【マニアック】ペニスリング④【実話告白】

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが
彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ
担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな
生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか、車の駐車場ないかな、といったところ、今は使用していない
倉庫があるので、買い手がつくまででしたらどうぞ、ということで彼女と一緒に下見に行ったことのある倉庫で、待ち合わせすることに
なった。もともと先代の時代は、建設用材を取り扱っていたらしく、平屋の倉庫といっても、天井高が高く、鋼材を運搬するホイスト
クレ-ンも設置されていて、車は1台どころか、10台ぐらいは駐車可能な広さがあった。また、どういうわけか、食事は、会う前日の朝食までとして、後は、絶対にものを口にしないでと念をおされた。多少の水ぐらいは
いいよ
なんか病院で大腸検査を受けるみたいだな・・・しかし、彼女は次回は「ムチ」よといってたしな、まぁどうでもいいか・・・夏の雨の日の午後、その倉庫についたら、すでに彼女は待っていた。 彼女は即、ぼくに裸になって、この土間に仰向けなって
横になってと、いい、ぼくは倉庫のホコリで、身体が汚れるからイヤだといったら、あ、そう、ふ-ん本当にイヤなの、今日はいつも
よりやさしくしてあげようかなとおもっていたのに、それでもイヤなの・・・・彼女をこれ以上怒らせるとまずいとおもい、あ、仰向けになります。なります・・・・・服を脱ぎ始めると、ボクサ-パンツだけは履いたままでいいわよと彼女、やっぱりいつもより今日はやさしいな・・・
仰向けになると、両足首に太くて鉄製のリングの付いた。革製の足枷を手早く着けられた。
両手は頭の上で、縄で軽く縛られ、しばらくすると、ガァ-とホイストクレ-ンの動く音がし、大きなフックの下には、天秤棒
みたいなものが付けてあり、フックが、ぼくの足元の真上に位置すると、そのフックと天秤棒みたいなものが、降りてきて
大股開きにされ、足枷のリングを天秤棒のさらに小さなフックに掛けられ、すぐにクレ-ンのスイッチが入り巻き上げられ

実話告白体験談関連タグ

|||

2018年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【実話告白】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【盗撮・覗き】構想十五年、念願叶って寝取られプレイ【実話告白】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【マニアック】主人公認の寝取られ、診察台に縛られ膣内にローターを【実話告白】

私は33歳で主人34歳と二人暮らしです。

以前主人の願いを叶える為にAさんに寝取られました。
それからAさんとは主人公認で付き合っています。

Aさんと出会ってからはいろんなエッチなことをしています。
複数プレイ、露出撮影、外国人の方とのプレイなど。

でもAさんとはただ遊園地とか行楽地など、
エッチなしで楽しむ事もあります。

ただひとつ私が乗り気がしなかった事を今回OKしました。
私はAさんに会う時はいつも主人が出張している時を選んでいました。

でも今回は主人が休みで、ミニスカに白いソックス

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2016年6月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【王様ゲーム・複数】【海外で本当にあったエロい話】インド バラナシでまさかの4P 【実話告白】

海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。

同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。

特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。

要は吊り橋効果だ。

今回の話はインドであったお話。

インドは非常に刺激的な国なので

常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年6月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【レイプ】義父から性的虐待を受けていた女子大生をレイプした【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
前回の話:クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした
オヤジの事業は、オヤジが亡くなった時にすべて俺が引き継いだ。
しかし、オヤジの私的な遺品を整理する気にはなれなかった。
オヤジが死んで20年近く経って、最近ようやく整理する気になった。
先祖代々土地もちの俺の自宅は広く、オヤジの部屋は7つもあるが、オヤジがいつも女をオモチャにする部屋にしか入ったことがなかった。
初めて入ったオヤジの6畳ほどの広さの部屋は本棚で埋め尽くされていた。
本棚にはビデオテープがびっしりと詰まっていた。
タイトルのないビデオテープ。
それはオヤジが借金を盾に、女たちをオモチャにした記録だった。
その中にあった「ミホ」という女子大生の話をしよう。
今、ビデオの中でミホはオヤジの部屋で天井の磔に吊り下げられて、股間のバイブの刺激に体をくねらせている。
「お願い・・・・・・もうイカせて・・・・・・」
「おねだりの言葉は教えたはずだ」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【寝取られ】温泉旅行で嫁を友人と友人の先輩に抱かせた 続5編【実話告白】

前編は以下のとおり

Bさんが「△ちゃんエロ」 って言いながら
嫁の身体を両手で触りまくりながら泡まみれにし始めた。

泡付けて撫でるみたいにしながら嫁の胸弄って
「△ちゃん公務員なんだろ?いいのかよこんな事。」

「やぁ…やっ」
「△ちゃん他の男に抱かれんの好きなの?」
「好きだよな。今日はBさんに抱かれるよな。」

「…あ…やだぁ…」
「あ、SEXはダメなんだ。」
とBさんも嫁イジメるのの興が乗ってきた感じ。

実話告白体験談関連タグ

|||||

2015年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【高校生】父の遺品の中に、私が地下室で先生をオモチャにしてる様子を撮影したビデオがあった【実話告白】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿
—-
前回の話:憧れのリサ先輩を借金漬けにして、性奴隷に落とした
父が亡くなって20年近く経って、最近になって父の私的な遺品整理を始めたのですが、その中に父がオモチャにした女達のビデオが大量にありました。
そのビデオを見ていて、私は一本のビデオに愕然としました。
そこには別荘の地下室で、女をオモチャにしている高校生の私がいました。
「あぁ、もう許して・・・・・・」
マイコ先生が地下室の天井のパイプから垂れ下がった鎖の先にある皮手錠に両手を拘束されて、床の皮手錠で足を開いた状態で拘束されています。
立ったまま大の字に拘束された先生、その前の床にカメラに背を向けて、床であぐらをかいて座っているのは紛れもなく、高校3年生の私です。
「先生、教え子に素っ裸で吊り下げられて、どんな気分ですか?」
「恥ずかしい・・・」
「何で素っ裸で吊り下げられているんですか?」
先生が顔を伏せます。
「先生、質問に答えられないのなら、父を呼んできましょうか?」
「やめて!それだけはやめて!!」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年3月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【フェラチオ】【援交】可愛すぎるJKに遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
前回の話:【援交】天使のように可愛いJKとカラオケボックスでセックスをした。
電車内で一目惚れした天使すぎるJKとはもう3回の援交をしていた。
これまでに色んなセックスをしてきたが、あれほど可愛いJKならこれからもやらせてくれると言うのならいくら払ってもいいと思っていた。
もちろん安月給のサラリーマンである俺にとっては生活が苦しくなるのは目に見えていることだったのだが・・・。
9月になると、通勤電車には夏休みが終わった学生が多く乗車するようになった。
そんなある日、俺は仕事を終えて駅に向かうとあのJK(結菜)が近くのベンチに座っていた。
結菜は俺の姿を発見すると笑顔でこちらに駆け寄ってきた。
結菜「こんばんは」
久々に見る夏の制服姿の結菜は、トレードマークとも言えるハーフツインの髪型にしていた。
俺「やあ、相変わらず可愛いね。もしかして俺のこと待ってた?」
結菜「違います!でも来るかなーと思って座ってた!」
俺「それって待ってたんじゃないの?wもしかして今日もこれからするってことだったりする?」
俺はちょっと期待した。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】金融業を営んでいた私の父、その懺悔録【実話告白】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿
—-
五十歳近くになって、気づいたのは友達がいないことだった。
それは子供の時からそうだった。
先祖代々の土地持ちで、手広く事業をしていた父親は金融業も営んでいた。
子供の頃、父親の部屋からは女性のすすり泣きや喘ぎ声がよく聞こえてきた。
「許して・・・・・・」
「返しますから・・・・・・」
借金を背負った女性達を父親は金の力でオモチャにしていた。
俺の母親は俺が五歳の時にガンで死んだ。
父親にとっては好都合だったのかもしれない。
自由に女性達をオモチャにできるのだから。
「金は力だ。力のない者は何もできない」
が口癖だった父親は、俺に金儲けの仕方を叩きこんだ。
幼稚園も小学校も家に帰ってから友達と遊んだことはない。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ