【おっぱい】【母娘丼】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【実話告白】

東京都/トモさん(20代)からの投稿
—-
叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。
叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。
都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。
大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。
まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。
自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて
「一緒にお風呂に入りたい」
とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。
大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。
一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。
極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。
しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。
叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】密かに恋心を抱いてた若い叔母と従妹の3人でお風呂に入ることになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
オレが小6の時、父方の祖母が末期ガンで入院した。
いよいよ危ないという知らせを受けた翌日、学校を休んだ1人っ子のオレは、両親に連れられて車で5時間ほどの父の実家へと向かった。
それから3日間ほど、両親は父の兄弟や親類と共に寝ずの看病をしていた。
その間オレはというと、父の実家周辺で暮らす親戚のうちを転々としていたが、顔馴染みの叔父叔母やいとこ達と過ごす事に何の抵抗もなかった。
だが、祖母の危篤状態という事で皆一様に表情は暗かったのを覚えている。
当時オレは発育が遅く、まだ小4と言ってもおかしくないほど小さかった。
しかしオナーニだけは覚えが早く、当時は既に友達が万引きしてきたエロ本を借りては親の目を盗んでシコシコしていた。
女体に対する好奇心も人一倍あったと思う。
そして3日目の夜、その日は父の弟の家に泊まる事になった。
内心オレは小躍りしたくなるほど喜んだ。
なぜならそこには親戚中でも評判の美人で若い奥さんがいるからである。
オレにとっては血縁のない叔母であるが、小さい頃からとても可愛がられた。
そしてオレは、その叔母の美しさと優しさに恋心にも似たものを抱いていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】25歳の叔母の下着でオナニーを繰り返してた【実話告白】

大阪府/名無しさん(40代)からの投稿
—-
僕の初恋は小学生の頃叔母さんにでした。
叔母さんは当時は25歳位だったと思います。
いつも遊びに行っては叔母さんのタンスから下着を物色してはオナニーを繰り返していました。
ある日叔母さんの家に泊まる事になり・・・ドキドキした気持ちでいました。
夜、叔母さんがお風呂に入っている隙に脱ぎたての下着でオナニーしようと風呂場へ・・・叔母さんは全く気付いていませんでした。
脱ぎたてのパンツはシルクでテカテカツルツルでした。
そのパンツを握りしめ、トイレでクロッチの部分を・・・そしたら凄くヌルヌルして濡れていました。
必死でクロッチを舐めながら爆笑させようとした時、叔母さんが風呂から出てきたんです。
「○○ちゃん・・・何してるの!?」
って怒られましたが、以前から下着でオナニーしてたのも知ってたと言われました。
そんなに私の下着が好きなら毎日下着でオナニーしてるところ叔母さんに見せてって言われました。
子供だった僕は欲求に勝てず、ほとんど毎日叔母さんのアソコの匂いのついた、もちろん濡れ濡れの下着でオナニーしたました。
エスカレートして、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】小学生の頃に専門学校生の叔母と一緒にお風呂に入った【実話告白】

東京都/達也さん(20代)からの投稿
—-
マキ姉ちゃんはボクの母親の年の離れた妹、即ち叔母で、ボクとは8歳しか年が違わないことから、小さい頃はいつも面倒を見てもらっていた。
母は若くしてシングルマザーになってしまったので、ボクたち親子は祖父母やマキ姉ちゃんとずっと同居していた。
小学生の頃、当時高校生でその後専門学校生になったマキ姉ちゃんがボクの面倒を見てくれていた。
ボクは優しいマキ姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたのだけど、そんなボクに嫌がる素振りも見せずにマキ姉ちゃんはいつも相手をしてくれていた。
そして、もうすぐ中学生になろうかという頃、ボクはマキ姉ちゃんのことを思うと股間が硬くなって痛くなることに気が付いた。
どうしてそうなるのか当時は分からなかったけど、まだ子供のボクはマキ姉ちゃんの布団に潜り込んだりしては、マキ姉ちゃんに抱き付いたり、マキ姉ちゃんの身体に股間を擦り付けたりしていた。
無邪気なふりをしておっぱいにも触らせてもらっていた。
またある時は、マキ姉ちゃんが学校から帰ってくる前に、そっと部屋に忍び込んで下着を見たり触ったりして楽しんでいた。
マキ姉ちゃんは下着を小さく折りたたんで綺麗に引き出しの中に並べていた。
ボクはその1つをそっと取り出しては匂いを嗅いでみたり、時にはズキズキする股間に巻きつけてみたりしていた。
ガーゼのように柔らかい手触りの布地で、マキ姉ちゃんの下着はボクのまだ幼い性器を柔らかく包み込んだ。
でも、まだ勃起のこととかよく分かっていなくて、本能的にそうすることが心地よいだけで、それが悪いことだとは思わなかったし、性に対する十分な知識もなかった。
そんな毎日が続いていたある晩、マキ姉ちゃんと家で2人きりになったボクは、一緒にお風呂に入りたいとマキ姉ちゃんにせがんだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ