぁまじかよと思っていたらHが、
「あれっ、Kがいるじゃん!!!どーしたの?」
と言いました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年10月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ