【フェラチオ】【お勧め】ボクが家庭教師を務めることになった女子高生と初対面したら、いかにもな不良少女だった【実話告白】

センセさんからの投稿
—-
ボクが美雪と出会ったのは大学3年の夏だった。
当時彼女は受験を控えた高校生で、家庭教師の派遣元からの紹介でボクが家庭教師を務めることになった。
夏休みを控えたある日、ボクが美雪の家へ出向いた。
高級住宅街の中でもひと際目立った大邸宅がボクの探している家だと気がついた時、愕然とした。
“どんなわがままなお嬢様がボクを待っているのだろう・・・”
来年大学受験を控えた夏になってようやく家庭教師をつけるなんて、よほど頭が悪いか勉強嫌いかに決まっている。
そんなに勉強が嫌いなら進学なんかさせなければいいのに、お金持ちと言うのはとにかく見栄を張りたがるものらしい。
ベルを鳴らすとすぐに母親が出てきて、ボクを出迎えてくれた。
「先生、お待ちしておりました」
「初めまして」
ボクは優等生らしさを強調しようと少しオーバーに頭を下げて見せた。
どこに座ったら良いのか躊躇うほど高級そうな皮張りのソファーとかが置いてあるリビングに通され、促されてようやく座ると直ぐに教え子となる女の子が二階から降りてきた。
細身でストレートな長い髪にアーモンドアイという基本エレメントは良かったが、いかにもファンキーそうで、だらしない態度をした女子高生が登場した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】個人塾にいた浪人生と仲良くなって、ある日お持ち帰りされた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
3年くらい前の話です。
当時、大学受験の為に個人塾に通ってたんですね。
予備校に行こうかとも思ったんですが、知人からの紹介でしたし、人数が少なめなのもあって予備校よりもいいかなって思って。
同じ受験生クラスの人が全部で9人で、私の元々の友人も1人いました。
大学で言うところのゼミみたいな、仲のいい雰囲気で楽しかったですね。
で、その中に、浪人生で私よりも1つ上の人がいました。
皆に宮さんとかみゃーちゃんって呼ばれてた人なんですけど。
顔はかっこいい感じなんだけど、県でもトップの男子校に6年間通ってて、あんまり遊んだ事ないなこの人、というのはよく分かりました。
私とも仲良くなってからもかなり長い間「さん」付け+丁寧語で話していましたし。
でも話は面白いし趣味も合うし、当時地元でよく演奏していたインディーズバンドのファンという共通の趣味もありまして、段々仲良くなっていきました。
なにしろ成績は凄いんで勉強教えてもらったり、勉強の気晴らしに遊園地に行ったり、一緒に模試に行ったりとか。
でもキスもエッチもまだという、付き合ってるんだか付き合ってないんだか・・・という状態がしばらく続いてました。
後から聞いたら、私に彼氏がいるんじゃないかと思っていたとか。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年10月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】受験前日、寝たふりを続ける姉に素股して射精【実話告白】

たかさん(30代)からの投稿
—-
大学受験前夜、俺は姉のベッドに寝ていた。
一人ではない。
隣には寝息を立てる姉がピンクのパジャマ姿で寝ている。
仰向けに寝る姉に向き直ると、ひんやりとした姉の左手の甲に俺の熱棒の切っ先が触れた。
姉は優しい寝息を立て続けている。
色白で透き通るような姉の横顔は薄明かりの中、ぼんやりと自身が輝いているようにさえ見える。
恐る恐る姉の左手首を手に取ると、切っ先から溢れるカウパーが姉の甲を撫でるように濡らした。
そしてダラっとしなだれるその冷たい指先を、脈打つ俺の肉棒に絡ませた。
・・・・
俺は都内の大学を受験するにあたって、すでに親元を離れ都内の大学に通っていた姉の部屋を拠点とすることになった。
受験前日、空港で姉と落ち合った。
姉は2年の都会生活ですっかり垢抜けていて、そして人混みに揉まれビクついている俺を朗らかに迎えてくれた。
姉は俺に合わせて地元の方言丸出しで気さくに話しかけてくれたが、当時の俺は訛りを見知らぬ周りの人に聞かれることすら恥ずかしくて、返事するのもやっと・・・という体たらくだった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年10月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】高校受験で志望校に合格したら1つお願い叶えてあげると言われて【実話告白】

青森県/マサトさん(40代)からの投稿
—-
あれは今から丁度、24年前の卒業式の時期の出来事です。
当時私は、地元の高校の卒業式の帰路についていました。
中学校の担任教師だった和子先生。
ショートボブ、童顔な153センチ55キロEカップのポチャ体型(当時43歳)と八戸駅で待ち合わせました。
実は、こうなるまでの道のりは長かったです。
高校受験の時に志望校に合格できたら、マサトの願いを叶えてあげるから(絶対に内緒だから、1つだけだよって)と意味深に言われ、受験勉強を頑張りました。
そして志望校に合格でき、晴れて和子先生のポケベルに連絡して会いに行くと…何が欲しいの?と聞かれたので、
「先生とセックスがしたいです!」
とストレートに言いました。
そうすると先生は
「マサト、まだ早いでしょう。未成年なんだし。それに先生は結婚して子供も1人(私より2歳上の娘)いるのよ。世間では不倫という事になるの」
でも私は我慢出来なくて、和子先生を強引に抱き締めました。
勿論、下半身は超勃起状態です。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年5月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】高校時代のクラスメートに大柄な女がいた【実話告白】

のぐっちさん(10代)からの投稿
—-
これは僕の大切なカノジョとの馴れ初めです。
高校時代の事、うちのクラスに僕より15センチも背が高い女の同級生がいた。
図体は大きいくせにスポーツはやらず、バスケットでもバレーでもやればいいのに、と思いながら見てた。
一緒のクラスになってから、僕は何か珍しいものを見るようにソイツの事をジロジロ見ていた。
全体が大きいので、小柄な僕からすると最初は違和感があったが、よく見ると全体のバランスは普通の女の子と変わらない。
むしろ、テレビで見かけるモデルのようだった。
僕があんまりじろじろ見ていたせいか、時々目が合うようになってきて、照れ隠しに、
「おい、千晶、何見てるんだ?」
と言ってやると、何も言わずに目を逸らすだけだった。
高三の文化祭の時、僕と千晶は同じグループになって一緒に催し物の準備をする事になった。
僕らのグループは無責任でいい加減なやつらばかりだったので準備は大幅に遅れ、なぜか僕が指揮を取る事になって、千晶がサポートしてくれる事になった。
文化祭前夜、全ての準備が終わったのは夜の21時過ぎで、1人抜け、2人抜けしていくうちに、僕と千晶だけになってしまった。
「送っていくよ」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】大学受験で泊まりにきた美形の甥に大人の女性を教えました【実話告白】

アキコさん(20代)からの投稿
—-
これは私のツバメとの馴れ初めです。
私と兄は年が離れていて、私は両親が40代になってからの恥かきっ子でした。
兄にはリュウイチという息子がいて、私とは10歳ほどしか年が違わず、リュウイチが小学生くらいの頃までは私がよく面倒を見ていました。
私と兄はあまりパッとしないのですが、リュウイチの母親は美人でリュウイチは幸運にも父親ではなく母親の遺伝子を受け継いでいました。
ですから、リュウイチが小学校の高学年になった頃には、正直なところ買い物などに連れて歩くのがちょっとした楽しみでした。
身内の欲目もあるかもしれませんが、リュウイチは本当に綺麗な顔立ちをしていて、手なんかも凄く綺麗で、冗談っぽくリュウイチの頭を胸に抱えたりしては1人でドキドキしていました。
リュウイチが中学に上がった年、私は就職して田舎を出ました。
都会は楽しくて、ボーイフレンドもでき、恋愛も失恋もしました。
仕事に遣り甲斐を感じてのめり込むと、責任のある仕事も任せてもらえるようになって、故郷に足が遠のくうちにあっという間に6年が過ぎました。
それは、最後の男と別れてから1年が経った頃でした。
兄から電話があって、リュウイチが受験の時に、私の家に泊めて欲しいと頼まれました。
懐かしさでいっぱいになって、あの美少年にまた会えると思うとちょっとワクワクしましたが、私はわざと迷惑そうな声を出しながらも承諾しました。
受験日の前日、私は駅までリュウイチを迎えに行き、新幹線から降りてくるリュウイチを探しました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【高校生】センター試験中にリモコンローターのスイッチを入れる彼氏【実話告白】

高校時代に受けたセンター試験での話。
私と同じクラスの彼氏Tは、偶然にア行から始まる苗字なのでセンター試験会場も同じ部屋になりました。
と言っても、私もTも推薦で10月頃に某大学への入学が決まっていて、センター試験は記念受験のようものでした。
でも私はセンターでは頑張りたいと思って勉強をしていたので、本番の今日はとても緊張して会場に行きました。
会場に着くとTが待っていてくれました。
Tは
「ちょっと来て」
と言い、人気の無い所に私を連れていきました。
私も緊張や不安があってTと話したいと思っていたので嬉しくてついていきました。
すると、Tは鞄から何かを取り出し
「今日1日これ付けてよ」
と言いました。
Tの手を見ると、TはAV何かで見るリモコンバイブを持っていました。
私は
「普通に嫌だよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

このページの先頭へ