【泥酔状態】可愛らしい同僚の妹【実話告白】

競馬で勝ったので、同僚の女子と焼肉を食べに行ったら、その子の妹(高3)からTELがあり、
「是非合流したい」
との事。
懐は温かいし、断る理由も無く、むしろ
「歓迎するよ」
と言ったら、2~30分で来た。
今系のギャルっぽい子かなと思っていたら、この子が予想に反して良かった。
お姉さんの方より発育が良く、しかもせっせと肉を焼いたり、飲み物をオーダーしたりとそつが無くて、気が利く上に色気もある。
すっかり気に入ってしまったが、姉の手前、ましてや高校生だし、口説くわけにもいかず平静を装っていた。
そして2時間も食って飲んでいると、姉の方は
「飲みやすい!」
と気に入っていたマッコリを飲み過ぎ、ダウン寸前。
もう一軒行こうと思っていたのだが、タクシーで姉のアパートに送っていった。
妹は埼玉の実家に親と住んでいるのだが、姉は都内にアパートを借りていて、都内の高校へ通い、予備校に週2回行っている妹は、たまに姉のアパートに泊まっているらしい。
ほとんど足元もおぼつかない姉をアパートの部屋の中のベッドの上まで運んで帰ろうとしたら、ラッキーにも、妹が、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年8月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:泥酔状態での体験談

このページの先頭へ