【おっぱい】【抜ける】ずっと好きだった女友達が寝てしまって、おっぱいを好き勝手した話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
つい先日、長年友達のような付き合いを続けてた女友達にイタズラしてしまいました。
相手がオレの事をどう想ってたのかは分かりませんが、先日遊びに出かけた帰りにそのままオレの家に来た時の話。
2人で飲んでるうちに彼女が寝てしまったのです・・・。
その時は変な考えはなかったのですが、一旦起こしてベッドに寝かせ、クーラーが効いた部屋だったので布団をかけてやったのです。
それから30分程たった頃(オレはまだ1人で飲んでました)に彼女を見たら布団を跳ねのけていました。
彼女の格好はチビTシャツにダボダボのズボン。
お腹丸出しにして眠ってるではないですか!!
友達付き合いをしてるとはいえオレは彼女が大好きなのです!
そんな彼女がお腹丸出しで無防備な格好のままオレの目前にいる!!
しかもチビTは推定Cカップをクッキリと浮かびあがらせているではありませんか!!
彼女とは手すら繋いだ事もない関係だったのですが、そんな彼女の寝姿を見ていたら・・・つい、オレの手は彼女の胸に伸びてしまいました。
シャツの上からとはいえ初めて触る彼女の胸。
もうオレは我を忘れてしまってました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】寝ている彼女に挿入しようとしたら起きたので他人のフリしてみた【実話告白】

昔、今の嫁と遠距離で付き合っていた時の事。
仕事が終わった金曜日、早速彼女の家に行った。
時間は遅く、既に0時過ぎ。
彼女は寝ていたので、1人で風呂に入る。
■ちなみに俺と彼女について。
俺:その時27歳くらい。
彼女からは「Yくん」と呼ばれている。
彼女:俺より1個下。K。
エッチは奥手。
普段ぶっきらぼうだが、甘える時は凄い甘えるし、エロくなる。
風呂から上がって、ベッドの中で寝ている彼女を見ると何だかムラムラしてきた…。
そこでごそごそとベッドに入り、彼女の横へ。
横から胸を触る。
「んん…ん…」
と、仰向けだった彼女は俺とは反対方向を向く。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】見えてる事に気付かないで宅配便を受け取る無防備な彼女【実話告白】

その日はゴールデンウィークの真っ只中でした。
普段は遠距離恋愛の私達は、1人暮らしの彼女の部屋で昼からHに励んでいました。
ちなみに彼女の身長は153センチ。
小柄で胸は大きいですが、タレントで言うと安倍なつみに似たロリ系です。
性格は俗に言う「ぼけぼけ天然系」。
玄関のチャイムが鳴ったのは、彼女が俺の上で腰を振っている真っ最中でした。
ピンポーン♪
彼女「あっヤバっ!」
郷里の母親から宅配便で荷物を送ったと聞いたのを思い出した彼女。
彼女「は~い!!!」
全裸のまま大きな声で返事をする彼女を下から見つめる俺。
彼女「ちょっと貰ってくる!」
彼女は腰を浮かすと、脱ぎ捨ててあったパジャマを着て玄関の方へ走っていきました。
ちょっとふてくされた俺が布団に潜ってから数分・・・。
彼女「あ~コレ美味しいんだよ~♪」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【高校生】知らないふりばかりする隣の席の女の子【実話告白】

高校に入学当初、隣の席の女の子と仲良くなった。
1週間ぐらいして、その子をスクールバスで見つけて声をかけた。
自分「おはよう」
彼女「え?あの、誰ですか?」
自分「へ?何言ってるの?隣の席の○○だけど」
彼女「は?隣の席は□□って人ですけど。多分、それ(知らない名前)です」
自分「え?それ誰?」
そこでスクールバスが学校に着いてしまい、話は終わってしまった。
その後、校舎に入って階段を上っていると彼女を見つけた。
自分「おはよう」
彼女「え?誰?」
自分「え?さっきスクールバスの中で会ったじゃん」
彼女「は?人――違いです」クスッ
笑いながら階段を上って行かれて何が何だか分からない自分。
クラスに着いたら、隣の席の彼女はもう自分の席に座っていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【M男】酔っ払ったデリヘルが部屋番号間違えてウチに来た【実話告白】

大阪府/NMB共和国さん(30代)からの投稿
—-
「前回の話:セフレの1人が職場のハゲオヤジに襲われかけたので仕返し」
38歳妻子持ち、会社員です。
13回目の投稿です。
以前勤めていた会社での出来事。
仕事が忙しく同棲するような特定の彼女が居なかった28歳当時、コウ(32歳)・N子(35歳)・A(21歳)・F(31歳)・H美(18歳)と5人のセフレと週1~月1の関係があった。
また、前回投稿したようにN子の娘K(15歳中学3年生)ともセフレみたいになってしまった(汗)
行きずりの女性達も含めて、性生活は順調だった。
しかしこの頃、1番性に貪欲なAが妊娠してしまい、話し合った結果、堕胎する事になった。
その後初めて抱いた時は、俺に見えないように泣いていた…。
けど若さからか、回数を重ねると以前にも増して貪るようなフェラやバックでも自ら腰を振ったりなど、俺も堕胎の事を気にせずに抱けるようになった。
中出し以外は以前と変わらぬセックスに俺もAも満足で、
「ハァ…ハァ…美味しい…」
口に出した精子をお掃除フェラをしながら、満足そうに飲んでいる。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談

【おっぱい】隣に引っ越してきた若妻の格好がだいぶ無防備だった【実話告白】

アパートの1階、斜め下の部屋に若い夫婦が引っ越してきた。
奥さんは20代前半くらい。
旦那は30代くらいで、とても仲の良さそうな夫婦だ。
奥さんは小柄で、少しぽっちゃりしていて程良い肉付き。
凄く愛想の良い女性で可愛らしい。
夏は薄着で玄関の掃除とかをしている。
薄着だけならまだしも、半ケツで谷間全開。
若干乳首が浮いていて、何回もそれをおかずに抜いた。
正直旦那がかなり羨ましかった。
ある日、仕事から帰ると奥さんが俺の部屋の前に立っていた。
ちょうど奥さんも来たばかりだったようで
「旦那出張なのに煮物作り過ぎちゃって、良かったら食べてください」
と温かいタッパーを渡された。
俺がお礼を言ってタッパーを受けとると、奥さんは頭を下げて帰っていった。
その日の夜20時過ぎに、俺はタッパーを返そうと夫婦の部屋を訪ねた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年10月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【オナニー】オナニーしてる時に好きな子から連絡網が回ってきた【実話告白】

文化祭の準備を一緒にやってる班に気になる女友達がいた。
で、その子に何かの連絡網で
「今夜電話するからね」
って言われて、家の電話番号を教えた。
オレは携帯持ってないから、メールで事務的に済まされる可能性は無い。
確実に、直接、声を聞いて話せる!
好きな女子から今日、電話がかかって来る!
オレはワクワクした。
ワクワクしてたのに、夜にはすっかり忘れて、オナニー(3回め)に夢中になってた。
もうすぐイケそうなとこで部屋の子機が鳴った。
チッ。
家族の誰かが出るだろう、放っておこうと思ったけど
「あっ○○からか!」
と思い出して、慌てて電話に出た。
チンチン丸出しで。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2013年9月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【レイプ】【お勧め】寝てる彼女に挿入していたつもりが親友の彼女に挿入してた【実話告白】

以前俺の部屋で宅飲みした時の話。
メンバーは俺、彼女の安奈、友人の涼一、その彼女の愛香ちゃん。
ビールやシャンパンを浴びるように飲んだ俺らはいつの間にか眠り込んでしまった。
何時くらいだろうか、夜中に気が付いた時には部屋が真っ暗になっていた。
ベットで横になっている俺の前に彼女の安奈が寝ている。
薄暗くてよく分からないが、床には友人達が寝ているようだ。
朝方だったからなのか、朝勃ちみたいに股間がムズムズする。
彼女の甘い香りにずっと刺激されていたからかもしれない。
とにかく急に発情してしまった俺は、友人達に気付かれないように、寝ている彼女にちょっかいを出し始めた。
こいつもすっかり酔っ払って寝てしまっているようで、全く起きる気配無し。
他の人間がいる暗がりの中で、彼女に夜這いをするシチュエーションに興奮してしまった。
その時はとにかく入れたかったので胸とかは後回し。
ショートパンツの中に手を入れて、いきなり直にクリトリスを愛撫した。
“ん~”とか、”あ~”とか寝ていても感じてしまっている俺の彼女。
みるみるアソコからヌルヌルした液体が溢れ始め、滑りが良くなってくる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ