【職場】酔い潰れて社員のみんなに輪姦されたようだけど記憶がない【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
二年前の思い出になります。
当時の私は、キャリアウーマン気取りでイケイケで仕事をしていました。
年上の男性社員にも罵声を浴びせたり、皆がいる中で土下座させたりした事もありました。
当時私はまだ24歳で、偶然やった仕事が上手く行ったのがあって天狗になっていたのです。
上司や重役たちに誉められた事もあり、怖いものなしでした。
しかし、そんな理不尽な私に天誅が下されました。
課内の忘年会で、天狗の私は飲みすぎて同僚や部下をはじめ、何人にも説教をし始めて、最終的に酔い潰れたのです。
翌朝、私は自分にあてがわれた部屋に裸で寝ていました。
何があって何をされたのか怖くなってアソコを触り、自分の指を挿し入れてみました。
緩くなったそこには白濁した男性が放出したものが入っていて、膣からお尻にかけて垂れていました。
量から言っても一人かせいぜい二人だと思いますが、ヤラレていました。
私には全く記憶がありませんでした。
「気持ち悪いから揺すらないで」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ