【おっぱい】大学の友達のセフレに筆下ろしされて仲良くなった話【実話告白】

スペック(当時)
俺:22♂不真面目な大学院生キモメンでチビ。ありえん。そしてキモヲタ。何故か神社仏閣めぐりが好き。
友人:24♂大学生。浪人で留年。眼鏡イケメン。とりあえず無気力な奴。モテモテでセフレが何人かいる模様。
そういえばアニメのディーふらぐ!の中に似てるのでアタルとしておく。
女の子:23♀フリーター。今は就職してる。背は低め、鼻の低い北川景子って感じ。胸はDらしい。ケイコとしておく。
2年前の夏休み前、そんな時期であるからして学部生たちは色めき立っていた。
ある日の昼、学食で飯を食っていても所々では夏休みの旅行の相談。
カップルらしき男女は海に行く算段を立てて喜んでいた。
しかしまぁ僕のように院生、なおかつ不真面目で結果が思うように出ていない院生は、盆も暮れも関係なく明日の実験の事しか考えていない。
旅行らしい旅行なんて、学部生の頃所属していたサークルの仲間とスキーに行った程度。
しかも野郎のみ。
そんな灰色の青春を謳歌していた僕は、いつも通りの夏が始まるなぁと思いを巡らせていた。
「おーい◯◯(俺)」
後ろから元気な声がかかる。
振り返ると、しばらく顔を見ていなかったアタルだった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ